« ダルタニアンのふるさとに・・・ | トップページ | Le Beaujolais nouveau est arrivé! 2011 »

2011年11月 3日 (木)

OPENharvest

 

 東京都現代美術館で開催された食とアートのイベント、「OPENharvest」に行く機会に恵まれた。

Photo

 米国・サンフランシスコのレストラン、「シェ・パニース」のスタッフがミュージアムとコラボレートし、Soil(土)・Water(水)・Future(未来)・Education(教育)などのテーマで展開するアートイベント。今回、「harvest(収穫)」をテーマに日本に初上陸した。

 「OPEN」は「畑と食卓をつなぐ食の透明性」を意味するという。

 こんな時期だから、安全な食材の重要性、オーガニック食材のおいしさはわかるものの・・・。

 「食」というテーマにこだわり過ぎると、窮屈に感じることもある。決まりもいろいろムズカシそう。ちょっとスノッブな印象もある。
 単純に、「おいしいから」だけじゃ、ダメなのだろうか。

 OPENは、そんな(意識の低い)私でも、素直に楽しめるイベントだった。

 前菜代わりに、”小林ちよこさん”が栽培したプランター植えのハーブをちぎって口に運ぶ(写真上)。ロケットやカラシ菜はもちろん、シブレットが思いの外、いいおつまみになる。指に土がついても気にしない。
 足踏み脱穀機で脱穀したり、コーヒー豆を火にかけて煎ってみたり。
 メインイベントの鹿の解体作業(写真中央)を間近に見たり。

 都会に居ながらにして、収穫を疑似体験

Deer

 サラダ、ブイヤベース、鹿バーガー、鹿のたたき、野ハトとキノコ、魚沼産コシヒカリのおにぎり、自分で絞るミカンジュース(写真下)、デザート、八海山、カリフォルニア産バイオダイナミックワイン、コーヒー・・・アートイベントだけに、料理のプレゼンテーションはもちろん、ワンウェイの器ひとつとってもこだわりが感じられる。

 

 次はどれをいただこう? この料理に合うワインはどれ? 縁日や模擬店のようなワクワク感。『農場の少年』に出てくる垂涎(すいぜん)の”収穫祭”の場面を思い起こさせる。

Photo_2

 ああ、そうだ。食べ物好きを自覚したのは、この本を読んだ時だったかも? そんなことを考えながら、アルマンゾに負けない勢いで、満腹になるまで食べ続けた。

 

 The joy of harvest is enjoying its gifts as they are.(収穫の歓びは、そのまま食べる歓びです)

 日々の食に感謝。そして、ごちそうさまでした。

 

OPENharvest: http://www.openharvestjapan.com
Foodlight-project:  http://foodlight-project.blogspot.com

|

« ダルタニアンのふるさとに・・・ | トップページ | Le Beaujolais nouveau est arrivé! 2011 »

アメリカ」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

料理教室・学校」カテゴリの記事