« Il y avait main | トップページ | Applications Cuisine »

2009年11月24日 (火)

La Femme Chocolat PartⅥ -Jacques Genin-

 

Img_3646

 おいしいものに詳しいパリ在住の方より、最近、相次いでいただいた。

 パリで今をときめく、注目のショコラトリなのだろう。

 


 La Chocolaterie de Jacques Genin
 イニシャルのJGをあしらったロゴといい、クールなパッケージといい、ハイセンスなチョコレート屋さんの予感。

 

 料理雑誌『Regal』31号にも掲載されていた。同誌によれば、Jacques Genin氏はLa Maison du chocolatのシェフを務め、ホテル「ムーリス」にもチョコレートを卸す、有名シェフのお墨付きショコラティエ。昨年冬にマレに同店を開業したという。

Img_3658  いただいたチョコレートの箱を開けると、RICHARTばりのカラフルなプリントが施されたボンボンがかわいらしい。

 タヒチ産ヴァニラ、ミント、シナモン、カルダモン、パンデピス、トンカ豆、ショウガ・・・フレッシュなハーブや多彩な食材でアンフュージョンされたガナッシュ入りだ。香り高いチョコレートと、ガナッシュの風味豊かな味わいを堪能できる。


Img

 (写真左:図柄入りの説明書が添付されているので、何味かちゃんとわかる。これ、大切。クリックすると拡大します)

 

 

 

 こちらもいただきもの。
 手作り感たっぷりのキャラメル(写真左)は、ピスタチオ、クルミ、ピーカン、マンゴー、ショウガなど種類が豊富。口に入れるとスルスルと溶けていく感じがなんともすてきだ。キャラメルとはこうでなくては。Img_3663


 Regalによると、その場で作ってくれるミルフィーユも絶品なのだとか。チョコレート、ヴァニラ、ヴァニラ・フランボワーズ、キャラメルなどのヴァージョンが選べるそうだ。ああ、食べてみたい・・・。ところで、マロン・コンフィもオススメらしい。(読んだ話ばかりで説得力がなくて、すみません)

 



 

 ※チョコレートに、キャラメル。素敵なパリの風をお届けいただき、ありがとうございました。


 ○La Chocolaterie de Jacques Genin
     133, rue de Turenne,
     75003, Paris
     TEL:01 45 77 29 01

|

« Il y avait main | トップページ | Applications Cuisine »

chocolat」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事