« ロンドンオリンピック | トップページ | Hawaii話 ④モノクロームの世界 »

2012年8月19日 (日)

Hawaii話 ③読書@ハワイ島

         

 映画公開時に購入したものの、積ん読状態だった『ミレニアム』シリーズ(ハヤカワ文庫)が、今回の旅の本になった。

Img_7913_3

 スウェーデンの作家、スティーグ・ラーソンの三部作からなる小説。全世界で6200万部を売り上げたベストセラー。ちょっと怖い。

 この程度の予備知識、先入観なし(主人公は、D.クレイグを思い浮かべて読んだくらい)で読み始めたというのに、すっかり引き込まれてしまった。

 登場人物ひとり一人が細かく描写され、それぞれの話が同時進行しながらストーリーが進んでいく。そこがとてもおもしろい。

 しょっちゅうサンドイッチ食べてるなあ、コーヒーメーカーはElectrolux社製なのだろうな、シンプルだけどインテリアかっこいいんだろうな…など、北欧をイメージしながら読めるのも楽しみのひとつ。

 そしてなにより、そのストーリー。
 ハラハラ、ドキドキどころではなく、あまりの恐ろしさに本を閉じてしまうこと、たびたび。
 息を詰めて読んでしまい、緊張で肩が凝ってしまった。続きが知りたくて、ついつい夜更かしもしてしまった。

 リラックスして読書するのを楽しみに来たようなものなのに…。

 帰路の機内でも「ひぃ〜〜」(楳図漫画風に)とひとり、心の中で叫びながら読み続けたのだった。

 帰国後、さっそく映画『ドラゴンタトゥーの女』をDVDで観た。
 かなり端折られていたけれど、オープニングタイトルが衝撃的で、何日も頭から離れない。「移民の歌」のカバーもかっこいい。さすがD.フィンチャー

 『007』にありそうな気がするのは、D.クレイグのせい?



 読書@ハワイ島

 地元ブルワリー、KONA BREWING Co.のビール(写真右)&地元産のマカダミアナッツ

Img_7842

 スーパーでは、日本と同様、いろんな種類のビールがあるので迷ったが、一番ラベルがかわいかったので選んだ。ラガーエールをいただいたが、他にも数種類作られている。レストランでは地ビールとして出されていたので、きっと人気のブランドなのだろう。
 工場見学もできるので、ハワイ島の観光プランに加えても。

 常夏ハワイでも、ラーソン三部作は、書店で平積みになっていた。ペーパーバックとはいえ、まだまだ人気は続いている様子。
 安くなっていたので、英語版で読んでみようと第1部『The Girl with the Dragon Tattoo』を購入。秋の課題図書です。

 ○KONA BREWING Co.
 
http://konabrewingco.com/

 

|

« ロンドンオリンピック | トップページ | Hawaii話 ④モノクロームの世界 »

アメリカ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事