« なぜラグー? | トップページ | アンダルシア 冬の旅 ⑦グラナダをぶらり。 »

2007年2月 2日 (金)

Le Moulin de la Vierge、登場。

 パリを歩いたことがある方なら、おわかりだろう。

Img_4462  どこに行くにも、住所だけが頼り。
 目指す通りを見つけても、安心できない。番地の場所を地図で見当をつけておかなければ、一駅、場合によってはもっと、歩くはめになる。

 パリで一番長いと言われる、rue de Vaugirardは要注意。
 パリの外側を走る環状線近く、15区の端から、パリの中心にあるソルボンヌ大学まで縦断する通りなのだから。

 家の近所のグルメ通り、rue Saint Dominiqueも、結構、長い。
 エッフェル塔のそばのシャンド・マース公園近くから、東に伸び、サンジェルマン大通りまで。
 
 久しぶりに東側を歩くと、いつの間にか、Le Moulin de la Viergeができていた。知らなかった。

 パリに数店舗あるブーランジュリー。

 お料理教室のマダムに、「ここのタルト・タタンがおいしいわよ」と勧められて以来、14区のダゲール店へ、時々、足を運ぶように。
 しっかりと焼き色がついた、キャラメル色のリンゴ、パイ生地。
 薪釜で焼かれるパン、ヴィエノワズリも、同様に、色濃く焼かれている。私好みなのだ。

 加えて、歴史建造物といえそうな美しい内装がすばらしい。

 オーナーのBasile Kamir氏は、大学卒業後、コンサート興行やレコードの輸入業(ヴァージンのブランソン氏は幼馴染!)などを行う”業界のヒト”だったが、1975年にパンの道へ、華麗なる転身を遂げた。
 ”独学のパン職人”として、ビオの粉ルヴァン薪釜焼きにこだわったパン作りを続けるカミール氏は、J.L.プージョラン氏”Au Levin du Marais”T.ラビノー氏など多くのパン職人たちに影響を与えたと言う。(参考:Le guide des boulangeries de Paris)

 これからは、あの香ばしくてジューシーなタルトタタンを気軽に買うことができる!と思うと嬉しくなった。
 
 とりあえず買ったのは、定評のあるLe pain de campagne au levainで作られたパン・グリエとバゲット。
 古くなったパンをパン・グリエにして売る店が多いが、ここのはひと手間かけられているので買いたくなったのだ。ハーブやニンニクの香りがたっぷりのタプナードオリーブオイルつき。

 酸味の強い、ルヴァンのパンが好きなので、たまらない。ミネストローネと一緒に、カリカリ食べてしまった。(写真右下)

Img_4469 内装は、他店と同様の美しさ。一味違うのは、パン屋さんらしからぬ、暗めの照明。おもしろいが、焼き加減がよくわからないではないか! お店の方も、とても感じが良かった。

 最寄駅は、8番線のLa Tour Maubourgです。念のため。

 
 ○LE MOULIN DE LA VIERGE
    64 rue Saint Dominique
    75007 Paris
  metro:La Tour Maubourg
    http://www.lemoulindelavierge.com

|

« なぜラグー? | トップページ | アンダルシア 冬の旅 ⑦グラナダをぶらり。 »

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事

コメント

読んでいるだけで、おいしそうなパンが、タルトタタンが、想像できてしまうような・・・そして、場所や最寄り駅まで教えて頂いて、「パリに行ったら行ってみたいお店リストfromファラフェルさん情報」っていうメモを作れそうです。パリに行ったら、本当にそうしますね☆

投稿: めめ | 2007年2月 2日 (金) 12時08分

ミネストローネとパングリエ~美味しそうです!
私もここのタルトタタンは大好きです。
14区のお店の方が丁寧に作られている感じがします。
お店においてあるコンフィテュールが気になっていたのですが
どうなのでしょうか?ファラフェルさんご存知ですか?

投稿: まぁ | 2007年2月 2日 (金) 16時58分

farafelさんお久しぶりです!
ちょうど火曜日からパリに行く予定
早速行ってみようと思います♪

投稿: ami | 2007年2月 4日 (日) 14時28分

はじめまして!いつもおいしそうな記事楽しく読ませていただいてます!
私もこのあたりに住んでいるのでびっくりです!
すれ違ったりしてるかもしれませんね 笑
Le Moulin de la Vierge、行ってみます♬♫前から気になってたので!

投稿: choco | 2007年2月 5日 (月) 05時22分

今日、偶然、ここの前を通ったので、思わずタルトタタンを買ってしまいました。
家で早速食べましたが、なるほど、薄いパイ生地にリンゴがたっぷり、
カラメルも良い感じで、とても美味しく頂きました。
初めてでしたが、また買いに行きそうです。
良いところを紹介して頂きました。
有難うございます。

投稿: ムッシュー | 2007年2月 5日 (月) 06時14分

めめさん、こんにちは。

うーん、どうでしょうか。
あまり期待されると、がっかりしてしまうかも・・・。
普通ですが、それがいいのです。(言い訳)

ジャンクフードもこよなく愛す私のオススメなので、話半分くらいにしておいてくださいませ。

投稿: farafel | 2007年2月 5日 (月) 07時20分

まぁさん、こんにちは。

知人のマダムも、「14区の店のじゃなきゃ、ダメ!」と強くこだわっていらっしゃいました。
同じ店でも、支店で作る方が違うので、味も形も変わるのは仕方がありませんね。
サン・ドミニック店は、果たしてどうでしょうか?

投稿: farafel | 2007年2月 5日 (月) 07時22分

amiさん、こんにちは。

わざわざ足を運ぶと、がっかりなのかもしれませんが、近所にあったら嬉しい店です!
ぜひ!

投稿: farafel | 2007年2月 5日 (月) 07時23分

chocoさん、こんにちは。
はじめまして。

このあたり、日本人の方、たくさんお住まいですよね。
旅行者の方も多く、すれ違わない日はないくらいです。

このカルティエのおいしい情報がありましたら、タレコミ情報、お待ちしております。

これからもよろしくお願いします。

投稿: farafel | 2007年2月 5日 (月) 07時25分

ムッシューさん、こんにちは。

おお、お試しいただいたのですね。
(と、私が恐縮する立場ではないのですが)

グルメなムッシューさんにお気に召していただけて、嬉しいです。
ちょっとホッとしてみたり・・・。

投稿: farafel | 2007年2月 5日 (月) 07時28分

farafelさん、はじめまして。パリにしょっちゅう行ってるA子と申します♪

Le Moulin de la Viergeのパン・オ・ルヴァン、私も大好物です♪
あの酸味がなんとも言えない~。有塩バターとボンヌママンのサクランボとかクエッチ(スモモ?)のジャムをたっぷり塗って食べてます。

私も毎回、rue Daguerreに買いに行ってますよ~。

これからパリに行く方、是非買いに行ってみて下さいね!

このたび、スーパーで買うパリみやげつながりでこちらを発見して参りました。
(今度TBさせてもらってもいいですか?)

また遊びに来ますね!

投稿: A子 | 2007年2月 6日 (火) 02時22分

A子さん、こんにちは。
はじめまして。

パリがお好きなのですね。
日本から来られる方のほうが、いろんな情報をお持ちです。
おいしい情報のタレコミ、お待ちしております。

これからもよろしくお願いします。

投稿: farafel | 2007年2月 7日 (水) 09時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/13750871

この記事へのトラックバック一覧です: Le Moulin de la Vierge、登場。:

« なぜラグー? | トップページ | アンダルシア 冬の旅 ⑦グラナダをぶらり。 »