« Homemade Celery Salt | トップページ | ダルタニアンのふるさとに・・・ »

2011年9月10日 (土)

焼き菓子偏愛主義  ⑥JULES DESTOOPERのgalettes au beurre

 

 

Img_6656

 今年で125周年を迎えたベルギーの老舗ビスキュイトリ、Jules Destrooper(ジュール・デストルペ?デストルーパー?)。

 フランスはもちろん、日本のスーパーでも販売されているお馴染みの商品。
 日本ではチョコレートでコーティングされたビスケットやフロランタンをよく見かけるけれど。
 オーセンティックで有り続けること。いまだ秘伝のレシピを使用、家族経営、本物のバターなど良質な素材を使用、王室御用達・・・こだわりポイントもたくさん。
 押しも押されぬ、ベルギーの有名ブランドなのだ。

Img_6661

 シグニチャー商品は、やはり、このgalettes au beurreだろう。
 JDの刻印が、由緒正しい感じ。
 ひとつひとつ形が違い、手作り感が漂っている。

 サクサクのビスキュイはほどよいバターの香り
 バターむんむんのリッチなお菓子は正直なところ、夏場にはきつい。
 ところがこれは、鼓月の「千寿せんべい」や、「九十九島せんぺい」を彷彿させる軽やかさ。

Img_6667

 濃厚でないのが調度良く、むしろ新鮮なのだ。

 

 シンプルなだけにアレンジもしやすそうと、試しにジャムを載せていただいてみた。(写真左下)

 アイスクリームやジェラートを挟むのもアリ。でしょう。

|

« Homemade Celery Salt | トップページ | ダルタニアンのふるさとに・・・ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事