« アラサー(around 30€)の悦楽。 ①はじめに | トップページ | ないものは作るしかない ②Magret de canard seche »

2008年9月18日 (木)

アラサーの悦楽。 ②L'angle du Faubourg

 

 名門、Tailleventのセコンド店。

 ワイン・ショップ、Les Caves Tailleventの方に薦められ、日本から来たワイン好きメダム(mesdames )をご案内したことがあった。

 料理、サービス、インテリア、すべて、すこぶる好印象。
 ワインの種類も豊富(当然ですが)
 さすがタイユヴァン。さすがミシュラン一つ星
 この時、ソムリエールに薦められていただいた白ワイン、Didier DagueneauSilexのおいしさは今でも忘れられない。自然派ワインとの幸せな出会いだった。

P1110133

 「また行きたいな」
 と思いつつも、星付きレストラン。敷居は高く、再訪できずにいたところ、知人の方から「30ユーロ台のムニュがある」とのナイスな情報が!
 「ランチでしょう?」
 「いいえ、夜です!」

P1110134 半信半疑で出かける。
 手渡されたカルトの中に30ユーロの文字を探すのに夢中で、サービスの方が説明してくださっている”本日のおすすめ”も全く耳に入らない。

 ない。
 カルトには載っていない。ムニュは高いデギュスタシオン(70ユーロくらい?)しかない。
P1110137 誤報(!)だったのか?

 恐る恐る尋ねてみると、「ありますよ」とあっさり。
 menu d'un jour(日替わり定食)35ユーロ也
 全員、ホッと胸をなでおろしたのだった。

 

P1110139  注意!:訪れたのは、もう1年以上前のこと。料理の記憶が定かではありません。ご了承ください。

 アミューズ(ポティロンの冷製スープだったか?)のあと、

 前菜に、Gaspacho et tartare de gambas(ガスパチョとエビのタルタル)。上に載っているのはアボカドのムース、だったか?

P1110145 メインに、Longe de veau rotie, petits pois a la francaise(仔牛の背肉のロティ、フランス風グリーンピース添え)

 私には軽めだったので、余裕でフロマージュを追加(別料金)

P1110151

 デザートは、Delice aux fruits exotiques(エキゾチックなフルーツのデリス)

                                             

P1110147_2

 誕生日ボーイには、ろうそく付きスペシャルデザートが!(写真左)

 

 食事が手頃にできると知り、気が大きくなったのか、いろんなワインやチーズまで追加してしまい、結局は・・・。な夜になってしまったのだが。



 星付きのサービス、料理がお手ごろ価格で楽しめる穴場的存在。
 豊富なワインのセレクション。グラスワインも充実(なんと、5ユーロから)。

 いろんな意味で、満足度大。なのだ。

 ※同店のHPで確認するとmenu du jourは現在、38ユーロ。もうほとんど”アラフォー”ですな。
  しかもよく見ると、「ランチ」と書いてある・・・。赤面。
  星付きレストランの大らかさ、鷹揚さ、懐の深さはこんなところにもある。ありがとう、ラングル。
 (ワタシ並みに)厚かましい人、トライしてみては?

P1110159

 

 L'Angle du Faubourg
 195 rue du Faubourg Saint-Honore
      75008 Paris
      TEL:01 40 74 20 20
      metro:Charles de Gaulle - Etoile / Ternes

※すっかりいい気分で帰り道、シャンゼリゼまで散歩。途中前を通った映画館、LE BALZAC(写真左)の雰囲気がいい感じで、パシャリ。

 

|

« アラサー(around 30€)の悦楽。 ①はじめに | トップページ | ないものは作るしかない ②Magret de canard seche »

レストラン情報」カテゴリの記事

ワイン」カテゴリの記事