« 道具馬鹿一代  ⑯joseph josephのまな板 | トップページ | あれから7年 »

2008年9月10日 (水)

ミュゼめし!  ③Musee D'Art Moderne

 

Img_5380 パリ市立近代美術館(Musee d'art moderne de la Ville de Paris)は、傾斜したAvenue du President Wilsonから見ても、セーヌ川沿いのAvenue de New Yorkから見ても、ひときわ目をひく建物だ。

 1937年パリ万博に作られたという建物は、パレ・ド・トーキョー(写真右・左側)と対をなすシンメトリーなデザイン。

 バスで通りすぎるたび、開催中のモダンなエクスポジションに並ぶ人の行列を目にすることが多かったが、恥ずかしながら、実は一度も見たことがない。

 

 イエナのマルシェに行ったついで、時折、ぶらりと立ち寄っていたのは、もっぱら、無料の常設展。(入り口で、買い物カートチェック・イン!

Img_5366_2  無料とはいえ、芸術の都、パリ

 ピカソ、マティス、モディリアーニ、レジェ、デュシャン、ボナールなど、私でも知っている、そうそうたる顔ぶれの作品が並ぶ。
 1900年から現在に至る近代美術の変遷をたどることができるのだ。しかも、膨大な数のコレクションで、見ごたえも十分。

 

 もうひとつの目的が、ミュゼ併設のカフェテリア。

 イエナのマルシェには観光客が多いせいか、ブルターニュ風のクレープ屋さんがあるが、やはりマルシェ。おいしそうに並んだ食材を見て空腹を感じても、その場で食べられるものといえば、パンか果物程度。
 そんな時、道路を渡ってこのカフェテリアに行けば、スイーツやサンドイッチ、サラダなど簡単なものをつまむことができるから便利なのだ。

 

P1120197  中庭状の空間で、空に伸びる円柱、セーヌ川の向こうにそびえるエッフェル塔を眺めながらお茶をしたり、食事をしたり。

 

 なにをするわけでもない、パリの土曜日がのんびりと過ぎていくのだった。

 

 ○Musée D'Art Moderne
  11, avenue du Président Wilson
  75116 Paris
  TEL:01 53 67 40 00
       metro:Alma Marceau/Iena

 ※結構、”腹ヘリ”だったこの日はサラダ2種を盛りつけてもらいました。

 

  

|

« 道具馬鹿一代  ⑯joseph josephのまな板 | トップページ | あれから7年 »

レストラン情報」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事