« スペイン2007夏。 | トップページ | スペイン2007夏。 ③Zizouのいた場所 »

2007年8月18日 (土)

スペイン2007夏。 ②バル・ホッピング

 

P1120814_2  マドリッドと言えば、バル(bar)をハシゴした楽しい思い出が強烈で。

  マドリッドには普通のバルのほかに、トルティーヤなど単品専門のバルが軒を並べるエリアがある。

 一品食べては次の店に流れ、また次へ・・・。
 ワイワイガヤガヤ、誰もが話に夢中だから、旅行者も気兼ねすることなく楽しく過ごせるのだ。

 今回も、前回と同じ店3軒をたどった。ツーリスティックな場所ばかりで芸がないのだが・・・。

                                                

P1120807  ○Meson del Champinon(メソン・デル・チャンピニョン)
  Cava de San Miguel 17
      TEL:97-5596790

  プランチャ(鉄板)で焼いたマッシュルーム(写真右)が名物の店だが、他の人が食べているのがおいしそうで頼んだpimiento de Padron(冒頭の写真)がおいしかった。シシトウの一種を油で揚げ、塩を振りかけたものが山盛りになってくる。時々”アタリ”が混ざっているのもシシトウと同じ。ビールにぴったりで、次の日もリピートしてしまった。
 日本人の我々のために、オルガン奏者の方が「3年目の浮気」(!)を演奏してくださった・・・。

                                                

P1120842  ○La Casa del Abuelo(ラ・カサ・デル・アブエロ)
  Victoria 12
  TEL:91-5212319

 甘エビのような小エビをニンニクと一緒に、熱したカスエラで炒めたgambas al ajilloが名物。魚介を甘い赤ワインと合わせるのがおもしろい。
 床にエビの殻、紙ナプキン、つまようじなどが散乱しているのは以前訪れた時と同じ。

                                                

P1120868  ○Museo del Jamon(ムセオ・デル・ハモン)
  San Jeronimo 6
  TEL:91-5210346

 

 ”ハムの博物館”の名前通り、店の天井から骨付きハムがびっしりぶら下がっている。市内に何店舗かある。
 ベジョータだけはテクニックを要するらしく、注文すると、「ベジョータ、一丁!」とばかりに併設の肉売り場にオーダーが飛び、担当者が切ってくれる。おもしろい。

P1120871 朝ご飯の時間から深夜まで営業。ハム以外のメニュもいろいろあるので便利。

 


P1120942_2

 

 マドリッドの夏の夜。
 宵っ張りの地元っ子たちで、街はにぎわいを増すばかり。

|

« スペイン2007夏。 | トップページ | スペイン2007夏。 ③Zizouのいた場所 »

スペイン」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事