« 暖冬でも、アリゴ! | トップページ | シェリーに口づけ(Tout,tout pour ma cherie) »

2007年3月 6日 (火)

フロマージュ、あれこれ。  ④Petit-suisse

Img_4931

 

 フレッシュ・チーズ(fromage frais)は数あれど。

 

 スーパーで買うことができる、最も一般的なものが、プティ・スイス(Petit-suisse)だろうか。

 

 シリンダー状の小さなチーズは、余剰の水分を切る役割なのだろう、紙の帯を巻かれた状態でプラスティックのケースに一つ一つ入っている。6個セット。
 砂糖をかけ、デザートに食べるのが一般的か。ジャムや蜂蜜でもいい。

 


Img_4922


 フランス国内どこでも生産されるというが、発祥
の地は、実はスイスではなく、ノルマンディ地方
 1850年AuvilliersのマダムHerouldのlaiterie(乳製品加工場)で働いていたスイス人従業員が、地元のチーズ、Bondard(またはbonde,bondon)を作る過程で考案したのが始まり。当時は、小さな木箱に6個詰めて売られていたという。

 

 カルフールで見かけた、ブルターニュ地方、サン・マロの乳製品メーカー、MALOのプティ・スイスを購入。
 少しだけレトロな感じの紙箱に、紙に巻かれた真っ白なプティ・スイスがきっちり並んでいる様は、なんともかわいらしい。
 他のプティ・スイスが水っぽいのに対し、かなりセック。固い。酸っぱいのに、乳脂肪の濃厚なこくがある。これは、一度試す価値、アリ。

 昔のプティ・スイスは、こんな感じだったのだろうか・・・とふと、思った。

 

Img_4919

(参考資料:『チーズ図鑑』文藝春秋編、wikipedia)

 


※ついでに、MALOのempresure chocolat(凝乳チョコ)も購入。 塩が効いたチョコ(ヨーグルト)プリンという感じで、こちらも気に入った。

|

« 暖冬でも、アリゴ! | トップページ | シェリーに口づけ(Tout,tout pour ma cherie) »

チーズ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。hiroと申します。

プティ・スイス、美味しそうですね。
昨年の12月にサン・マロに遊びに行ったので、
そのときに知ってたら、絶対試してみたのに...残念。
まあ、その時はサン・マロで食べた牡蠣にあたってしまって、
それどころではなかったのですが。(笑)

私は、ニューヨークに住んでいるのですが、
パリは美味しそうなものがいろいろあって、
本当にうらやましいです。


投稿: hiro@ny | 2007年3月 6日 (火) 15時24分

名前の由来、面白いですね。スイスのジュネーヴでは、パルミエパイがcoeur de France(フランスのハート)と呼ばれていたのを思い出します。隣あわせだし、言葉もほぼ同じだけれど、やっぱりアイデンティティは別という意識をお互い持っているんでしょうね。

投稿: aia | 2007年3月 6日 (火) 21時33分

はじめまして。
話題が興味深くて、写真も素敵なので前から拝見させて頂いていますが、
「読み逃げ」してました。
スミマセン。

Petit-suisse、大好きです!
昨日、買ったのは、DANONEのものですが、
食べ終わったら、是非、MALOのものを食べてみたいです!
パッケージにもお味にも惹かれます。

そうそう、「Petit-suisseの食べ方」を私が習った家では、
何故か、必ず2コ食べます。

投稿: BEBE-MANCHOT | 2007年3月 7日 (水) 00時19分

hiro@nyさん、こんにちは。
はじめまして。

カキにあたってしまったのですか。
旅は大丈夫でしたか?
残念な思い出ですね。

いえいえ、こちらからすると、NYのほうがおいしいものがたくさんあって、うらやましいです。ああ、行きたい!

これからもよろしくお願いします。

投稿: farafel | 2007年3月 7日 (水) 07時20分

aiaさん、こんにちは。

パルミエ、スイスだと、フランスのハートなのですね。
聞こえはかわいいですが、所によっては、えらくでっかいハートもありますね!
たまたま今日、ボン・マルシェのデリカ・バーでお茶をしていたのですが、隣の席の女の子が頼んだパルミエ、大皿からはみださんばかりでした。

余計な話でした・・・。

投稿: farafel | 2007年3月 7日 (水) 07時29分

BEBE-MANCHOTさん、こんにちは。
はじめまして。

好き勝手に書き殴っているだけなので、コメントはお気になさらずに。
というか、コメントしようがない内容が多いですよね。「あ、そう。だから?」みたいな。自覚しております。

そうそう、プティ・スイスって、ダブルのサイズがあるらしいのです。
そう言われてみれば、フランス人には1個では物足りないような・・・。

これからもよろしくお願いします。


投稿: farafel | 2007年3月 7日 (水) 07時33分

こんにちは、久しぶりにコメントします。
この記事を読んでふと思い出したのですが、バスクの方にはMamia(caillé de brebis)と呼ばれるデザートがあるのですが、これもfromage fraisの一種なのかなって。とても好きだったので旅行中そればかり食べていました。でも柔らかくてすっぱくないのでちょっと違うかな…

投稿: ぷう | 2007年3月 9日 (金) 11時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フロマージュ、あれこれ。  ④Petit-suisse:

« 暖冬でも、アリゴ! | トップページ | シェリーに口づけ(Tout,tout pour ma cherie) »