日本

2010年1月 6日 (水)

道具馬鹿一代 (22)市原平兵衛商店の箸

 

 あけましておめでとうございます。

 昨年からあまり更新できていません。
 今年もぽつりぽつりと続けていきますので、お時間ある時にのぞいていただければ幸いです。

 今年も皆様に美味しい出会いがありますようにお祈り申し上げます。

                   

                                                                     farafel@Japon



 帰国以来初めて、年末年始を家族揃って過ごすことができたので、お節を手作りした。

 いい中年だというのに、お節作りは初めて。妙に緊張する。

Img_4097  書店で手に取った『藤井さんちのおいしいおせちとお正月のごちそう』(藤井恵著・主婦と生活社)が、簡単そうに解説していたので購入。スタイリングもすてきだ。
 もう一冊、10数年前に購入したまま、毎年眺めるだけだった松本忠子さん『おせちと年末年始のおもてなし』(文化出版局)も参考にした。

 難しい、重箱の盛り込みに欠かせないのが、京都の箸専門店市原平兵衛商店の竹箸
 以前、あるお鮨屋さんのご主人が何膳かお分けくださったのがきっかけで、知ることができた。(貴重なお品をご紹介いただき、ありがとうございました)

 細い細い箸先で、細かいものも容易につまむことができる。お茶碗に残った最後の一粒までつまめるのだ。すばらしい。美しい。そして丈夫でもある。
 「弁当男子」なる言葉が生まれるほど、昨今、弁当持参の人は多いが、弁当の盛り込みでもこの箸は重宝されているらしい。

 いただいたもりつけ箸などに加え、かわいらしい装飾のついた「のし箸」(写真上の右)をとりわけ用にネットで購入した。よく読めば、松本先生も本の中で、お正月支度用の店リストの筆頭に挙げていらっしゃった。あまりにも有名なお箸屋さんなのだった。

Img_4031 箸を使って細かい盛りつけをしているうちに、フレンチにも活躍しそうだと思いついた。ヴェリーヌの上に何かトッピングする時、皿に小さなパーツをバランスよく盛りつける時・・・。お箸が使える人ならきっと便利に違いない。


 さて、初めてのお節作りは、雑に仕上げてしまった部分や小さな失敗などあったものの、まあまあの仕上がり。2日には3段重のほとんどを食べきってしまい、あっけなかった。



 

 ○市原平兵衛商店
  京都市下京区堺町通四条下ル小石町118-1
  TEL:075-341-3831

                        

|

2007年9月 2日 (日)

一時帰国中です


                                    P1130597_2

 一時帰国中につき、ブログ更新をお休みしています。

 

 レバ刺し、タン刺し、ホルモン焼き…。パリでは食べられない食材に、ここぞとばかり舌鼓。

 塩とごま油のたれにちょんちょんと浸したレバ刺しのおいしさに、つい、おかわり。
 これはやめられない。


 ブログ更新は来週になります。

|

2006年1月 7日 (土)

ジョルジュ・マルソー

 しつこく、日本での”食べ物中心。”レポートを続けます。今回はフレンチを。

sara 友人が案内してくれたのは福岡市中央区大手門のGeorge Marceau(ジョルジュ・マルソー)

 「日本人の作る、美しいフレンチが食べたい」とリクエストしたところ、案内されたのがこのお店。

 インテリアは白と木目を基調としたモダンでシック。白いお皿が照明に照らされ、まばゆいほどだ。オープンキッチンなので、調理場のキビキビした雰囲気が伝わってくる。

gm1 パリのGuy Savoyで何を食べるか、さんざん迷ったメンバーが再結集。産地にこだわった素材をふんだんに使った料理はどれもおいしそう。シャンパーニュ片手にまたまた迷う。
 gm2

  アミューズはウコッケイの卵とパルミジャーノで作った塩味のクレーム・ブリュレ。「おもしろい!」と好評だった。

 結局(30分は経過)、前菜にいただいたのは、魚介のサラダ(産地は忘れましたが、貝とかアワビとか、カニとかいろいろ入っています)と、カキのグラタンにスープを添えたもの。カキの中にはウニが。いいでしょ?

 メインは、さんざん迷ったが、ジビエをおすすめされたので、仔イノシシのローストを。 
gm3 

 どの皿もパーフェクト。美しいし、美味しいし。材料にこだわっているだけに、すみずみに行き渡るような瑞々しさがある。

 特に仔イノシシは初めてロゼの焼き加減でいただいた。フランスで食べた”とことん煮込みました!”といった味わいとは対極にある。素材を殺さず、生かす調理法。これは日本人らしい。ソテーされたフルーツとのバランスも良く。

 「この繊細な感じ、食べたかったのだよ~」と感激。それでいて、小さくまとまっているわけでなく、一皿一皿はかなりダイナミックなのだ。

 ワインはFrederic MagnienChambolle-Musigny!gm4

 フロマージュの頃には満腹。デザートのメロンのスープがあまりにおいしくて、写真を撮るのを忘れてしまったほど。

 シェフの小西さんもとても感じの良い方で、大満足。

 日本人の作るフレンチのレベル、やっぱりすごいです、と再認識。

gm5 気がつくと外は大吹雪。慌てて帰路についたのだった。

○Georges Marceau
  〒810-0074
  福岡市中央区大手門1-1-27
  オーテモンウェルリバーテラス1F
  tel/fax 092.721.5857
  http://www.9syoku.com/gm/index.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 5日 (木)

無量塔でお昼ごはん

 一時帰国中の”おいしい思い出”をしつこく続けます。(パリ好きの方、失礼!)

 murata1 由布院を代表する旅館のひとつ、「無量塔(むらた)」

 古い民家を移築してきた”離れ”形式で、宿泊するとかなりお高いのだが、本館の茶寮「柴扉洞(さいひどう)」で食事だけでもできるのをご存知だろうか。

 昨年の夏は”ハルカ”でも知られる旅館に泊まった後、 ここの「Tan's Bar」でお茶をした。感じが良かったので、また行こうということに。

 雪が心配だったので、電車でゆっくり出かけた。murata2

 途中、湯平温泉を目指す若い韓国人の”お二人様”に出会う。女子学生風なのだが、なかなか通です。

 由布院駅からタクシーで急な斜面を登って到着。
 ロビーの暖炉の火で暖まったところで、個室に案内される。

 お料理はコースで。murata3

 器もすばらしく。お造りもこんな風に盛られて。

 山菜のてんぷら盛り合わせ、タラの白子の揚げたものも追加でお願いした。

murata4  murata5

  「こういうの食べたかったのだよ!」とテンポ良く平らげていく。
 家族で、しかも個室で、という気安さからか、お昼間から冷酒もすすむ。

murata6  最後はお鍋とお食事。

 

murata7

 

 デザートはサツマイモのアイスだったと思う・・・。

 

 食後のコーヒーはTan's Barで、とのことで移動する。
 日当たりの良い場所、すわり心地の良いソファ。かかっていた音楽はジャズだったか?  「ひなたぼっこ」という言葉をひさしぶりに思い出した。  

 ほろ酔いなのも手伝って、ついウトウトしてしまった、由布院の冬の昼下がり。

 
○由布院 山荘 無量塔(むらた)
  茶寮「柴扉洞(さいひどう)」yufudake

 大分県由布院温泉川上鳥越
 TEL:0977(84)5004 
http://www.sansou-murata.com/top/index.html

※由布院駅から見た由布岳。

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2005年12月31日 (土)

つく田

 tsuk一時帰国中もやっぱり”食べ物中心。”な日々だった。

 カメラを新調したのが嬉しくて、説明書も読まないまま、遊び撮りを開始する。

 到着後、真っ先に向かったのは、唐津の鮨の名店、「つく田」。
 ずいぶん前に行ったきりなのに、いつも心に浮かび、九州を旅行する人には必ずおすすめする店だ。

 日本国中を寒波が覆った夜。唐津も吹雪だ。

 昔ながらのアーケードの中、小さな暖簾と焼き物でできた看板?を見つけ、飛び込んだお店の中は暖かで、よく磨かれた白木のカウンターはまぶしいほどだ。お刺し身がよく映えます。

 ヒラメのエンガワとエビスビールでまず乾杯。

tsukuda1 中里隆さんら”唐津焼”はもちろん、作家ものの器に盛られた肴。ひとつひとつがきちんと手をかけられて作られている。tsukuda2

 ただただ美味しく、美しい。

tsukuda3

 アラやイカ、青ざかな、貝、この日はなかったがクジラなど、唐津ならではの魚がいろいろと楽しめる。

tsukuda4

tsukuda6

tsukuda5

  鮨は、赤い酢で、ほんのり桜色に染まった酢飯とのバランスも良く。

tsukuda7

 

tsukuda8

  ボキャブラリーが貧困なワタクシ。うなるしかない・・・。

  やっぱり、鮨はすごいです。

tsukuda9

 ご主人のお話も非常に興味深く。食材への造詣の深さ、思いもよらない技の数々に、和食の奥深さを再認識する。

 パリ在住の方には、目に毒だったかな?

 

 ○つく田

  佐賀県唐津市中町1879-1
  TEL:0955-74-6665
  http://www.tsukuta.com/top.htm

karatsu

※翌日は快晴の唐津湾。
ジャック・マイヨールも愛したという海だ。
海に面した絶景が楽しめる「唐津シーサイドホテル」もおすすめです。
http://www.seaside.karatsu.saga.jp/index.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)