« あけましておめでとうございます | トップページ | アンダルシア 冬の旅  ②リュウジのセヴィーリャ »

2007年1月 3日 (水)

アンダルシア 冬の旅  ①タパス!タパス!タパス!

                                                         

 スペイン南部、北アフリカに近接するアンダルシア地方を旅した。

Img_4004_1

 太陽、闘牛、フラメンコ・・・。いわゆる”スペイン”のイメージ、そのままの風景を眺めながら、車でゆっくり走る旅。

                                                         

 
 マラガ→セヴィーリャ→ウエルバ→ロンダ→グラナダ→マラガ
ホテルを取っただけで、予定らしき予定もない。
 遅めの朝食を取った後、のんびりお昼ぐらいに次の街へ向かう。15時くらいに到着したら、ホテルの人に教えてもらったタパスのおいしい店に直行――を繰り返した。

Img_3912_1                                                         

 スペインの時間軸は、日本のそれと2、3時間ずれている感じ。
 ホテルの朝食は12時まで、レストランの昼のサービスも16~17時までやって、夜の営業が始まるのは20時半~21時くらいか。
 バルだと簡単なものなら、いつでも食べられる。

                                                         
 
 席に着いたら、まず、セルヴェッサ(ビール)を注文。「とりあえず、ビール!」の習慣が復活だ。Img_3917_1

                                                         

 生ハムボカディーリョと呼ばれる小さなサンドイッチ、トルティーリャポテトサラダパエーリャアンチョビ・・・。
 注文すると、次々にちょこちょことした小皿がテーブルに運ばれてくる。
Img_3943 小さなフォークを伸ばして、各々がお皿を突付く。お願いしないと、取り皿をくれない店もあり、日本の居酒屋よりさらにカジュアルだ。
 一人一皿を食べ、シェアがタブーなフランス流とは違う、気取らない、ざっくばらんな作法。
 これだけで、かなり幸せ。
 

 
P1090989_1_1 バルだと、テーブル席が少ない店も多く、立ち飲み、立ち食いする人でごった返している。
 かなり高齢の方から、ベビーカーに乗せられた赤ちゃんまで。
 よく食べ、よく飲み、そして、実によく喋る。よくもそんなに話すことがあるものだ、と感心するほど話し込んでいる。

                                                         

Img_3947

 彼らを眺めているうちに、常々抱いていた素朴な疑問を解決するヒントがひらめいた。
 「スペイン人には、なぜ、ハスキー・ヴォイスが多いのか」。友人のマリアも、セルジオも、カタリナも、そしてスター・アカデミーに出ていたギャエル(スペイン系フランス人?)もハスキー・ヴォイスだ。

 私なりの推測はもちろん、”先祖代々、よく喋るから???”。(←冗談です)

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | アンダルシア 冬の旅  ②リュウジのセヴィーリャ »

スペイン」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。今年も楽しく、そしてためになって美味しいお話 楽しみにしております。

南スペインでのお正月 いいですねぇ 

まさに そのエリア!(マラガ→グラナダ→コルドバ→セビル)私たちが今年の9月にうろうろしていた場所なのでどんなお話が出てくるか、 と~っても興味しんしんです。
スペイン語がわからない私と主人はちょっぴり苦労いたしましたが、カタコトでオーダーしてもニコニコと聞いてくれる バールのおっさん達とのやりとりとても楽しかったです。
美味しいハムも沢山いただきました。 思わず 意味もなくひずめ付のハムをはさむ台にひかれた私 (~_~;) まったくそんなハム。。。ハワイには存在しないのに買ってどーするの!! なのに。・・・

しっかしスペインの皆さんは宵っ張り・・アメリカの食事時間からすると軽く 4時間は遅くスタートするディナーとか しばらく なれるまで大変でした。

もともと興味があったイスラム建築、そして人の良さ 物価の安さですっかり南スペインファンです。また行きたいぐらい! 


その中でも特にマラガの人たち マラゲーニョ でしたっけ?の人たちの親切さは格別でした。町自体もこじんまりとしていて、動きやすかったし、パリにはおよばないですが、建物自体が一見の価値ありのピカソ美術館も訪れました。

街中の道の複雑さと、現在南スペインのメインな都市はどこも大工事中!!!というわけで到着後にオリジナルプランのレンタカーをあきらめ バスに変更した私たちです。よって 泣く泣く ロンダを諦めたので レポート楽しみにしています。
では今年もよろしくお願いいたします

投稿: Mocha et Latte | 2007年1月 4日 (木) 10時05分

farafelさん、今年もどうぞよろしくお願いします!
さて!実は今、一番気になっている&行きたい国、スペイン。この国にはイルンに半日滞在しただけなので、ほとんど未踏の地なのです。
お正月をバルで過ごせるなんてうらやましい!まさに垂涎(新年早々やや下品ですみません)です。続報にも期待しております。

投稿: shin | 2007年1月 4日 (木) 21時50分

う、うらやましいですー。
2年前の新婚旅行でアンダルシアへ自分も行きました。コルドバ、セビージャ、グラナダ。どこも楽しく美味しく最高だったですねー。
で、おっしゃる通り、バルはいいですよね。手軽に入れて、美味しくて、言葉が話せなくてもなんとか指差して注文できて。(カタコトで必死に話すのも楽しいですが。ニコニコと笑って聞いてくれるので。)

ああ、blogを読んでいるだけでまた行きたくなってしまいましたー!続きを楽しみにしております。

投稿: とろっと | 2007年1月 5日 (金) 11時07分

Mocha et Latteさん、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

南スペインへ行かれたのですね。
本当にやさしい人情に触れた旅でした。
遅ればせながら、スペインに目覚めた私です。

ゆっくりペースですが、旅行記をまとめていきます。
お時間のあるときに、読んでいただければ。
もちろん、ロンダも書きますね。

投稿: farafel | 2007年1月 6日 (土) 07時53分

shinさん、こんにちは。
今年もよろしくお願いします。

本当に、スペイン、いいですね!
3回目ですが、今回、マジにその魅力に目覚めました。
はまりそうです。

お互い、スペイン語の勉強に転向しませんか~?

投稿: farafel | 2007年1月 6日 (土) 07時55分

とろっとさん、こんにちは。

新婚旅行でアンダルシア!
なんと素敵なのでしょう。

食べ物はおいしいし、街はエキゾチックだし。
私もまた行きたいです!

投稿: farafel | 2007年1月 6日 (土) 07時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/13324665

この記事へのトラックバック一覧です: アンダルシア 冬の旅  ①タパス!タパス!タパス!:

« あけましておめでとうございます | トップページ | アンダルシア 冬の旅  ②リュウジのセヴィーリャ »