« 道具馬鹿一代  ⑰ココット | トップページ | アラサーの悦楽。 ③chez L'Ami Jean »

2008年11月30日 (日)

僕らが旅に出る理由 ⑦Sirop d'erable(メープルシロップ)

Img_1360  ケベック出身のカナダ人の友人からいただいたsirop d'erable(メープルシロップ)

 カナダの名産品で知られるが、このシロップは彼女の実家カエデの樹液を集めて作られた正真正銘の”自家製”だ。
 パリの彼女のアパートの戸棚にはこの缶がぎっしりストックされていた。

 

Photo_2 愛読書ローラ・インガルス『農場の少年』で主人公のアルマンゾがお父さんと一緒に樹液を集めてメープルシロップを作る場面を思い出した。あれは100年以上前のアメリカ・ニューヨークの話だったが、本当に家庭で手作りするのだ。感激。

 「それだけでいいの? もっと持っていって」
 パリジャンのアクセントに耳が慣れているせいか、ケベック・アクセントのフランス語はなぜかとても陽気に聞こえる。彼女の人柄みたいだ。気前のいいオファーを丁重に断り、2缶だけいただいた。

 2缶とはいえ、540ml入りの大缶。
 パンケーキにかけるくらいしか思いつかない。クレープにも良さそうだが、どちらもそれほど食べるものでもない。どうやって使えばいいか、聞いておけばよかった。持てあましているうちにずいぶん時間が経ち、今更聞きにくい・・・。

 「使い切れるだろうか?」と心配しながら、缶を開けてみた。
 傾けると、紅茶のような褐色の透明な液体が流れ出た。
 深みのある甘さだが、さらりとしているのでくどくない。
 はちみつとはまた違ったおいしさで、個人的にはパンケーキにはメープルシロップのほうが合うと思う。カリカリに焼いたベーコン、ソーセージ、そしてパンケーキの上でとろけたバターとシロップが混じり合えば、至福のブランチだ。

Img_1346_2  缶のふたにはtrempette a l'erableという、メープルシロップにケチャップ、マスタード、ニンニクなどを混ぜて作るソースのルセットが印刷されていた。「野菜に添えても、中華料理のタレにしてもいい」とある。なんとなく想像がつくような、つかないような。Sauce pour salade aux fruitsというのもあった。

 インターネットで調べてみると、砂糖の代用として使うほか、クレーム・ブリュレ、キャラメル、肉料理のソースなどメープルシロップを使ったルセット はいろいろありそうだ。

 昨夏の渡仏時に彼女を訪れたときも当然、
 「メープルシロップ、まだある? 持って帰らない?」
 大切にいただいています・・・と口ごもってしまい、おすすめレシピもまたまた聞きそびれてしまったのだった。 

|

« 道具馬鹿一代  ⑰ココット | トップページ | アラサーの悦楽。 ③chez L'Ami Jean »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事