« サンドライオリーブ、どう使う? | トップページ | 冒涜(ぼうとく)クッキング  ⑤フォアグラ丼 »

2008年2月25日 (月)

かもめの旅 その二

 

Img_3006  3年ほど前、初めて訪れたときは、「フィンランドと言えば、トナカイ」という印象だったので、トナカイ肉の料理を食べた。
 たっぷり添えられたgroseille( レッド・カラント)の実が不思議な味わいを醸し出していた・・・(写真右下)

 だから映画『かもめ食堂』の中で、小林聡美が「フィンランドと言えば」と片桐はいりに問うシーンでは、「トナカイ!」と自信たっぷりに(心の中で)答えたのだが、正解は「サーモン」だった。
 私の中では「サーモンと言えばノルウエー」だったのだが・・・。

Img_2919
 映画を見た後に訪れたフィンランドは、なるほど、”サーモン処”だった。
 そう言われれば、どこのレストランでもサーモン料理はあるし、市場横の屋台でもサーモンは人気メニューだった。
 大きな円形の鉄板の上でジュージューと音を立て、次々と焼かれるサーモンはシズル感たっぷりで、ミートボールやソーセージがかすんで見えてしまうほど。

 サーモン、添え物のジャガイモのローストは、ディルがいっぱいまぶされた北欧風味。ヨーグルトっぽいソースもかかっている。これはこれでおいしい。
 きっとかなりの量を家庭でも消費するのだろう、市場では大振りのディルの束が売られていたのが印象的だった(写真左の手前)



P8060135_2  こぼれ落ちそうな大盛りの皿を受け取り、屋台の横のテーブルでいただく。
 フィンランドの空は、うそみたいに青い。

 厚みのあるサーモンはすばらしく脂がのっている。できるなら、鉄板にのせたまま、しょうゆをジュッとかけて白ごはんと一緒に食べたい!

 「かもめ食堂」が本当にヘルシンキにあればいいのに、と切実に思ったのだった。

|

« サンドライオリーブ、どう使う? | トップページ | 冒涜(ぼうとく)クッキング  ⑤フォアグラ丼 »

フィンランド」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事