モロッコ

2011年6月 4日 (土)

モロッコ、ひとかじり  ④タジン♡

 

Img_5191

 北の「アイリッシュシチュー」、南の「タジン」

 外国の料理なのに、肉じゃがを食べているかのような、ほっとする味わいに引かれるのは私だけではあるまい。

 パリではフランス料理に食傷した時、近所のモロッコ料理店で癒してもらったものだ。
 

 モロッコでは、とんがり帽子のような蓋付きの土鍋「タジン」で作った煮込み料理を総称してタジンと呼ぶ。
 羊、牛、鶏、鴨、魚などの肉類や野菜に、スパイスやオリーブ、ナッツ、プルーン、レーズンやレモンなど果物を加えて火にかけ、蓋をして弱火でじっくり蒸し煮するのだ。

Img_5057_2

 メニューを開けば種類がいろいろあって悩むが、結局、tajine d'agneau aux pruneaux(プルーン風味の羊肉のタジン)を注文することが多い。
 プルーンと一緒に煮込んだおかげで肉はやわらかく、しっとり、まろやかだ。(写真右は羊とイチジク。これも好き)



Img_5175 パリのレストランではきれいに塗られたタジンで出てきたが、モロッコの街中で見かけたのは素焼きのままのもの。この素朴な感じの方が断然、雰囲気がある。(←その分、割れやすそうだが・・・)

 

 ずらりと火にかけられた様はなかなかの壮観!
 残念ながら、庶民的なタジンは体験できず・・・。

 右上の料理写真はツーリスティックなレストランのタジン。もちろん、これはこれでとてもおいしかった。

Img_5121




 

 ※”蒸し野菜ブーム”とともに、有田焼のタジン鍋が大型スーパーのキッチン用品コーナーに並ぶほど、「タジン鍋」は日本の食生活に急速に進出していった。

 ところがその後、電子レンジで使えるシリコンウェア、”ルクエ”が台頭。タジンブーム、一段落といったところだろうか?

|

2011年5月 5日 (木)

モロッコ、ひとかじり ③ジャマ・エル・フナ広場の夜

 

Img_5206

 

 

 写真の整理をしていたら、モロッコの旅行記が途中だったことに気づきました。
 思い出せる範囲でまとめてみます。

 

 

 マラケシュの見どころスポットのひとつ、ジャマ・エル・フナ広場
 広大な敷地にはオレンジジュースやドライフルーツなどの屋台が立ち、蛇づかいといった大道芸の見せ物にギョッとさせられる。

Img_5186

 広場の一角の店先で焼いていたkefta(ケフタ:挽肉料理)がおいしそうで(写真右)、つまみぐい。

 モロッコ独特の、円盤状のパンに挟んで食べるのだ。

 

 暗くなると、広場は一体どこから集まってきたのか、驚くほど多くの人でにぎわう。レストランへの道を尋ねても自信なさげに首をかしげる人ばかりだったから、地方から出てくる人も多いのかもしれない。

P1010830

 昼間にはなかった食べ物系屋台とテーブル席が突如、出現。シーフード、肉料理、スープなどいろんな料理の店がひしめきあい、見てまわるだけでおもしろい。(客引きがしつこいのは観光地だからしょうがないですね)

 茶碗みたいな器に入ったカタツムリをつまむ、「かたつむりスタンド」(←勝手に命名)に目を奪われる。(写真上から3番目)

 

Img_5210 これからレストランに行くというのに、もうもうとあがる煙と香ばしい香りの誘惑に負け、焼きソーセージをカウンターでつまんだ。

 辛いソースをつけて食べるとメルゲーズみたい。手も口の周りも脂でギトギトにしながら、ビールと一緒に食べたらさぞおいしいだろう・・・と想像する。

 

 広場で一番人気がある店なのだろう。背後には順番を待つ人だかり、左右からはテイクアウトを注文する人、受け取る人の手が伸びてくる。とにかく人がいっぱい。

P1010829_3

          

          

 プレッシャーを感じ過ぎて落ち着けないのだが、隣に座った地元の人らしい家族連れは気にする風でもなく、のんびり、皿に残ったソースをパンで丁寧にぬぐって食べていた。

 

 

|

2010年8月 5日 (木)

モロッコ、ひとかじり。 ②Exotiqueが止まらない!

 

Img_5092

 初アフリカだというのに、ぼーっとしすぎていた。

 オルリー空港のアフリカ方面への出国審査は厳しいのか、人であふれかえり、混雑を極めていた。

 満席で妙に蒸し暑い機内では、一族郎党で帰省するところなのだろう、親戚同士らしき子どもたちが歩き回って大騒ぎ。注意する人は誰もいない。


 

 マラケシュのメナラ空港には、宿泊するリヤド(プチ・ホテル)の送迎のドライバーが待っていた。

    
 モーター付き自転車みたいなバイクに親子で3人乗りしていたり、放牧されているラクダが突如現れたり。エキゾチックすぎる風景に圧倒されていると、雑踏の真ん中で車が止まった。ドライバーに手招きされたリヤカーの少年が荷物を運び出す。ここからリヤドまでは歩いて行くのだ。

 

 

Img_5217

 細い路地をクネクネと進む。
 赤土の壁。番地らしいものも見あたらない。どこも同じに見え、置いて行かれたら迷子必至だ・・・と早足で少年について行く。

 心細くなりかけたところで、少年がドアをノックした。無事、到着。チップの相場がわからないし、第一、両替もしていなかった。仕方なく、持っていた5ユーロ札を渡した。(←払い過ぎ)

 

Img_5202

 はるけきアフリカの地に、ぶらりと来てしまったせいなのだが、なんだかどっと気疲れしてしまった。

 

 それでも、オレンジの木がそびえる中庭を眺めながらミントティーをいただき、リヤドのおじさんと話しているうちに、気分が復活。

 

Img_5093

 モロッコ独特のタッセルがつけられた鍵を受け取り、部屋へ。

 

 赤土の壁、ラグ、家具、ガラスのランプシェード、イスラミック・デザインの格子・・・モロッコ・インテリア満載。バスルームと部屋はカーテンで仕切られているだけ。

 

Img_5060

 エキゾチックが止まらない。

 



 ※プチ・デジュネはサロンでいただいた。

 オレンジジュース、コーヒー、パンのコンチネンタルだが、モロッコ陶器パニエで雰囲気、アップ。モロッコ陶器カフェ・オレ・ボウルでいただけば、コーヒーの味わいも格別だ。

 モロッコのクレープbaghrir(バガリール)セモリナ粉で作る。ポツポツ穴が空いていて、ふわっと軽い口あたり。

 

Img_5063_2


 

 コーヒーポットのカバーがあまりにかわゆくて、激写(冒頭の写真)

|

2010年8月 1日 (日)

モロッコ、ひとかじり。 ①jus d'orange

 

                       

Img_5167

 

 モロッコマラケシュに2泊3日の弾丸旅行。

 パリからだと近いし、航空券も安い。いつでも行けると思い、行きそびれていたのだ。

 

 「ものすごくおいしいけど、飲み過ぎるとお腹をこわすよ
 モロッコ通の友人から注意されていたオレンジジュース(jus d'orange)


 完熟オレンジ100%の搾りたてが、3ディルハム(約40円)也

Img_5163

 

 「お腹なんてどうなってもいい・・・」と、何度も何度も飲んでしまうほどおいしかった。(←幸い、お腹も大丈夫でした)



 モロッコの旅行記、ぽつぽつ始めます。






Img_5160

 ※写真は、ジャマ・エル・フナ広場オレンジジュース屋台にて。
 Franck Duboscも来店!(写真左下)

 観光客慣れしていて、屋台の中に招き入れ、記念写真を撮らせてくれるのはモロッコ式?
 お菓子屋さんもそうだった。

|