« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

最後の砦(!?)、ついに崩壊

 

Img_5451 なんでもかんでもが揃う日本。

 帰国するたび、”パリみやげ”には悩まされていた。
 「日本でも買えるけど、自分では買わないからいいでしょ」
とかなんとか、言い訳しつつ。

 その中で、私が”パリみやげの最後の砦”としていたのがLADUREEマカロン

 フランス菓子ならではのヴァリエーション、独特の色遣いやフレーバー。
 何より、サクリとしながらはかなく崩れる表面とその下に隠れたふんわりとした口溶け、そして風味豊かなフィリングが醸し出す、あのアンビバレントな食感

 そのベストな状態を逃したくないと、出発前ギリギリに買い求め、日本に到着したらなるだけ早く手渡す。差し上げた方のうれしそうな表情を見るのがかなり嬉しい、そんなスペシャルなおみやげだったのに。

 東京の銀座三越に進出したというニュースが。
 ついにその日がやってきたのだ。


 出発の日、自分用に買ったマカロンも残りひとつ。

 この時期の保存は気を使う。密封してセラーで保管し、大切にいただいていたが、もう5日も経ってしまった。
 そっとかじると、ぽろぽろとくずれてしまう。

 砦の崩壊を連想させるような、ややsec(乾いた)な食感が哀しかった・・・。

 (↑「日本にいながらラデュレのマカロンが食べられるなんて!」と素直に喜べばいいのですよ)


Img_5401  ○LADUREE
    http://www.laduree.fr/

 ※公式サイトの「数字で見るラデュレ(Quelques chiffres)」が興味深いので、注目!

  2007年には、365,755個のヴィエノワズリー、787,893個のケーキ(ひとり分)を販売したという。私の好きなイスパハン48,708個!

 気になるマカロンに目を転じると、年間256トン。一日あたり370kgマカロン(大)約660個、お馴染みプチ・マカロンは約35,000個を販売。あまりに膨大な量で想像がつかない。

 お時間のあるどなたか、エッフェル塔の高さの○倍とか、スタッド・フランス○杯分とか、換算してください、シルヴプレ。(それでもわからないだろうけれど)

|

2008年7月28日 (月)

パリ滞在記2008夏

 

Img_5355  パリ滞在中の思い出をブログにまとめる作業も遅々として進んでいないのに、再び渡仏。

 

 短い滞在期間だったが、友人や知人に会ったり、おいしい食事をいただいたり、懐かしい場所へ足を運んだり、etc,etcののんびりの旅。

 

 フランスのEU議長国就任を記念してエッフェル塔EUカラーにライトアップされていたり、15区の再開発に伴う取り壊しが進んでいたり、近所のイケテない中華・スシのテイクアウト店が、さらに怪しげなスシ屋に改装されていたり、メトロの切符が紫じゃなくなったり、Velibのポイントが増えていたりと、1年も経たないうちに変わったことはチョコチョコあったけれど・・・。

 基本、パリは変わらない街。違和感なく歩けたのだった。

 

 お忙しい中、会ってくださった皆さん、ありがとうございました。
 残念ながら今回機会がなかった皆さん、次回お会いしましょう。楽しみにしています。

 というわけで、今回の旅行記も少しずつまとめていきます。



P1000419

 ※チュイルリー公園の移動遊園地Fete des Tuileriesも、今夏も変わらず。

 パリに来て最初の夏、ホームシック気味の時、この観覧車のてっぺんから見たパリを一望する美しい眺めに癒され、励まされたことを思い出しました。

 ○Fete des Tuileries
   JALDIN DES TUILERIES-1er
   75001  Paris
   metro:Tuileries
   2008年8月24日まで。

 


|

2008年7月18日 (金)

ナツヤスミ。

Img_9083
 すっかり更新が滞っておりますが、ここらで少しパリに行ってまいります。


 いつもどおり、ほとんど予定らしい予定もない、ぶらり旅です。

 日本で日々充分のんびりしているワタクシですが、パリではまた違う意味でリラックスできそうで楽しみです。(芝生にゴロンとか、木陰で読書とか、ね)



 パリのお友達、機会が合えば、お会いしましょう。
   おいしいものでもいただきながら、お互い、近況報告できたらいいですね。

 お時間ある方、メールにご連絡ください。



 というわけで、次回の更新は月末あたりでしょうか。

 せっかくのぞいてくださった皆様、すみません。
  おいしい情報、ゲットしてきますので(たぶん)、しばしお待ちを。

                       farafel@Japon

 


Img_7669

 ※こんなメチャクチャな風景もすでに懐かしい! 名付けて”必殺smart垂直駐車”

 出発前の今は、ノスタルジックな甘い気分にやや包まれていますが、現地に行くと「イラッ」とするんでしょうか、やっぱり。

|

2008年7月 1日 (火)

Tyrrellsのchips

 

 イギリスではポテトチップス「クリスプ」と呼ぶというのは、本当ですか?

 

 

Img_0417

 フランス語では「シップス」・・・。
 スナック菓子はあまり食べない方だが、つい買ってしまうのが塩味のポテト・チップス。

 フランスでは、Lay'sというブランドのPaysannesか、おじいさんの絵が描かれたchips a l'ancienneを買っていた。(厚め、かためが好きなので、日本ではカルビーの「堅あげポテト」派

 それでなくとも大きい袋なのに、なぜか2袋つながったものが特売になっていることが多く、常にストックが手元にある状態に。誘惑に負け、ついつい食べてしまうのだった。

 

 カルフールで見つけてヒットだったのは、英国ブランド「Tyrrells」のシップス。

 イギリスらしいシンプルでオーガニックな雰囲気のパッケージがすてきだ。
 ロンドンのハロッズの食料品売り場でもうやうやしく売られていたから、ある意味、”王室御用達”?

 数種類あるなかから選んだのは、ベットラブパネニンジンといった根菜で作ったシップス。かための歯ごたえと、野菜固有の甘みが楽しめる。

 ジャガイモ作りから手がける、こだわりの生産者の商品・・・ということで、ポテチを食べる時に感じる罪悪感もちょっぴり軽減。

 でも、やっぱり食べ過ぎには注意!です。

 

|

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »