« なんじゃこりゃ?な食材 ⑭artichaut poivrade | トップページ | 貧乏人のアスパラガス »

2007年5月 9日 (水)

パサージュのサロン・ド・テ ーL'Arbre a Cannelleー

 

P11007042 偶然立ち寄ったパサージュ、Passage des Panoramasで見つけたサロン・ド・テ、L'Arbre a Cannelle

 

 古い、木彫りの装飾が施された店構えに目を奪われた。
 ウインドー越しに見えた、ずらりと並んだタルトにも。パサージュの天井から差し込む光で、一層おいしそうに見える。テラス席も雰囲気がある。

 

P1100701 時計は12時ちょっと前。
 「早いけれど、いいですか?」
 おそるおそるきいてみると、おしゃれでシャキシャキした感じのお姉さんが、快く席に案内してくださった。

 

 普段見慣れない、コロニアル風の装飾。鏡が多用され、古めかしい中に、きらびやかな感じも。
 馴染みがないのは当然だ、以前はMarquisという老舗チョコレートショップの 店舗で、19世紀初頭にできた建物なのだという。

 

P1100693  高さ5㎝はありそうな、ボリュームのあるキッシュに生野菜を添えて。
 具だくさん。申し訳程度に入ったアパレイユが、ようやく具をつなぎとめている感じ。
 歴史的な建物の中だと、素朴な味わいもグレードアップする気がしてくるから、不思議だ。


P1100691

 グループ客の注文が入ったのか、切り分けられたタルトの皿がカウンターに並び、それはそれは、おいしそうだった。

 

 

 ○L'Arbre a Cannelle
      57, Passage des Panoramas
      75002  Paris
  Tel : 01 45 08 55 87

 ○Passage des Panoramas
    11-13, boulevard Montmartre – 151, rue Montmartre
    75002 Paris
    metro: Grands Boulevards

 ※Passage des Panoramasに現存する150のテナントのうち、20軒が19世紀前半から続いている店なのだとか。1800年に完成した、パリの最古のパサージュのひとつであり、公共の場にガス灯がともった最初の場所(1817年)でもあるという。古切手、古銭、ポストカードなどの店が多い。(参考記事)

 

|

« なんじゃこりゃ?な食材 ⑭artichaut poivrade | トップページ | 貧乏人のアスパラガス »

レストラン情報」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事