« アッシ! | トップページ | ロール・キャベツ2題。 »

2007年3月19日 (月)

タンポポを食べてみた

 

 

Img_5142

 イエナのマルシェで見かけて、タンポポ(pissenlit/通称dent-de-lion)を買ってみた。
 フランスでは食用のタンポポが売られているのだ。

 店のマダムは「味が強いので、シンプルにドレッシングで。もしくは半茹で卵と」と教えてくださった。

 

Img_5189

 処理をしながら味見すると、かなり苦い。薬草のようだ。
 「失敗した?」
 家族の口に合うか、急に自信がなくなる。苦肉の策で、ベットラブとあわせると、苦みは驚くほど和らぎ、好評を博した。トレヴィスのような感じだ。




 

Img_5457


 そして、今日。久々に出かけたモト・ピケ(Motte-Picquet)のマルシェでも、売られているのを発見。今回は、かなりワイルドなルックスのピッソンリ。道端に生えていてもおかしくない、ギザギザ。なるほど、これなら”ライオンの歯”に見えないこともない。

                                 

 泥を落とし、枯れたり、シミがついた葉を取り除く。結構な手間だ。葉はチクチクまではいかないが、かみ応えがある固さ。やはり苦い。

 

Img_5486

 

 

 

 この”たけた”感じのピッソンリだけだと、口の中がゴワゴワしそうで、レタスと一緒に。ゆで卵とベーコンをあわせた。フランボワーズ・ヴィネガーで、やはり、甘みをプラス。


 

 

 春になると出回る、ほろ苦い野菜を食べると、体に溜まった毒素が洗い流されるような気分になる。不思議だ。このタンポポもしかりだが、個人的には一年に一度でいいかも。

Img_5104

 

 ところで、このpissenlitという名前。pisse en lit(ベッドのおしっこ=おねしょ)が語源だとか。タンポポに利尿作用があるからだそうだが、本当?

|

« アッシ! | トップページ | ロール・キャベツ2題。 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。一瞬「タンポポ?庭に一杯ある!」って思ったけど、食用でしたね(^_^;)。これって、天ぷらとかにはできそうなんですか?
日本の春野菜を天ぷらにすると美味しいから、ついついそう思ってしまいました(*^_^*)。

投稿: kao | 2007年3月19日 (月) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/14311250

この記事へのトラックバック一覧です: タンポポを食べてみた:

« アッシ! | トップページ | ロール・キャベツ2題。 »