食材ショッピング情報

2012年9月 9日 (日)

Hawaii話 ④モノクロームの世界

 


Img_7719

 走っても、走っても、目の前に広がるのは真っ黒な溶岩ばかり。

 ハワイ島、キラウエア火山国立公園から東へ下り、海へと向かう道、Chain of Craters Roadを車で走る。流れ出た時のうねりを残したまま固まった溶岩(lava)がむき出しになっている。青い空、遠くの海、そしてところどころに生えた草木を除けば、そこはモノクロームの世界なのだ。

 Big islandと呼ばれるハワイ島は、ハワイの島の中で一番若く、大きい。そして活発に続く火山活動により、今も成長を続けている。どろりとした溶岩が海に流れ込み、蒸気を上げながら固まっていく様を見ると(ビデオで、ですが)、陸地とはこうしてできるのだと妙に納得した。

 煙が立ち上るハレマウマウ火口を見た後、 T.ジャガー博物館で、ハワイ島の火山について学ぶ。ハワイの神話に登場する女神ペレ”髪の毛“”涙と名付けられた、珍しい火山砕屑物も展示されている。ゴツゴツした溶岩をアア(aa)、右の写真のような滑らかなものをパホエホエ(pahoehoe)と言うのだそうだ。真っ黒のアアだらけの場所に立つと、巨大なガトーショコラを連想するのは私だけだろうか。

Img_7750_2

 溶岩が砕けてできた黒砂のビーチ、Punaluu black sand beachへ足を伸ばす。黒い砂と打ち寄せる白い波しぶきのコントラストが美しい。

 裸足で歩くと、当然ながら足が真っ黒になるのがおもしろい。

 

 見たことのない景色と出会えて感激。旅はやっぱりいいですね。

 


 

 

Img_7928

 ※スーパーで買った塩、Black Lava Hawaiian sea saltPele's Fire Hawaiian seasoning salt(写真右下)

 黒いのは溶岩ではなく、活性炭。さて、何に使うとおもしろい?

 シーズニングソルトは薫製のパプリカ、チリ、カイエンヌパウダーなどスパイシーなブレンド。肉・魚、どちらでも合いそう。ニンニク入りマヨネーズに混ぜて"Pele's fire Aioli"にしても。

 

|

2012年8月19日 (日)

Hawaii話 ③読書@ハワイ島

         

 映画公開時に購入したものの、積ん読状態だった『ミレニアム』シリーズ(ハヤカワ文庫)が、今回の旅の本になった。

Img_7913_3

 スウェーデンの作家、スティーグ・ラーソンの三部作からなる小説。全世界で6200万部を売り上げたベストセラー。ちょっと怖い。

 この程度の予備知識、先入観なし(主人公は、D.クレイグを思い浮かべて読んだくらい)で読み始めたというのに、すっかり引き込まれてしまった。

 登場人物ひとり一人が細かく描写され、それぞれの話が同時進行しながらストーリーが進んでいく。そこがとてもおもしろい。

 しょっちゅうサンドイッチ食べてるなあ、コーヒーメーカーはElectrolux社製なのだろうな、シンプルだけどインテリアかっこいいんだろうな…など、北欧をイメージしながら読めるのも楽しみのひとつ。

 そしてなにより、そのストーリー。
 ハラハラ、ドキドキどころではなく、あまりの恐ろしさに本を閉じてしまうこと、たびたび。
 息を詰めて読んでしまい、緊張で肩が凝ってしまった。続きが知りたくて、ついつい夜更かしもしてしまった。

 リラックスして読書するのを楽しみに来たようなものなのに…。

 帰路の機内でも「ひぃ〜〜」(楳図漫画風に)とひとり、心の中で叫びながら読み続けたのだった。

 帰国後、さっそく映画『ドラゴンタトゥーの女』をDVDで観た。
 かなり端折られていたけれど、オープニングタイトルが衝撃的で、何日も頭から離れない。「移民の歌」のカバーもかっこいい。さすがD.フィンチャー

 『007』にありそうな気がするのは、D.クレイグのせい?



 読書@ハワイ島

 地元ブルワリー、KONA BREWING Co.のビール(写真右)&地元産のマカダミアナッツ

Img_7842

 スーパーでは、日本と同様、いろんな種類のビールがあるので迷ったが、一番ラベルがかわいかったので選んだ。ラガーエールをいただいたが、他にも数種類作られている。レストランでは地ビールとして出されていたので、きっと人気のブランドなのだろう。
 工場見学もできるので、ハワイ島の観光プランに加えても。

 常夏ハワイでも、ラーソン三部作は、書店で平積みになっていた。ペーパーバックとはいえ、まだまだ人気は続いている様子。
 安くなっていたので、英語版で読んでみようと第1部『The Girl with the Dragon Tattoo』を購入。秋の課題図書です。

 ○KONA BREWING Co.
 
http://konabrewingco.com/

 

|

2011年11月26日 (土)

焼き菓子偏愛主義 ⑦MeertのGaufle

 

Img_6420

 発売中の雑誌『giorni』は読み応えがある。
 特に、「長尾智子さんパリ1週間」の特集は、すてきなお店や情報ばかりで、今にでもパリに飛び立ちたくなる(ホントに)。

 帰国して4年がたち、パリガイドで取り上げられている店も知らないところばかり・・・。
 アップデートしたいなあ・・・とページをめくっていて目に留ったのが、昨年末パリに出店した、北フランス、リールにあるMeert(メール)という老舗パティスリーのGaufle(ゴーフル)だ。


Img_6413

 夏に、「最近流行っている」とフランス土産にいただいた。
 長細い楕円のゴーフルが何枚か重なって紙に包まれている。オランダ土産の定番、ストロープワッフルよりもっと湿っていて、へな〜っとしている。
 本当にこれが流行っているの?

 「冷蔵庫に入れてはだめ」と言われても・・・。
 夏という季節柄、あまりおいしそうに見えなかったのだが、恐る恐るいただいてみると、中にはヴァニラが効いたバタークリームが挟まれている。
 砂糖がジャリジャリして、小さい頃食べた砂糖バタートーストをを思い出した。

Img_6426

 懐かしくてシンプルな味で、見た目よりイケたのだった。

 スーパーでも菓子メーカー版のゴーフルが売られているほど!(写真右)

 疑ってすみません。

 ○Meert
 16 rue Elzevir 75003
 Paris
 TEL: 01 49 96 56 90

 ※調べてみると、Meertの本店は、1761年に創業。マダガスカル産ヴァニラを使用し、Charles de Gaulleもお気に入りだった郷土銘菓だという。
 歴史的建造物としての価値も高く、『the guardian』のリール特集では、訪れるべきトップ5の3位に入っているし、上海万博にも北フランスを代表して出店していたという由緒正しきパティスリー。
 来年のデパートのフランス展あたり、日本上陸したりするのでしょうか?

 

|

2011年9月10日 (土)

焼き菓子偏愛主義  ⑥JULES DESTOOPERのgalettes au beurre

 

 

Img_6656

 今年で125周年を迎えたベルギーの老舗ビスキュイトリ、Jules Destrooper(ジュール・デストルペ?デストルーパー?)。

 フランスはもちろん、日本のスーパーでも販売されているお馴染みの商品。
 日本ではチョコレートでコーティングされたビスケットやフロランタンをよく見かけるけれど。
 オーセンティックで有り続けること。いまだ秘伝のレシピを使用、家族経営、本物のバターなど良質な素材を使用、王室御用達・・・こだわりポイントもたくさん。
 押しも押されぬ、ベルギーの有名ブランドなのだ。

Img_6661

 シグニチャー商品は、やはり、このgalettes au beurreだろう。
 JDの刻印が、由緒正しい感じ。
 ひとつひとつ形が違い、手作り感が漂っている。

 サクサクのビスキュイはほどよいバターの香り
 バターむんむんのリッチなお菓子は正直なところ、夏場にはきつい。
 ところがこれは、鼓月の「千寿せんべい」や、「九十九島せんぺい」を彷彿させる軽やかさ。

Img_6667

 濃厚でないのが調度良く、むしろ新鮮なのだ。

 

 シンプルなだけにアレンジもしやすそうと、試しにジャムを載せていただいてみた。(写真左下)

 アイスクリームやジェラートを挟むのもアリ。でしょう。

|

2011年9月 4日 (日)

Homemade Celery Salt

 


Img_6523_2

 こよなく愛読しているブログ、101 Cookbooksで見て以来、作りたくてうずうずしていた。

 自家製セロリ塩。

 180℃のオーブンでセロリの葉をカラカラにし、塩とミックスするだけ。

 塩はMaldonを使った。フレーク状なのがすてきだ。

 

Img_6639_2


 ベイクしたジャガイモにかけていただいた。
 いつも捨てていたセロリの葉が、かくも香り高いスパイスに変身。

 トマトジュースに入れても。
 ブラディマリー、おいしくなるかな?

 もちろん、トマトにかけてシンプルにいただくのもおいしい。

|

2011年6月 5日 (日)

homemade granola aux 美生柑


Img_6325_2


 宇和島特産美生柑(みしょうかん)をたくさんいただいた。ありがとうございます。

 文旦(ぶんたん)から生まれた品種で、和製グレープフルーツとも呼ばれ、穏やかな酸味、さっぱりとした甘みが特徴だという。

 

 「皮はマーマレードにしてもおいしい」というので、もしかしたらおいしいかも・・・と自家製グラノーラに入れてみた。

 

 

Img_6290_2

 オーツ、ひまわりの種、ナッツ、ドライフルーツを混ぜたボウルに、すりおろした美生柑の皮を加える。
 温めたバター&蜂蜜を回しかけると、柑橘系のなんとも良い香りが立ち上った。



 

 

 

Img_6333

 黄金色に焼き上げ、さっそく美生柑の果実とヨーグルトを添えていただいた。

 

 穀物の香ばしさの中に、柑橘の酸味や苦みがところどころに現れ、なんと爽やかなこと!

 そのままをスナックでいただいてもおいしい。

 グラノーラを入れたジャーの前を通る度、ついついつまみぐいしてしまうのが難点。






Img_6150_2

 ※最近のグラノーラ・コレクション

 

 ○Urth Caffe

  LAで人気のオーガニックカフェ、「アース・カフェ」のグラノーラをおみやげでいただいた。ありがとうございます。
  ブルーベリーやクランベリー、ひまわりの種が入り、スパイシーな風味。

 

Img_6261

 ○Rose Bakery
  塊がゴロゴロしていて、噛みごたえアリ。穀物の種類もいろいろ。

  

|

2011年5月 4日 (水)

冒涜(ぼうとく)クッキング  ⑦Vongole


Img_6248

 2週間くらい前の写真だけれど。

 デパ地下で、バケツ売りに心引かれ、買ってしまったアサリ
 一度にいただくには多すぎる量。
 冷凍できると売り場のお兄さんは言っていたけれど、春の味覚をたっぷり満喫しよう。

 汚れを落とし、ムール貝の要領でワイン蒸しにする。
 贅沢にも、先日訪れた山梨で気に入って買った「イケダワイナリー」の白を注いだ。
 バターはエシレで。
 蒸し上がったら、万能ネギをたっぷり加えてできあがり。

 潮の香りがするアサリはもちろん、鍋底のスープが格別だ。
 残りを使ってクラムチャウダーにしようか・・・などと考えていたのに、結局全て食べてしまった。



Img_6254

 一緒にいただいたのは、もちろん抜栓したイケダワイナリー
 ワイン造りへの思いがつまった一本。
 帰国以来、国産ワインのおいしさに感激するばかり。日本はすごい。

 

 ○イケダワイナリー
  山梨県甲州市勝沼町小佐手266-4
  TEL:0553-44-2190

|

2011年4月23日 (土)

フロマージュ、あれこれ。 ⑦プティ・バスク


 

 

Img_6219

  フロマージュをあれこれ、たくさんいただいた。

 おお、なんと豪華な。

 日本に戻ってしまえば、値段が高すぎて、ハレの日しか買えない。
 冷蔵庫に常備しているのは、パスタ用にと、高いけれど仕方なく買っているパルミジャーノだけ。

 あれほど好きだったのに、フロマージュは我が家の食卓からすっかり姿を消してしまった。
 だからかなりうれしい。ありがとうございます。

 まずは、バスク産のフロマージュ(写真左)
 小さいサイズなので、Petit Basqueとでも呼ぶべきか。

 コルシカと同じく、バスク地方のチーズは羊乳(brebis)を使うことで知られている。(過去の記事)


Img_6229

 薄くスライスし、黒サクランボのジャムを添えていただく。
 匂いはそれほど感じない。身は弾力があり、柔らかい。
 塩味は穏やかで、甘さとナッツのようなコクも感じる。

 

 忘れかけていたフロマージュのおいしさを思い出してしまった。

|

2011年1月23日 (日)

手作りマヨネーズ

 

                

Img_6053

 北海道土産に毛ガニをいただいた。
 ボイル済み。身をかき出すだけ。
 和風でいただくのもいいのだが、今日はマヨネーズでいただこう。

 日持ちしないため、頻繁に作るわけではないのだが、立派なアスパラガスとか、特別感のある食材をシンプルに食べたいとき、マヨネーズを手作りして添える。

 ボウルに卵黄、塩、コショウ、ヴィネグレ、マスタードを入れて混ぜる。塩が溶けたら少しずつ油を加え、乳化させて完成。

 手作りだと、好きなヴィネグレを使って風味を変えられるのも楽しい。
 今日はEdmond Fallotのクルミ風味の白ワイン酢を使った。

  オレンジジュースを加えたmayonnaise a l'orangeも魚介にもアスパラにも相性良し。

 油をオリーブオイルに、ニンニクを加えれば、南仏料理名物のaioli(アイオリ)簡単ヴァージョン(ジャガイモやパンを加えるレシピが本格的)に。さらに唐辛子を加えるとrouille(ルイユ)に。


 残念なのは、加えた油の量を知っているだけに、たっぷりつける気になれないこと・・・。




Img_6061_3

                

※毛ガニに合わせたのは、これまたいただきもののBIOワイン。

  ミュスカの甘くてフルーティーな感じがカニにぴったり。
  ごちそうさまでした。

 

 

|

2011年1月 2日 (日)

焼き菓子偏愛主義 ⑤Artisan BiscuitsのTWO by TWO


 あけましておめでとうございます。


Img_5975_2

   帰国して3年がたってしまい、ブログのタイトルももはや大嘘ですが。

 
 フランスネタ、旅行ネタ、おいしいネタなど見つけたときに更新します。気が向いた時にのぞいていただければウレシイです。

 

 今年も皆様に美味しい出会いがありますようお祈り申し上げます。

                 

                                                                   farafel




 イギリスのクッキーブランド「ARTISAN BISCUITS」TWO BY TWOは、その愛らしさに一目惚れ、衝動買いしてしまった商品。
 スーパーの売り場で燦然と輝いて見えたのだ。

 

 The hare & the tortoise(うさぎとかめ/写真)、The Lion & the mouse(ライオンとネズミ)などイギリスでポピュラーな童話をモチーフに愛らしくかたどられたビスケット。
  パッケージも”いかにもイギリス”な美しさで。 
 箱のサイドには童話が書かれ、しかも教訓的なメッセージまで。

 

Img_5982

 子ども向けだというのに、マダガスカル産ヴァニラ本物のイチゴジュースヨークシャーのトフィなど良質の原料を使った本物志向。もちろんハンドメイド

 

 

 こんなすてきなビスケットがおやつだなんて、イギリスの子どもがうらやましい・・・。



 ○ARTISAN BISCUITS
  http://www.artisanbiscuits.co.uk

|

より以前の記事一覧