« Hawaii話 ③読書@ハワイ島 | トップページ | PerthーKL »

2012年9月 9日 (日)

Hawaii話 ④モノクロームの世界

 


Img_7719

 走っても、走っても、目の前に広がるのは真っ黒な溶岩ばかり。

 ハワイ島、キラウエア火山国立公園から東へ下り、海へと向かう道、Chain of Craters Roadを車で走る。流れ出た時のうねりを残したまま固まった溶岩(lava)がむき出しになっている。青い空、遠くの海、そしてところどころに生えた草木を除けば、そこはモノクロームの世界なのだ。

 Big islandと呼ばれるハワイ島は、ハワイの島の中で一番若く、大きい。そして活発に続く火山活動により、今も成長を続けている。どろりとした溶岩が海に流れ込み、蒸気を上げながら固まっていく様を見ると(ビデオで、ですが)、陸地とはこうしてできるのだと妙に納得した。

 煙が立ち上るハレマウマウ火口を見た後、 T.ジャガー博物館で、ハワイ島の火山について学ぶ。ハワイの神話に登場する女神ペレ”髪の毛“”涙と名付けられた、珍しい火山砕屑物も展示されている。ゴツゴツした溶岩をアア(aa)、右の写真のような滑らかなものをパホエホエ(pahoehoe)と言うのだそうだ。真っ黒のアアだらけの場所に立つと、巨大なガトーショコラを連想するのは私だけだろうか。

Img_7750_2

 溶岩が砕けてできた黒砂のビーチ、Punaluu black sand beachへ足を伸ばす。黒い砂と打ち寄せる白い波しぶきのコントラストが美しい。

 裸足で歩くと、当然ながら足が真っ黒になるのがおもしろい。

 

 見たことのない景色と出会えて感激。旅はやっぱりいいですね。

 


 

 

Img_7928

 ※スーパーで買った塩、Black Lava Hawaiian sea saltPele's Fire Hawaiian seasoning salt(写真右下)

 黒いのは溶岩ではなく、活性炭。さて、何に使うとおもしろい?

 シーズニングソルトは薫製のパプリカ、チリ、カイエンヌパウダーなどスパイシーなブレンド。肉・魚、どちらでも合いそう。ニンニク入りマヨネーズに混ぜて"Pele's fire Aioli"にしても。

 

|

« Hawaii話 ③読書@ハワイ島 | トップページ | PerthーKL »

アメリカ」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ハワイ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事