« スペイン2007夏。  最終回:マドリッド、再び。 | トップページ | ナツヤスミ。 »

2008年7月 1日 (火)

Tyrrellsのchips

 

 イギリスではポテトチップス「クリスプ」と呼ぶというのは、本当ですか?

 

 

Img_0417

 フランス語では「シップス」・・・。
 スナック菓子はあまり食べない方だが、つい買ってしまうのが塩味のポテト・チップス。

 フランスでは、Lay'sというブランドのPaysannesか、おじいさんの絵が描かれたchips a l'ancienneを買っていた。(厚め、かためが好きなので、日本ではカルビーの「堅あげポテト」派

 それでなくとも大きい袋なのに、なぜか2袋つながったものが特売になっていることが多く、常にストックが手元にある状態に。誘惑に負け、ついつい食べてしまうのだった。

 

 カルフールで見つけてヒットだったのは、英国ブランド「Tyrrells」のシップス。

 イギリスらしいシンプルでオーガニックな雰囲気のパッケージがすてきだ。
 ロンドンのハロッズの食料品売り場でもうやうやしく売られていたから、ある意味、”王室御用達”?

 数種類あるなかから選んだのは、ベットラブパネニンジンといった根菜で作ったシップス。かための歯ごたえと、野菜固有の甘みが楽しめる。

 ジャガイモ作りから手がける、こだわりの生産者の商品・・・ということで、ポテチを食べる時に感じる罪悪感もちょっぴり軽減。

 でも、やっぱり食べ過ぎには注意!です。

 

|

« スペイン2007夏。  最終回:マドリッド、再び。 | トップページ | ナツヤスミ。 »

イギリス」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事