« Velibで駆けるパリ | トップページ | フレンチに飽きたら・・・⑦ードイツ料理ー »

2008年8月12日 (火)

なんじゃこりゃ?な食材 ⑲peche plate

 

Img_5482  知人の料理人(和食)の方が、「これ、知ってるでしょ」と分けてくださったのは・・・。

 

 peche plate (ペッシュ・プラ/平らなモモ)
 名前の通り、見事にぺっちゃんこのモモだ(写真右)


 なんともユーモラスなフォルム。
 フランスのマルシェで初めて見たときは、「何これ?」と驚いたものだ(写真左)

 食べてみると、日本でいただくモモを思わせる甘さ、みずみずしさ。ほんの少し感じるアクもアクセントになり(peche de vigneほどではなく)、ちょっとうれしくなる味わいだった。

 食べられる部分が少ないのが、玉にきず。
 子どもの時、その種の大きさをうらめしく思い、「もっと大きなビワがあったらいいのになあ」と願ったものだが、まさに「もっと大きなpeche plateがあったらいいのになあ」という感じなのだ。


Img_0559  ”peche plate de Chine(中国の平らなモモ)”、別名”Pan Tao(天国のモモ?)”と呼ばれるこのモモ、もちろん、中国からもたらされた品種だという。英語では"Doughnut peach"と呼ばれているのだとか。(参考)


 近隣の中国から、欧州米国と世界一周の回り道をして、今、日本へ。

 いただいた国産peche plateは、なんと、フランス産の1.5倍はありそうな大きさ。(←生産地がどこか、伺うのを忘れました)

 私の(そして多くの日本人の)願いが聞き入れられたに違いない!?



Img_0524_1


 ※そういえば、黄桃っぽいヴァージョンもありましたね。(写真右の下のほうです)

 データによると、モモとネクタリンの総生産量の44%を占めるのが中国2位のイタリア(10%)、3位の米国(7%)を大きく引き離している。

 フランスは8位(2%)。スペイン(4位・7%)に接する南部のピレネー=オリアンタル県や、プロヴァンス地方が生産地として知られている。

 それにしても、イタリア人はモモ好きなのですね。知らなかった。これもイタリア産だったりして。

|

« Velibで駆けるパリ | トップページ | フレンチに飽きたら・・・⑦ードイツ料理ー »

なんじゃこりゃ?」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事