« パエーリャ@Le Fogon | トップページ | こんなの見つけました »

2007年2月20日 (火)

アンダルシア 冬の旅  ⑧マラガのGORKI

                                                                                                                        

Img_4250_1

                                                            

 旅は、ピカソが生まれた街、マラガでオシマイ。

 グラナダから遠回りをし、ヨーロッパ有数のリゾート地、コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)経由で入る。

 真っ青な空。太陽の光を受け、輝く海がまぶしい。

 本来なら、ビーチで読書でもしたいところ。冬なのが、本当に残念だ。途中、ガソリン・スタンドの売店で買ったヒマワリの種を食べると、ほんの少しだけ気分が盛り上がった。

 P1090992
 マラガ到着。
 街並みは南国情緒が漂い、かなりエキゾチック。スウェーデン人とドイツ人が多く集まる街・・・と聞いたが、この風景にひきつけられるのだろうか。

 

                                                            

Img_42361

                                                            

 ホテルの方のオススメのタパス屋、GORKIへ。

                                                            

P1100012

  おしゃれなレストランが集まる、賑やかな地域で、この店の混み方は特別だ。次から次へと、人が押し寄せてくる。
 予約を入れ、大通り沿いに出た怪しげな露店を一通りひやかした後、出直した。

 忘れずに、律儀に席を確保してくれていた。ホッ。 P1100017

 品目のあまりの多さに、メニュを見るだけで、時間がかかる。バゲット・サンド、オープン・サンド、クレープの数々。地元名物、マグロの燻製を美しく盛り付けたカナッペもある。
 ヒヨコ豆の煮込み、ホワイトアスパラガスのサラダ・・・。一品料理もかなりのバラエティで、迷う、迷う。P1100019

 タパス屋といえども侮れない、趣向を凝らし、丁寧に作られた皿の数々。
 ラフに見えるサービスも、実はかなり心配りが行き届いている。

 ロンダに向かう山中で、P1100022野生のアスパラガスを売る行商を見た。通り過ぎた後、「買えばよかった」と後悔したが、ちゃんとここで再会できた。パリで食べていたものより、さらにワイルドな感じ(写真右3番目)

 おいしさと居心地のよさが忘れられず、翌日もリピートしてしまった。

 椅子にありつけず、立ち食べしている私たちに、食べ終わった客が「どうぞ、どうぞ」と席を譲ってくれる。
 折につけ、人情の温かさにも触れることができ、感激しきりの旅だった。

                                                           

Img_4290 ○Gorki
  Calle Strachan 6
  Malaga 952221466

                                                            

 ※ピカソ美術館に行く手前の店、"La Exquisita"で買ったroscos de vino他、マラガ地方菓子(写真左)
  素朴な揚げ菓子だが、地元では有名な店らしい。美術館で手荷物として預けると、「誰かが食べちゃうかもよ~」と係のお姉さんたちに大層うらやましがられた。

  

|

« パエーリャ@Le Fogon | トップページ | こんなの見つけました »

スペイン」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今日は、旅情あふれる展開でしたね。
雰囲気のある街、美味しいもの、人との出会いなど、旅ならではですねー。
野生のアスパラガスなんてあるんですね!知らなかった!

投稿: めめ | 2007年2月20日 (火) 09時45分

おひさしぶりです。ちょくちょく見させてもらってまぁす。
マラガは僕も大好きです。あぁ、夏のマラガにまた行きたくなってしまいます。2週間ほど前にポルトフィーノにいってきたのですが、おんなじようなかんじでよかったですよ。地中海ってのはいいもんですね。

投稿: 店番 | 2007年2月20日 (火) 15時25分

 アンダルシア、いいですねぇ。
 ブログを読ませて頂いていていつも旅行した報告を読んでいるといらっしゃるところすべて行きたくなってしまいます。
 野生のアスパラガスあるのですね。風味、食感が全然違うのでしょうね。食べたいなぁ。
 と日本にいると、ホワイトアスパラですら高くて中々手に出せず、レストランへ行った時にしか口にできないので羨ましい~!
 先日、早くも日本でお目見えしてホワイトアスパラのムース、ホワイトアスパラのヴィネグレットソースを頂きました。
 まさに先取りしました。
 今日は、Yシェフのお店でオレゴン州のワイン会です。
 オレゴンのワインも中々いいらしいですよ~!パリでも購入できるのでしょうか?
 いつもおいしいブログ、ごちそうさまです。

投稿: ゆかりん | 2007年2月20日 (火) 17時30分

野生のアスパラガス、高いのですが、パリでもあるのですよ。
でも、スペインで食べたのが、本当の野生のアスパラだと思います。

投稿: farafel | 2007年2月22日 (木) 08時17分

店番さん、こんにちは。

夏のマラガ・・・。
暑そうですが、それでも楽しいのですね。
ポルトフィーノはどのような場所なのでしょう。
地中海沿い、まだまだ、未開拓の場所がたくさんです。

投稿: farafel | 2007年2月22日 (木) 08時20分

ゆかりんさん、こんにちは。

Yシェフのお店で、ワイン会!
懐かしいですね。うらやましいです。
それにしても、オレゴン州のワインとは。
日本では有名なのですか?
いただいたことがありません。

投稿: farafel | 2007年2月22日 (木) 08時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/13981267

この記事へのトラックバック一覧です: アンダルシア 冬の旅  ⑧マラガのGORKI:

« パエーリャ@Le Fogon | トップページ | こんなの見つけました »