« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

ホームパーティ達人への道

 

                     

0096006e02307578c1photocatjpg

 フランスではホームパーティに招待していただくことが多かった。
 全く面識のないフランス人の家庭から、フランス在住の日本人家庭まで。
 住んでいた4年間にお邪魔した回数といったら、日本でお呼ばれした数を軽く超えるだろう。

 それほどホームパーティが一般的なフランス。
   art de vivre(美的生活)と例えられるだけあって、インテリアといい、テーブルセッティングといい、料理といい、ワインといい・・・。美意識の高い、あらゆるこだわりを披露していただくたび、余計なモノで溢れかえり、気軽に人も呼べない自分の住まいを顧みる良い機会となった。

 衣食住と言うけれど、それまでの私の生活といえば。
 「衣」「(外)食」への異常な傾倒ぶり。
 なんとバランスの悪い生活を送っていたことか、と反省したのだった。


 招待者をもてなすホスト、ホステスぶりも参考にしたいところ。席順料理の勧め方会話の振り方・・・。場数が違うのだろうか、普段は普通の人のはずなのに、宴会の幹事さんなど足元にも及ばない見事な采配ぶりなのだ。

 そんなフランス人のホームパーティの達人ぶりを垣間見ることができる番組が、M6「Un diner presque parfait」(月ー金、17:50〜)

 視聴者参加型番組で、パーティのホスト(ホステス)はパーティのコンセプト作りから、料理の献立、ワイン、デザート、余興まで計画し、実施。
 お呼ばれしておきながら、招待者のコメントが容赦ない。さすがフランス。と、ついついダラダラ見てしまう番組でもある。

Kit_mrbt_add

 フランス式に感化され、ホームパーティを開くようになったものの、ホームパーティは欲張りすぎると失敗することを学んだ。

 

 凝ったレシピに挑戦したために料理を失敗したり、準備していた料理を出し忘れたり、料理に集中しすぎてゲスト同士の会話が盛り上がらなかったり・・・。
 オーブン料理とか、煮込みとか。できるだけ普段の食事に近い料理にして、席を離れる時間を短くすると上手くいくことが多いような。

37860w300h300_editions_marabout_pet

 それでも現状は、招待客が到着しても(日本人は時間通りに来すぎる!)準備ができていないことが多く、ゲストに手伝ってもらって、どうにか成立する、あやうい感じ。(←それはそれで楽しいけれど)

 ホストとホステスの連携プレーも非常に大切。どちらかの働きが悪いと、やっぱり上手くいかない。

 

 

 ホームパーティ達人への道のりは、まだまだ遠そうだ。 


 

51imwnc9uvl_sl160_sl125_

 ※ボン・マルシェの食品館、「La Grande Epicerie De Paris」で、agar agarエスプーマcuisine moleculaire(分子料理)キットなどが売られているのを発見。
 レシピ本も売られている。(写真左)
 ホームパーティ最前線では、分子料理も登場するらしい。

 余興として、楽しそうではある。

|

2010年5月24日 (月)

Cook'in box


 パリに住んでいた時、Fnac(フナック)Virgin Megastoreによく足を運んだ。

 DVDやCDコーナーをチェックした後、書籍売り場でのんびり立ち読み。もちろん、料理本コーナーにいる時間が長い。

 日本ほどではないが、フランスの料理本コーナーの充実度はなかなかのものだ。

 料理研究家やブロガーなどによるレシピ本が目立つ日本と比べると、有名シェフによる豪華本外国料理や郷土料理のルセット本などが多い気がする。事典のようなぶ厚い本ハードカバー本、文字多め・写真少なめの本、アーティスティック(すぎる?)なアプローチの本も。

15sept_cookinbox_2

 今回ちょっと驚いたのが、調理道具付きの料理本の台頭
 いつのまにこんなに・・・。

 Figaro2009年9月に取り上げているから、ここ半年くらいのトレンドだろうか。

                              
  日本では、パウンドケーキ型付きのものが販売されているが、料理本で知られるmarabout社の『Cook'in Box』シリーズに代表される料理キット本が多彩だ。

9782501060141g

41zdd4qs3sl_sl160_sl125__3

 マフィンマカロンクレーム・ブリュレ、フォンダン・ショコラ、ヴェリーヌ、チョコレート、ミニケーキ・・・・・・それぞれの料理に必要な道具(シリコン型、セルクル、シャリュモー&ブリュレ型・・・・・・)が、ルセット本と一緒にパッケージされている。

 価格は15.90-24.90ユーロ。

 

51wbwbtqvl_sl160_aa115_

41vylo1clzl_sl500_aa300_

 売り場スペースに、かさばりながら積み上げられている光景は、日本でますますヒートアップ中の、”付録付き雑誌”競争を彷彿させる。

 


9782501060165g_2

41yrzvvfvl_sl160_sl125__5

 販促企画の勝利。

 プレゼントに贈ったら喜ばれそう。

 

 

○Fnac
 136, rue de Rennes Paris
 75006
 TEL:0825 020 020

パリに数あるフナックだが、アリアンス&パリカト時代はもっぱら、モンパルナス店へ。

 ○Virgin Megastore 
  52/60 avenue des Champs-Elsees
      TEL:01 49 53 50 00

 

9782501060219g_2 ※Bento本もちらほら。流行ってる?

『mes petits bento(私の小さなお弁当)』(marabout/写真左)は、醤油ケースやようじ付きの弁当箱つき! かわゆい。

 シリコン型など色づかいが可愛らしい。ひとつくらい買えばよかった?

 

|

2010年5月20日 (木)

バルセロナ2010 ③Barça, Barça,Barça!!

 

Img_4958

 祝・FCバルセロナ、2年連続優勝。

 B.G.M.FCバルセロナのイムノでお願いします。
 (一度聞くと耳から離れず、つい、口ずさんでしまう曲ですね)

 

 旅のハイライトはバルサの試合観戦

Img_4779

 FCバルセロナのホームスタジアム、Camp Nou(カンプ・ノウ)98,600人を収容する巨大スタジアムだ。

 試合前にスタジアム・ツアーをしようと早めに出かけたのだが、この日は早く閉館になってしまった。ちゃんと確認すればよかった・・・とトボトボ歩いていると、”入り待ち”の人だかりを発見。暇にまかせて合流した。(←ミーハー)

 「メッシ! メッシ! メッシ!」

 白いアウディに乗ったメッシが、ドリブルさながらのドライビングで通り抜けると歓声がわいた。契約しているのだろう、多くの選手が新型のアウディでやってきた(イブラヒモビッチは黒。似合ってる)。

 

Img_4871

 観戦したのはオサスナ戦

 メッシの3試合連続ハットトリック達成もかかった注目の一戦。最初はガラガラだった観客席も、試合開始直前には埋まってしまった。10万人!

 イブラ、プジョル、イニエスタ、ダニエウ・アウヴェスアンリ、そしてグアルディオラ監督! スーパースターを間近に見て、サッカーファンの家族は大喜びだ。

 歌ったり、怒ったり、叫んだり、紙を飛ばしたり、良いプレーに拍手したり。ソシオ(バルサ・ファン)に囲まれて感じる一体感。テレビ観戦とは違った面白さがあり、サッカー好きでなくても十分楽しめるエンターテインメントだ。

 

Img_4850

 試合は、アンリは倒され続け、残念ながら、前半で交代。(←ファンなので)

 後半にイブラとボージャンがゴールを決め、2-0で勝利

 メッシの3試合連続ハットトリックは達成ならず。

Img_4830

 

 

 

 ※Inopiaでは、イニエスタのポラも見つけた(写真左下)。それ以来、彼を見るたびにイノピアを思い出してしまう。

P1010742



 

 

 

|

2010年5月19日 (水)

バルセロナ2010 ②エル・ブジ系タパス? Inopia

 

 バルセルナで今をときめくバルのひとつ、Inopia(イノピア)
 El Bulliフェラン・アドリア氏の弟さんと友人の店と知り、わざわざ行ってみた。              

P1010741_3

 空腹に耐えきれず、開店時間(19時)に到着したというのに、予約席以外はほとんど埋まっている。アメリカ人、かな?

 辛うじて、狭いカウンター席に滑り込めた。あぶなかった。

P1010744_2


 普通のバルを少しおしゃれにした感じの明るい店内。
 壁には店を訪れた有名人のサイン入りポラロイド写真がズラリ(写真右)

(日本の色紙のポラ・ヴァージョンですね?)

 

 オープンキッチンを眺めながら、タパスができあがるのを待つ。
 コックコートの料理人たちはきびきびと動き、バルというより、レストランの厨房のよう。”エル・ブジ系バル”と呼ばれるだけのことはある。

 当然、料理も普通のタパスとは一線を画した洗練の皿ばかり。
 『CREA Traveller』19号スペイン特集号に、「タパスのメニューは伝統的なものばかり。『最高の旬の素材を使い、綿密に下ごしらえした、完成度の高いタパスです』とシェフ」とある。
 悲しいかな、値段もそれなりに・・・なのは、仕方がないのかもしれない。

P1010745_2

P1010746_2

P1010747

P1010751

P1010763


 

 

 

 

 

 

 Ebsalada de tomate con cebolla tierna y ventresca de bonito(トマトとマグロのサラダ)、スペシャリテのPatatas bravas con salsa mixta(パタタス・ブラバス、ミックスソース添え)とPincho de muslo de pollo a l'ast(鶏モモ肉のピンチョ)、Mini-hamburguesa Inopia(イノピアのミニ・ハンバーガー)などなど、おすすめ中心に注文。

 

P1010754

 

 どれをいただいてもおいしい。ハズレなし。

 

 

P1010760

 なかでも、anchoas del Cantabrico en salazon San Fillippo(カタクチイワシのオイル漬け)と、Pan con Tomate(パン・コン・トマーテ)のおいしさは特筆ものだった。

 最高級のアンショアは控えめの塩加減で、軽やかな弾力の食感。普通のバルなら山のように出てくるパン・コン・トマーテもinopia流。パリっと炙ったパンにオリーブオイルとトマトの旨みをすり込んで。温度と薄さがなんとも調度良い具合なのだ。おかわりしたい。
 素材と作り手次第でこんなにも変わるのか・・・・・・。しみじみいただいた。

P1010765_3

 珍しかったので、デザートにTorta artesana Cañarejal という箱入りのチーズを頼んだ(写真右)

 羊の生乳を使い2カ月熟成させたチーズは、El Bulli御用達。World Cheese Awards金賞など数々の賞を受賞しているという。
 スプーンですくってトーストに塗っていただく。あり得ないほどとろりとクリーミーだが、見た目とは裏腹に、くせがない。1個で2人分。食べ応えがあり、フランまではスプーンが伸びなかった。

 

 

 バルだというのに本格的に食べ過ぎた
 店を出ると暗闇に結構な長さの行列が。お待たせしました。

P1010766

 

 (写真はクリックすると拡大します)

 

 

 ○Inopia
  Tamarit 104,
  Barcelona
     TEL:34 93 424 5231
    http://www.barinopia.com/

 

P1010743

P1010764_2

 ※セレブの写真の中に、P.ガニェールアンヌ=ソフィー・ピックを発見。

 フランスの三つ星シェフも注目するバルらしい。

 

|

2010年5月16日 (日)

バルセロナ2010 ①ガウディ・ワールドにどっぷり

 

Img_4399_3

 

Img_4336_3


 スペイン、バルセロナ再訪。

 

 決めているのはガウディの建築を見ることと、バルサの試合観戦だけ。

 ゴシック地区にアパートを借りて自炊しながら、街をぶらぶら。街中に点在するアートをのんびり眺めて歩いた。

 

 6年ぶりに見たサグラダ・ファミリア聖堂
 相変わらず工事中だったが、それでもずいぶん進んだのだろう。エレベーターで上まで上り、バルセロナの街を見渡した。

 

Img_4406

 カサ・ミラの波打つファサード、グエル公園のモザイクの装飾・・・・・・ガウディの作品はどれも独創性にあふれて魅力的だが、最も心を奪われたのが、カサ・バトリョ(バトリョ邸)だ。

 

 ガウディが増改築を手がけた建物は、モデルニスモ建築がひしめくアシャンプラ地区グラシア通りにある。
 

 骨のような装飾に縁取られた窓。壁には、海の泡を思わせるパステル調のモザイクを散りばめたユニークな外観。授業で訪れたのだろうか、フランス人の学生たちが熱心にスケッチをしていた(写真右上)

 

 

Img_4415_2

Img_4408

 屋上から光が差し込む邸内には、ステンド・グラスやつややかなタイルが効果的に配され、きらめく水色の世界が広がっている。

 エレベーターが動くと、レトロガラスごしに光が歪み、まるで水中にいるような気分になる。
 手すりや窓枠、ドアに用いられた木材が描く滑らかな曲線。年月を経て風合を増したのだろう、たまらなく優美だ。

 

 

Img_4421_2

 大胆、かつ繊細。

 細部にまでガウディのこだわりが満ち、どの部屋にも驚きがある。隅々までじっくり見て回った。

 ああ、こんなアパートに住んでみたい・・・・・・。美しさに何度も溜息をついた。

 

               

 ○Casa Batllo
   Pg. de Gracia 43
   TEL:932 160 306
   www.casabatllo.cat

 

 

※写真はクリックすると大きくなります。

 サグラダ・ファミリア(Temple e la Sagrada Familia:Mallorca 401)

Img_4278_2

Img_4277

 

 カサ・ミラ(Casa Mila:Provenca 261-265)

Img_4392_11

Img_4362

 

 グエル公園(Parc Guell)

Img_4520_2

Img_4491_2

Img_4490_3




 

 

 

 

 

 

 



 

 

 

P1010540_2

 ※グラシア通りで休憩。オリーブや生ハムなどタパスをつまみにサングリアを。爽やか! 足の疲れも癒えます。

|

2010年5月13日 (木)

ストレス・フリー? easy order

 

 

Img_0128_2

 今朝の新聞によれば、日本マクドナルドの売り上げが好調なのだとか。

 好調の要因のひとつ、K.ロギンスの曲が懐かしかった、”Big America"。訴求効果アリ。どれだったか忘れたけれど、私も食べた。

 波に乗って拡大中なのが、”新世代デザイン”と呼ばれる店舗。
 ゆったりと配置された席、欧州から取り寄せたソファ・・・・・・既存の店舗にはない居心地の良い空間が特長だが、そのデザインは、パリに増えたリノベされたChez MacDo(マクド)を思わせる。

 パリのマクドナルドではWIFI無料で使えるので、今回の旅ではたびたび訪れた。出かけた先のマクドで休憩がてら、ニュースやメールチェック。おかげで、iphoneが大活躍。

 "easy order"という店内に設置された端末も便利だった(写真左)

 パリのマクドに行ったことがある人はご存知だと思うが、注文のが慢性的に長い
 働いている人も、注文する人も、ファストフード店とは思えないマイペースな人が多いからか。本当のファストフード店のサービスを求める人には、時にイラッとする場面もあるかもしれない。

 easy orderの端末で注文すれば、専用カウンターでトレーを受け取るだけ。
 熟練の(?)専任スタッフが、あっという間にオーダーを揃えて手渡してくれる。

Img_0147

 フランス語が話せなくても大丈夫。
 Chez MacDo、今や、旅行者の心強い基地なのだ。

 

 ※マクドナルドやスタバなど、英語圏のチェーンでは、英語なのにフランス語なまりでオーダーしてしまうのは私だけだろうか? 「アッピー・ミール」「シーズ・バー(ブに近い感じ)ガー」とか。自分で言いながら、笑いたくなる。「ワザビ」と言ってしまう時の奇妙な気分に似ています。

 

 写真右は、ある日のマクドbreak。全粒粉パンのBig Mac。レギュラーのビッグ・マックより若干、ヘルシーかな?

|

2010年5月12日 (水)

ジョーのアスパラガス

                

 アスパラガスを料理していると、オルコット『若草物語』の一場面をよく思い出す。

 19世紀後半の米国に暮らすメグ、ジョー、ベス、エイミーの四姉妹を描いた物語。ボーイッシュで短気な性格の次女のジョーが大騒ぎしながら昼食を準備する場面がある。

P1000884

 料理など作ったことがないため、当然、ことごとく失敗、しっちゃかめっちゃかになるのだが、そのなかの一品がアスパラガス。

 古くてたけてしまったアスパラを買ってきたため、1時間ゆでても固いまま、先端は取れてしまう・・・というくだりがあるのだ。
 アスパラガスを選ぶ時は、先端がしまり(開いていない)、しっかりして、つやのあるものを。表面が乾いたもの、変色したものは避けること。

 ジョーが買ったのはおそらくグリーン・アスパラガス(asperge verte)だろうか。
 フランスで見かけるアスパラガスには、日本でもお馴染みのasperge verte(緑)のほか、 asperge blanche(白)asperge violette(ヴィオレ)asperge sauvages(野生)などがある。

 は遮光栽培したもので、緑より大きく、肉厚で柔らかい。皮が筋っぽいので表面をむいて調理する。
 ヴィオレは白と同様の方法で栽培されるが、少しの間、先端を日に当てることで紫になる。その味わいは白より香り高くデリケートだが、稀少だ。

P1100019_2

 ソヴァージュには、asperge des bois(森のアスパラガスまたは”aspergette"/学名:ornithogalum pyrenaicum)と、学名がasparagus acutifoliusという2種類がある。

 日本に輸入されているのは前者が多いのではないだろうか。後者は小枝っぽく、ミニミニ・アスパラガスといった感じ(写真右)

 A.デュカス氏のルセット本『Grand Livre de Cuisine』によると、緑なら南仏プロヴァンス地方のVaucluse産、白なら南西・アキテーヌ地方のLandes産、ヴィオレはプロヴァンスのものが高品質だという。
 同書のルセットでは、LaurisPertuis産など特定のグリーン・アスパラを使っているが、何度も登場するのが"asperges vertes bourgeoise de chez Robert Blanc"。デュカスが惚れ込むブランさんのアスパラとは一体? きっとすごい生産者なのだろう。実物を見てみたいものだ。

Img_5301

 白では、I.G.P.(Indication Geographique Protegee/地理的表示保護)に指定されている、Asperges des Sables des Landes(ランドの砂地でとれたアスパラ)がよく知られている。(写真左上は奮発して買ったランド産。太いものは直径3〜4㎝くらいあった)

 大西洋を臨むガスコーニュ地方の広大な砂地で育ったアスパラは真っ白で新鮮。まっすぐ伸び、先端がしまり、味わい深い。年2000トンが収穫され、カテゴリー1と呼ばれる品質のものは1㎏あたり8-10ユーロで販売されるという。

 ホワイト・アスパラは新鮮さが命。切り口が白く、透明感のあるものを選ぶこと。保存する場合は湿った布などで包み、冷蔵庫へ。

 3月に始まった収穫は、5月にPontonxで開かれるアスパラ祭りでフィナーレを迎える。300㎏のランド産アスパラ、3000個の卵を巨大な鉄板で焼き上げるオムレツが圧巻だ。

 写真左は、ヴィオレをバターでソテーしたもの。熱々がおいしい。シンプルな方法だが、これだと”先端”はとれません。

 

参考:http://www.supertoinette.com/fiche-cuisine/472/asperges.html、http://www.cooking2000.com/fr/dossier/asperge-sable-landes.htm、http://www.aquitaineonline.com/actualites-en-aquitaine/landes/asperge-sable-landes-2008033010.html


 

10

 ※世界中で食べられているアスパラガスだが、輸出量世界第1位はペルー(2位中国、3位メキシコ)。輸入量では米国、EU、日本の順(2007年)。
 生産量(2004年)で見ると、中国が587,500トンで2位のペルー(186,000トン)の約3倍で世界一なのだが、そのほとんどは缶詰など加工用のホワイト・アスパラガスだという。(参考)

 スペイン・Navarra産のホワイト・アスパラも有名だ。ランドとは地理的にも近いため、気候や土壌も似ているのだろうか。

 写真右は昔のアスパラ収穫風景(引用元不明)。『若草物語』の時代ってこれくらい? なんだかとっても疲れそうです。

 

 

 

|

2010年5月 6日 (木)

修道院のレシピ

 

 なかなか更新が進みません。

 実は引っ越し(また!)した直後に旅行に出かけたため、帰国後、家も気持ちもぐちゃぐちゃ、片付かない状態が続いております。
 のぞいてくださった方、すみません。メールをくださった方、お返事が遅れております。ごめんなさい。気長に待っていてください。

414rmd8pm7l_sl500_aa300_

 

 新しい街で、気分転換に足を運んだ図書館で、『修道院のレシピ』(猪本典子著/朝日出版社)を借りた。

 この本が出版された当時、書店で手に取ったことはよく覚えている。
 ひときわ目を引く黄色の、横長で分厚い冊子
 シンプルな装丁が素敵だと思った。

 ただ、書店でパラパラっと立ち読みした限りでは・・・。フランス料理のレシピ本で(当時、イタリア料理が好きだった)、料理本なのに写真が少なく文字ばかりで地味、しかもレシピがシンプルすぎて再現が難しいと思った(実際はそんなことは決してない)ため、買わなかったのだ。
 もちろん数年後にフランスで生活することになるなど夢にも思っていなかったわけで。

 約7〜8年ぶりに、初めてじっくり読んでみた。

 巻頭の写真は、見ただけで胸がきゅんとしてくるような臨場感。
 ボウルに無造作に刺さったスプーン、白衣の下に履いた白いサボ、ガシャガシャとかけられたレードルやエキュモア、積み上げられたプラック・・・そうそう、フランスの調理場ってこんな感じだよね、と。
 シンプルながら素敵な器ばかりを使ったスタイリングも自然で美しい。

 著者がこの本を書くきっかけになったのは、米国・サン・フランシスコの料理上手な友人宅で使われていた古いレシピ本、『Cours de Cuisine』との出会いだった。

 レシピを元に友人が作ったおいしい料理を楽しむうち、日本にもこの料理本を紹介したいと考えた著者は、本が書かれたフランス・ブルターニュ地方の街へ向かう。
 そこで、その本が、戦後、修道院が開いた若い女性向けの花嫁学校(?)の料理教室の教本だったことを知る。花嫁になる人に贈る本だったとも。
 現在、花嫁学校はリセに変わったが、”Cours de Cuisine”は教材として今でも使われていた。

 500以上に及ぶレシピの中から、在仏歴10年の著者が特においしいと選んだ”フランスのふつうの家庭で食べているお料理”のレシピ。

 『100文字レシピ』とまではいかなくても、極めてシンプルなルセットが、なんだかまぶしい。フランス料理というと構えてしまいがちだが、そこは家庭料理。肉じゃがに小難しいレシピが不要なのと同じように、ブフ・ブルギニヨンだってわずか8行!

 「白いんげん豆と豚バラ肉の煮込み」「若鶏のココット煮」、etc、etc・・・なんでも簡単に作れる気がしてきて、無性にフレンチを作りたくなる本でもある。

 こんなバイブル的一冊を見落としていたとは。
 再会できて良かった。
 まずは自分の本棚用に、早速、ポチッ。

 もちろん、結婚する友人がいたならば、ぜひ贈りたい一冊。
 おすすめです。

 

|

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »