« かもめの旅 その二 | トップページ | 道具馬鹿一代 ⑭RostiのMARGRETHE »

2008年2月28日 (木)

冒涜(ぼうとく)クッキング  ⑤フォアグラ丼

 

Img_4581 テリーヌを作ったときに余ったフォアグラ
 型に入るより多めの量を買っていた。
 「そのうち食べよう」と冷凍していたのを思い出した。

 

 ポワレして食べるほどの量でもないし・・・とひらめいたのが、フォアグラ丼

 日本では数えるほどしか食べたことがなかったが、フランスではフォアグラはスーパーでも買うことができる、意外に一般的な食材だ。
 3大珍味と呼ばれるなかで、トリュフ、キャヴィアと比べると価格も一番買いやすいのではないだろうか。

 

 以前どこかのレストランでいただいた”焼き肉”っぽい味付けのフォアグラのポワレがヒントになった。

 普段はフルーツっぽい甘系のソースを合わせることが多いが、これもアリかもしれない。しかもご飯に合わせるならぴったりだ・・・と、さっとポワレしたフォアグラに冷蔵庫にあった焼き肉のタレ(中辛)を絡ませた。

 炊きたてご飯、炒め野菜、これまた余り物のカモのロースト、そして表面はパリッと、中はピンクでぷるぷるのフォアグラをのせ、シブレットをパラリ。

 いただきます!

焼き鳥風のタレでも良さそうです。

|

« かもめの旅 その二 | トップページ | 道具馬鹿一代 ⑭RostiのMARGRETHE »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日本食」カテゴリの記事