« エル・ブリ N.Y.風味  ーwd-50ー | トップページ | ドリームな組み合わせ »

2008年1月16日 (水)

僕らが旅に出る理由  ⑤MAILLEのフレッシュ・マスタード

 

Img_5407 ディジョンみやげにいただいたのは、Maille(マイユ)のマスタード。白ワイン風味。

 日本でも買うことができるマイユのマスタードだが、これはブティックに設置されたポンプから陶器の入れ物に詰めてくれるフレッシュなもの。賞味期限も手書きで書かれた、店でしか買えない限定品なのだ。

 肉料理に、サラダのドレッシングに、サンドイッチに、とマスタードの消費量が多い我が家では、高価なマスタードを買う機会がないので嬉しい。
 なにしろ、伝統的な陶器のマスタード・ポットを買おうと張り切ってマドレーヌにあるパリ店に出かけたものの、あまりに高すぎ、マスタード用の木のスプーンしか買うことができなかった苦い思い出があるのだ。

 「いつものより香り高い(気がする)!」
 いつもより、大切に、心していただいた。ありがとうございました。

 食べ終わった後の陶器は当然、処分しがたく。
 大瓶のマスタードをつめかえて食卓に出している(←大ウソつき)。もちろん、木のスプーンを添えて!

 

  ○Boutique Maille-Dijon
   32, rue de la liberté
      21000 Dijon
      TEL: 03 80 30 41 02
      FAX: 03 80 50 09 46

  ○Boutique Maille-Paris
     6, place de la Madeleine
     75008 Paris
     TEL: 01 40 15 06 00
     FAX: 01 40 15 06 11

    http://www.maille.com 
    http://maille.jp/

Img_4118  ※写真左Beaune(ボーヌ)で買ったFALLOT社のもの。

   同社のヴィネガーは愛用しているが、マスタードはあまり買ったことがない。つい、リーズナブルなマイユの大瓶を買ってしまうのだ。

 同社HPによると、いまだに石臼でマスタードをひいている唯一のメーカーなのだとか。
 訪れた日、あいにくお休み。土産物店で買うことに(パリでも買えますが)。
 マイユほど種類は多くないが、パン・デピス風味カシス風味クルミ風味など、フレーバー付きのマスタードもある。フレーバー付きは普段買わないが、小瓶だと食べきってしまえるかな、と買ってみた。何に合わせよう?

   ○FALLOT
  31, rue du Faubourg Bretonnière
  21200 BEAUNE
  http://www.fallot.com/

|

« エル・ブリ N.Y.風味  ーwd-50ー | トップページ | ドリームな組み合わせ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事