« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月19日 (日)

Hawaii話 ③読書@ハワイ島

         

 映画公開時に購入したものの、積ん読状態だった『ミレニアム』シリーズ(ハヤカワ文庫)が、今回の旅の本になった。

Img_7913_3

 スウェーデンの作家、スティーグ・ラーソンの三部作からなる小説。全世界で6200万部を売り上げたベストセラー。ちょっと怖い。

 この程度の予備知識、先入観なし(主人公は、D.クレイグを思い浮かべて読んだくらい)で読み始めたというのに、すっかり引き込まれてしまった。

 登場人物ひとり一人が細かく描写され、それぞれの話が同時進行しながらストーリーが進んでいく。そこがとてもおもしろい。

 しょっちゅうサンドイッチ食べてるなあ、コーヒーメーカーはElectrolux社製なのだろうな、シンプルだけどインテリアかっこいいんだろうな…など、北欧をイメージしながら読めるのも楽しみのひとつ。

 そしてなにより、そのストーリー。
 ハラハラ、ドキドキどころではなく、あまりの恐ろしさに本を閉じてしまうこと、たびたび。
 息を詰めて読んでしまい、緊張で肩が凝ってしまった。続きが知りたくて、ついつい夜更かしもしてしまった。

 リラックスして読書するのを楽しみに来たようなものなのに…。

 帰路の機内でも「ひぃ〜〜」(楳図漫画風に)とひとり、心の中で叫びながら読み続けたのだった。

 帰国後、さっそく映画『ドラゴンタトゥーの女』をDVDで観た。
 かなり端折られていたけれど、オープニングタイトルが衝撃的で、何日も頭から離れない。「移民の歌」のカバーもかっこいい。さすがD.フィンチャー

 『007』にありそうな気がするのは、D.クレイグのせい?



 読書@ハワイ島

 地元ブルワリー、KONA BREWING Co.のビール(写真右)&地元産のマカダミアナッツ

Img_7842

 スーパーでは、日本と同様、いろんな種類のビールがあるので迷ったが、一番ラベルがかわいかったので選んだ。ラガーエールをいただいたが、他にも数種類作られている。レストランでは地ビールとして出されていたので、きっと人気のブランドなのだろう。
 工場見学もできるので、ハワイ島の観光プランに加えても。

 常夏ハワイでも、ラーソン三部作は、書店で平積みになっていた。ペーパーバックとはいえ、まだまだ人気は続いている様子。
 安くなっていたので、英語版で読んでみようと第1部『The Girl with the Dragon Tattoo』を購入。秋の課題図書です。

 ○KONA BREWING Co.
 
http://konabrewingco.com/

 

|

2012年8月15日 (水)

ロンドンオリンピック

 

Img_1115_3

 日本選手団の大活躍もあり、結構、ちゃんと観た。

 ハワイ滞在中は、水泳と体操競技の時。

 テレビで毎日放送されていたので、アメリカの選手に少し詳しくなった。(M.フェルプスのママは、現地では超有名人なのですね)

 でも、一番はまって観たのは、開会式
 「次は何? 次は誰?」と目が離せず、結局全部見てしまった。
 
 コンテンツ、豊富ですね。

 もし、パリ開催になっていたら(2012開催に立候補していたのを覚えていますか?)、どんな開会式だったのだろう? ちょっと見てみたかった気がした。


 ※写真は、ロンドン土産にいただいたバタービスケット
   メダルの型押しになっています。 

   オリンピック観戦、うらやましい! ありがとうございました。

|

2012年8月12日 (日)

Hawaii話 ②ハワイの南蛮?菓子 malasada

 
 昨晩の「世界不思議発見」では、ポルトガル領のアゾレス諸島が紹介されていた。
 ポルトガル沖約1000kmの大西洋上に浮かぶ9つの島。
 以前訪れたマデイラよりもっとエキゾチック。そして、日本からだとかなり遠そう!
 リスボンから1500km、北米の東端から3900kmに位置することから、大航海時代は、新大陸への航海中継点として重要な役割を果たしていたという。(参考)

 「ヨーロッパのタイムカプセル」というコピー通り、古くからの伝統が未だ息づいている。番組では、南蛮菓子のひとつ、有平糖の語源となったと考えられる飴細工、アルフェニン(alfenim)が、アゾレス諸島のテルセイラ島にあると紹介されていた。
 
 時代は違うが、実は、ハワイにもアゾレス諸島から伝わったものがある。
 日本にも進出しているハワイの名物スイーツ、マラサダ(malasada※)だ。

 卵たっぷり、イーストで発酵させた揚げドーナッツは、アゾレス諸島最大の島、サン・ミゲル島が発祥(マデイラ説など、諸説ありそうです)。1800年代初頭、ハワイに移民としてやってきたアゾレス、マデイラ出身のポルトガル人が持ち込んだという。

 (※本当はダブル”s”のmalassadaが正)

Img_1091_4


 実は一度も食べたことがない。
 「本場で一度は食べてみたいな〜」と思っていたら、ワイケレのアウトレットの駐車場の端っこにマラサダのワゴンを偶然発見(写真上)。しかも、有名なLeonard’s Bakeryという店の出張店だった。なんという幸運。                 

 

Img_1097_2 パッケージのピンクが可愛らしい。
 ラードで揚げたてのシンプルなのをひとつ、脂っこいかなと思いつつ、パクリ。
 ジャリジャリのグラニュー糖がまぶされた生地はフワフワ柔らかで、意外にぺろりと食べてしまった。
 
 クリーム入りやシナモン味など、いろいろなフレーバーがあるのだとか。
 いい年をして、顔が砂糖だらけになるのが難点。

                     
 

 

 ○Leonard's Bakery
      http://www.leonardshawaii.com 
 

   Hawaiian Sweet Breadというふわふわのパンも、実はポルトガル移民が伝えたもの。ハワイの食では、日本や中国の食文化の影響が目につくが、ポルトガルから伝わったも意外に少なくないのですね。
 (写真下は、スウィートブレッドで作ったフレンチトースト)

Img_7862_2                     

 参考文献:Rachel Laudan『The Food of Paradise』/University of Hawaii Press

 

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »