« お料理教室便利帖 | トップページ | 僕らが旅に出る理由  ③デンマークのパン、Hørfrørugbrød »

2006年12月 3日 (日)

試食天国!@C'EST BYZANCE

P1090418

                                                                               

 Bellota-Bellotaでチラシをいただき、系列店でのオープンハウス"Rendez-vous Goumands"開催を知る。ハモン・イベリコ好きとしては、行かなければ!

 場所はパリ近郊ブーローニュ市(といってもちょっと出ただけで、ほとんどパリ)にある店、C'EST BYZANCE。車で通るたびに、気になっていたので、ちょうど良かった。
 
 一見、倉庫のような外観だが、中は店舗になっており、レストランもある。Bellota-Bellotaと同じだ。

 11月30日に始まったこのイベントは、17回目。同店で販売するほとんどの商品が試食できる。                                                                           

 「ボンジュール! まずはガチョウのフォアグラから、いかがですか? アルザス産です」。
 試食のお皿を渡され、「パンもどうぞ」と勧められる。口に運ぶと、甘口のワインのグラスも渡され。

P1090411  食べ終わると、隣のソーセージ・コーナーのお兄さんがロモチョリソーなど数種盛り合わせを手渡してくれた。
 ベルト・コンベヤーのように、ズルズルと進むと、骨付きハム担 当のお姉さんがバターを勧めてくれた。もちろん、ボルディエだ。大きな塊からナイフで取る。クリーミーな味わいは、やはり、美味。

                                                                               

Hohoniku こんな調子で、スモークサーモン、コクのあるクレーIkuraム・フレッシュを添えたイクラブリニイベリコ豚のほほ肉の煮込み、アンチョビ赤ピーマンのマリネ、ニンニクの酢漬け、ジャム、ワイン、マンチェゴ・チーズ、チョコレートなど、スペイン産を中心に同店が選んだ”おいしい商品”の試食三昧。

                                                                                

 もちろん、肝心のハモン・イベリコも。
 その道のプロと思われる(たぶん)スペイン系の方が、ハモネロに固定した骨付きハムから切り出してくださった。Bellota_1

 
 
 パリで、これほど試食ができる機会は、そうない。久々のデパ地下気分に大満足。意地汚く、あれも、これもと試食しているうちに、恥ずかしい話だが、ちょっとした”お昼ごはん”になってしまった。

                                                                               

 いろいろと買いたくなり、困ったが、イクラと、クリスマス・ディナー用に”金粉の瓶詰め”を購入した。
  クリスマスの買い物も、そろそろ始めなければ・・・。

 楽しいイベントは、明日、3日夜7時までですよ、奥様!

 ○C'EST BYZANCEP1090428
    27,rue Yves Kermen
    92100 Boulogne
    TEL:01 46 09 00 01
    metro:Marcel Sembat

|

« お料理教室便利帖 | トップページ | 僕らが旅に出る理由  ③デンマークのパン、Hørfrørugbrød »

ニュース」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。Kellyと申します。
こちらのブログいつもたのしく拝見させていただいてます。
先日パリに行ったのですが、こちらの情報を参考にお店をさがしてみました。
これからも楽しみにしています!

投稿: kelly | 2006年12月 3日 (日) 22時33分

kellyさん、こんにちは。
はじめまして。

拙ブログを参考にしていただいとのこと。
光栄です。
少しはお役に立てたのでしょうか? もしそうだったらウレシイです。
マイペースではありますが、おいしいものネタ、がんばって探します。
これからもよろしくお願いします。

投稿: farafel | 2006年12月 4日 (月) 08時30分

ふぁらふぇるさん

ぜえぜえ、昨日は二日酔いで
試食天国に行けませんでしたあああ。
「フォアグラが私を待っている・・・」と
私の理性は私に呼びかけるのですが、
「ソーテルヌと一緒に・・・」と思い浮かべると、
肝臓くんは、断固それを拒否し、
体はいっそうけだるい混沌の世界へ沈みこむ・・・・。
と、大変詩的な午後を過ごしました。

投稿: はなもげら | 2006年12月 4日 (月) 17時24分

Kelly です。

参考というより、もうバイブルでした。
掲載されている写真も、文章も素敵ですね!
来年からは長期でParisなのでますます楽しみに拝見させていただきます!

投稿: kelly | 2006年12月 4日 (月) 21時58分

はなもげらさん、こんにちは。

二日酔いからリカバリーされましたか?

自慢していいでしょうか?
私、パリに来て、ほとんど二日酔いしたことがありません!
数えられるほどです。すごいでしょ!
ちなみに、
一番ひどかったのは、今年の新年会@chezはなもげらさんです。
あまりにひどくて、詩的な午後にもなりませんでしたよ。

投稿: farafel | 2006年12月 8日 (金) 08時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/12911538

この記事へのトラックバック一覧です: 試食天国!@C'EST BYZANCE:

« お料理教室便利帖 | トップページ | 僕らが旅に出る理由  ③デンマークのパン、Hørfrørugbrød »