« アンディーブ、ほろ苦デビュー。 | トップページ | アンダルシア 冬の旅  ⑧マラガのGORKI »

2007年2月19日 (月)

パエーリャ@Le Fogon

                                                                   

P1100113_2

 1年ぶりに、スペイン料理の店、Le Fogon(ル・フォゴン)へ。

  前回、食べられなかったパエーリャを。

 ムニュでは、数種類あるパエーリャから好きなものを選ぶ。
 4人だったので、野菜と鶏肉、ラングスティーヌと魚介の2種類にした。

                                                                   

P1100103 生のポティロンのアミューズに始まり、エイとロケットのサラダ他、全3品(忘れました)のタパスは丁寧に作られて、好感度大だ。

 
 熱々のパエーリャが鍋ごと運ばれてきた。
 スペインでは、意外にも、この姿でいただく機会がなかったので、かなり嬉しい。

                                                                   

  料理雑誌『Regal』no.15では、同店のシェフ、Alberto Harraiz氏を、”スペイン料理の名人芸”を持って、独自のスペイン料理を作り出す、と紹介している。

P1100106 同誌の中で紹介されたパエーリャは、Riz au lapin, escargots et vinaigre de Xeres(ウサギとエスカルゴのパエーリャ、シェリー・ヴィネガー風味)。ウサギから丁寧に取ったブイヨンで、米を炊き上げる。
 スペイン料理を代表する米料理も、シェフにかかれば、かなり個性的だ。
 
 でも、作り方は、遊ばず、名人芸で。"bomba de calasparra"というスペイン高級米を使い、ふっくらやわらかく、かつ、かすかに歯ごたえが残るような、微妙な加減に炊きあげるという。

 正直、そこまで注意せず、米は食べてしまったが、中がほんのり生っぽい、ラングスティーヌのジャストな火の入れ方は、日本人の私にはぐっとくるものがあった。

P1100118_2 お店の人は、相変わらず、感じが良い。
 満席で大人気の店だが、この日の客の約半数は、日本人なのには驚いた(我々も含めて)。おいしい店や話題の店の情報が本当に早い!

 「日本人客が多い店は、間違いない」
 そのうち、そんな定説がパリに浸透するのでは。

                                                                     

  ○Le Fogon
  45, quai des Grands-Augustins,
  75006 Paris
  TEL:01 43 54 31 33
  休:土曜昼・月曜日
  metro:St Mitchel/Odeon

|

« アンディーブ、ほろ苦デビュー。 | トップページ | アンダルシア 冬の旅  ⑧マラガのGORKI »

レストラン情報」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事

コメント

写真で見ても、とっても美味しそうなパエーリャですね!
ラングスティーヌは、日本じゃあまり一般的じゃないなぁ。
デザートもおいしそ~。
farafelさんのおっしゃる通り、日本人は美味しい物が大好きですよね。テレビ番組でも、料理番組や、グルメ番組の多さに、海外からの人はビックリするそうです。
確かに、タレントがスタジオで有名シェフの料理を食べる、とか、レストランを訪ねるとかを、朝から晩まで見ることができる感じです。

投稿: めめ | 2007年2月19日 (月) 09時33分

めめさん、こんにちは。

写真、かなり暗くて、ボケボケです。
あまりおいしそうに撮れませんでした。

そう、日本のテレビ、すごいですよね。
”食ベルト”と呼ぶことができそうなくらい、食べ物のコーナーや番組がズラリと続く時間帯ってありますよね。

ひさびさにどっぷりはまりたい・・・。日本のテレビ番組シックな今日このごろです。

投稿: farafel | 2007年2月20日 (火) 07時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/13970057

この記事へのトラックバック一覧です: パエーリャ@Le Fogon:

» スペイン料理に”萌え”!? -Le Fogon- [食べ物中心。パリ生活。]
 スペイン料理店、Le Fogon(ル・フォゴン)にコルドンの友人4人で出かけた [続きを読む]

受信: 2007年2月19日 (月) 08時10分

« アンディーブ、ほろ苦デビュー。 | トップページ | アンダルシア 冬の旅  ⑧マラガのGORKI »