« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月 5日 (日)

homemade granola aux 美生柑


Img_6325_2


 宇和島特産美生柑(みしょうかん)をたくさんいただいた。ありがとうございます。

 文旦(ぶんたん)から生まれた品種で、和製グレープフルーツとも呼ばれ、穏やかな酸味、さっぱりとした甘みが特徴だという。

 

 「皮はマーマレードにしてもおいしい」というので、もしかしたらおいしいかも・・・と自家製グラノーラに入れてみた。

 

 

Img_6290_2

 オーツ、ひまわりの種、ナッツ、ドライフルーツを混ぜたボウルに、すりおろした美生柑の皮を加える。
 温めたバター&蜂蜜を回しかけると、柑橘系のなんとも良い香りが立ち上った。



 

 

 

Img_6333

 黄金色に焼き上げ、さっそく美生柑の果実とヨーグルトを添えていただいた。

 

 穀物の香ばしさの中に、柑橘の酸味や苦みがところどころに現れ、なんと爽やかなこと!

 そのままをスナックでいただいてもおいしい。

 グラノーラを入れたジャーの前を通る度、ついついつまみぐいしてしまうのが難点。






Img_6150_2

 ※最近のグラノーラ・コレクション

 

 ○Urth Caffe

  LAで人気のオーガニックカフェ、「アース・カフェ」のグラノーラをおみやげでいただいた。ありがとうございます。
  ブルーベリーやクランベリー、ひまわりの種が入り、スパイシーな風味。

 

Img_6261

 ○Rose Bakery
  塊がゴロゴロしていて、噛みごたえアリ。穀物の種類もいろいろ。

  

|

2011年6月 4日 (土)

モロッコ、ひとかじり  ④タジン♡

 

Img_5191

 北の「アイリッシュシチュー」、南の「タジン」

 外国の料理なのに、肉じゃがを食べているかのような、ほっとする味わいに引かれるのは私だけではあるまい。

 パリではフランス料理に食傷した時、近所のモロッコ料理店で癒してもらったものだ。
 

 モロッコでは、とんがり帽子のような蓋付きの土鍋「タジン」で作った煮込み料理を総称してタジンと呼ぶ。
 羊、牛、鶏、鴨、魚などの肉類や野菜に、スパイスやオリーブ、ナッツ、プルーン、レーズンやレモンなど果物を加えて火にかけ、蓋をして弱火でじっくり蒸し煮するのだ。

Img_5057_2

 メニューを開けば種類がいろいろあって悩むが、結局、tajine d'agneau aux pruneaux(プルーン風味の羊肉のタジン)を注文することが多い。
 プルーンと一緒に煮込んだおかげで肉はやわらかく、しっとり、まろやかだ。(写真右は羊とイチジク。これも好き)



Img_5175 パリのレストランではきれいに塗られたタジンで出てきたが、モロッコの街中で見かけたのは素焼きのままのもの。この素朴な感じの方が断然、雰囲気がある。(←その分、割れやすそうだが・・・)

 

 ずらりと火にかけられた様はなかなかの壮観!
 残念ながら、庶民的なタジンは体験できず・・・。

 右上の料理写真はツーリスティックなレストランのタジン。もちろん、これはこれでとてもおいしかった。

Img_5121




 

 ※”蒸し野菜ブーム”とともに、有田焼のタジン鍋が大型スーパーのキッチン用品コーナーに並ぶほど、「タジン鍋」は日本の食生活に急速に進出していった。

 ところがその後、電子レンジで使えるシリコンウェア、”ルクエ”が台頭。タジンブーム、一段落といったところだろうか?

|

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »