« きゃとーるず・じゅいえ | トップページ | ル・クルーゼで鯛飯。 »

2007年7月16日 (月)

イギリスはおいしいよ、たぶん。


Img_0324 イギリス人の友人が「おもしろいから」と貸してくれた料理本、"Two Fat Ladies Ride Again”から、ハトのソテーを作ってみた。

 本を借りるまで知らなかったのだが、大柄の2人がトライアンフ・サンダーバードとサイドカーでイギリス各地の食をリポートしながら料理するテレビ番組は、イギリスではとても人気があったという。
 同番組プロデューサーがJ・オリヴァーを発掘する前の時代の話だが。(日本では『グルメおばさんイギリスを行く』というタイトルでNHKが放映していたらしい)

 

 レシピごとにエピソードがつづられた本は読むだけで楽しい。 

Twofatladiesride_1 マスタードウスターシャイア・ソースを塗ったハトの胸肉をフライパンでソテーし、トーストに載せたこの料理、朝ご飯に好んで食べていた友人がいたのだとか。朝からこのボリューム。さすが、イングリッシュ・ブレックファストの人たちだ。

 指定のイギリス製の調味料はないので、マイユのマスタード、ブルドッグのウスターソースで代用して作ったが、ハト独特の臭みを両者の酸味とスパイスが中和する感じで、ぐっと食べやすくなった。なるほど。

 

P1120089  スコットランドとのボーダー近く出身の彼が買ってきてくれたのは、ハギス(Haggis/写真右)。羊の内臓、麦などで作るスコットランドの伝統料理だが、不気味な見かけもあり、苦手な人も多いのでは。
 ずいぶん前、スコットランドで食べた時も結構好きだったので、喜んでいただいた。「ハロッズでも売ってるよ」と友人。

 彼の話は続く。
 「スコーンにつけて食べるとおいしい」とうっとりする”ダブル・クリーム”とはどのようなものだろうか。クロテッド・クリームとどう違うのか。

 

 イギリスはおいしい。
 言われて久しいが、イギリスの食材ひとつとっても、まだまだ知らないことばかり。
 というわけで、しばらく旅に出ます。

 

Img_0580_1
 ※別のイギリス人の友人が焼いてくださったフルーツ・ケーキ。レーズンがどっさり入ったスパイシーな味は久々で、新鮮。
 柄にもなく紅茶を入れたくなるから不思議だ(ティーバッグですが)。

 

|

« きゃとーるず・じゅいえ | トップページ | ル・クルーゼで鯛飯。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事