« プティ・デジュネ@LADUREE | トップページ | あこがれのBBQ »

2007年9月19日 (水)

細かいのはお好き?

P1100580_2

 コロッケを作り始めたところ、買い置きの日本製のパン粉が残りわずかなのに気づいた。

 大きめのパン粉をつけて揚げた、口の中がガサガサするようなコロッケが好きなのだが仕方がない。フランスのパン粉、chapelureを使おう。

 スーパーでは、かたくり粉の一種のfeculeや、フォン・ド・ヴォーチキンクール・ブイヨンなどのインスタントだし売り場に並んでいる。

 いつも買うのはChapelure Fine(写真左下)。名前の通り、細かなサラサラのパン粉が箱に入っているのだ。

P1100571_6

 

 こうなると、コロッケの形も俵型から丸型へ変更。アランチーニをイメージして丸めてみた。

 おなじみのお総菜が、なんとなく"croquette"風になった。

 トンカツソースよりトマトソースを添えたくなる感じ。

 

 

Img_3150_3


 ※スーパーでよく見かけるメーカー、Tipiakの商品では他に、doreeという焼き色が強めについた”カリカリ”ヴァージョン、ふりかけるだけでくっつくprete a l'emploiというヴァージョンもある(←買ったことがないが)。
 http://www.tipiak.fr

|

« プティ・デジュネ@LADUREE | トップページ | あこがれのBBQ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日本食」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事