« 冒涜(ぼうとく)クッキング  ⑤フォアグラ丼 | トップページ | 焼き菓子偏愛主義② ーサービスエリアのお菓子ー »

2008年3月 4日 (火)

道具馬鹿一代 ⑭RostiのMARGRETHE

 

Img_4353_4 ステンレス系が多い私のキッチンウエアの中で、例外のひとつがRosti社のミキシング・ボウル MARGHERETHE(マルグレーテ)メラミン製だ。

 

 

 Printempsのソルドで売られているのを見て、一目惚れ。

 つるんとした独特の風合い。
 くちびるを思わせるへりもかわいらしい。
 数種類のサイズがあり、色も赤、緑、青、紺、紫・・・迷ってしまう品ぞろえ。40%offになっていたのも手伝って、いろいろと買ってしまった。

 グッド・デザインだが、使ってみると、かなり機能的でもある。

Img_4351 底にはゴムの滑り止めがついており、挽肉や生地を練ったり、ドレッシングを混ぜたり、サラダをあえたりする時に便利。ボウルの周りをトーションで固定する必要がないのだ。

 ハンドミキサーを使っても傷がつくことはほとんどない。丈夫だ。本当は柳宗理のボウルが欲しいのだが、この分だと、買うのは当分先になりそうだ。

 スタッキングもばっちり。かわいらしい”へり”を使えば注ぎやすいし、期待していなかった取っ手も意外に便利だ。

 と、大活躍。

 いい買い物をしたと大満足していたのだが、帰国後、渡仏中に日本で保管していた荷をほどくと!

 2Lの小さなロスティ(深緑・冒頭の写真の右)が出てきた。おそろいのスプーンも。
 そう言えば、通販で買ったような、買わないような・・・。4年も前のこと、記憶もあやふやだ。

 すでに持っているのと同じ本を買ってしまうことがよくある私だが、キッチンウエアでも同じ失敗をするとは!

 年月を経ても、人の好みとは、そうそう変わらないものなのだ・・・と実感したのだった。うれしいような、情けないような。

 

Img_4361
 ※小さなサラダ・ボウル(写真右下)も購入。紫やピンクも欲しかった。カラフルなサーバーも、思わず欲しくなるかわいいフォルムだった。ポップコーンやチップスなどスナック用に使うのも便利。

 ロスティのミキシング・ボウルは、1950年、デンマーク王女マルグレーテ2世の叔父Sigvard Bernadotteと、Acton Bjornによってデザインされて生まれた、同社を代表するロングセラー商品。MARGRETHEという名前はもちろん、女王の名前から。
 難を言えば、回転しないので本格派製菓には向かない

|

« 冒涜(ぼうとく)クッキング  ⑤フォアグラ丼 | トップページ | 焼き菓子偏愛主義② ーサービスエリアのお菓子ー »

道具馬鹿」カテゴリの記事