« 僕らが旅に出る理由  ⑥ザッハトルテ | トップページ | スローなレンズ豆 »

2008年4月 2日 (水)

hommage a Thierry Gilardi

 予定のない日曜日の午前中
 TF1のサッカー番組「telefoot(テレフット)」を見ながら、ダラダラ過ごすことが多かった。

 リーグ・アンを中心に、選手のインタビューなど欧州サッカーの最新情報が満載。サッカー好きの我が家では、20時のニュースに次ぐくらい視聴率が高かった。

 番組の司会者、Thierry Gilardi(ティエリ・ジラルディ)氏の訃報を聞き、驚いている。49歳という若さだった。

 フランス代表戦の実況中継でお馴染みのスポーツ・ジャーナリスト
 2006年W杯の対イタリア戦ジダンの頭突き&退場シーンを実況していたのも彼。

 「おらら〜、ジズー、なんということを!」

 試合を見ていた人の驚き、失望を代弁するかのようなリアルなコメントは、その後、何度も何度も放送され、今でも鮮明に蘇ってくる。

 テレビで見るフランスの著名人はなかなか名前と顔が一致しなかったのだが、その中で親しみを感じた数少ない中のひとりだった。
 フランスの良き思い出をひとつ失ったような気がして、悲しみが増している。

 ご冥福をお祈りいたします。

|

« 僕らが旅に出る理由  ⑥ザッハトルテ | トップページ | スローなレンズ豆 »

映画・テレビ」カテゴリの記事