« フランス版お茶漬け!? | トップページ | 僕らが旅に出る理由  ⑧イラン産キャヴィア »

2010年2月18日 (木)

ないものは作るしかない ⑦blinis

                                   

Img_4062

 安くなっていたので、たまには奮発してcaviarを購入。
 といっても、ロシア産でもイラン産でもないけれど。

                                  

 キャヴィアといえば、blinis(ブリニ)が欠かせない。
 シャンパーニュの国だからか、家でごちそうを食べる人たちだからか、アペリティフ好きだからか。

 フランスでは、キャヴィアや”キャヴィアもどき”がスーパーの冷蔵コーナーで普通に売られており、日本でのイメージよりずっと身近だ(といっても高いですが)。

Carrefour100_4

 当然、密封されたパック入りのブリニが大小のサイズで棚に並んでいた。

 モノプリカルフールなど大手スーパーのPBブリニもあり(写真左)、各社のブリニを食べ比べ、検証した記事があるほど。

 キャヴィアをいただけるのは年に一度あるかないかだったが、ブリニにイクラサーモンをのせたおつまみはよく作った。
 温めたブリニにクレーム・フレッシュ、その上にイクラとみじん切りのエシャロットを載せていただくのだ。薄切りのトーストでもいいかもしれないけれど、ちょっと違う。やっぱりブリニが必要だ。

 

51afzr01cwl_sl500_aa240_

   料理番組、CUISINE.TV”Les blinis pour le saumon”の回を参考に作ってみよう。(CUISINE.TVはpodcast版があるので便利)

                                  
   デモするのは、『A CROQUER』、『GONTRAN FAIT SON PAIN』などの著作で知られるイケメン・シェフGontran Cherrier!(写真右)

   ヨーグルト、ベーキングパウダー、塩、粉、卵を混ぜ、1時間程度生地を休ませる。熱したフライパンにスプーンで落として焼けば出来上がり。

 

 近所の蕎麦屋さんで分けていただいた蕎麦粉があったので、蕎麦粉のブリニにしてみた。表面がサクッとして、中はふんわり。蕎麦粉の風味も良い。
 直径10㎝の大判で焼いて切っても。半分サイズのミニのほうが、おつまみっぽい仕上がりになる。

 

 おいしいクレーム・フレッシュがなく、肝心のキャヴィアが・・・・・・。だったのが少し残念。

 

Img_1591

 

 ※写真左下の奥(見づらいですね)はペトロシアンで売られているブリニ。しっとりしておいしかった。

 ネットで、フランス産の輸入ブリニを発見。値段も手頃です。

 

|

« フランス版お茶漬け!? | トップページ | 僕らが旅に出る理由  ⑧イラン産キャヴィア »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事