« ケ・ブランリーにお越しの際は  -Les Deux Abeilles- | トップページ | 僕らが旅に出る理由 ②フェルベールさんちのクリスマス »

2006年11月21日 (火)

リヨンとその周辺  ⑥ブション

Img_2168  リヨンと言えば、ブション(bouchon)

 ミシュランによると、ブションとは、典型的なリヨン風な雰囲気のなか、地元料理とワインを食べられる店とあり、同誌ではLes Bouchonの欄を設け、6軒のブションを紹介している。

                                                                                           

 Img_2174
 幅の狭い大理石のテーブル、"pot"と呼ばれる上げ底瓶入りのワイン、ソーセージやクネルといった地元の料理、そして何より、その庶民的な雰囲気。食べることが好きな人なら、リヨン滞在中に1度は行ってみたいと、ブションに足を運ぶ。
 あまりにも名物になりすぎ、偽者ブションが乱立したため、近年では"Authentique Bouchon Lyonnais"という、ブションの定義に基づいた認定マークまであるという。(参考記事http://www.bisoupfj.com/html/ville/v_colum_lyon.html

                                                                                           

 滞在中、2回、ブションへ。予約をしていなかったので、ミシュラン掲載の店は入れなかった。

 1軒目は、アルメニア人記念碑近くの、ツーリスティックなエリアにあるブション(レストランの名前は忘れました)。

P1080982 奥行きのある店内。テーブル幅が狭く、頭上に電車の網棚状の荷物置き場がある。テーブルは大理石が埋め込まれている。

 アントレ、プラを一品ずつ選ぶムニュを選んだ。
 
 アントレに、リヨン風前菜の盛り合わせを。ニシンの酢漬け、豆、ジャガイモのサラダなど。

P1080993  プラには名物料理の一つ、タブリエ・ド・サプール(tabliers de sapeur)を。煮た牛の胃袋にパン粉をつけ、焼いた(揚げた?)ものだ。ほとんどクセがないので、内臓系に抵抗がなければ、おいしく食べられる一品。

                                                                                           

 2軒目は、有名どころにフラれ、空席があったChez Paulへ。

 赤いギンガムチェックのクロス。壁中に古い写真がところ狭しと飾られ、なんだかいい雰囲気だ。リヨン名物の人形劇ギニョール(Guignol)の絵がついた"Authentique Bouchon Lyonnais"マークが飾られている。おお、本物だ。

P1090129_1 ここではアントレに、いくつかボウルが運ばれてきた。
 好きなだけ、取って食べていいらしい。
 
 プラにテット・デ・ヴォー(Tete de Veau/仔牛の頭料理)を注文した。やわらかく煮込まれ、プルプルになった頭肉は、コラーゲンたっぷり。ソース・ラヴィゴットの酸味とぴったり。全部食べてしまった。

                                                                                           
 
P1090135 デザートも、ボウルに入ったイル・フロッタンをセルフ・サービス。最後の客だからか、ボウルの中身も残り少ない。なんだか愉快。

 店のマダムがとても感じ良く、庶民的というより、家庭的。フランス人のおばあちゃんの家でごはんをいただいているような。

                                                                                          

P1080984 ○Chez Paul
  11 rue du Major-Martin
    69001 LYON
    TEL&FAX:04 78 28 35 83
    http://www.chezpaul.fr/

 ※残さずぺロリの図。「もう食べられない!」といいながら、”完食”すると、お皿にこんな絵が。いたって普通の料理なのに、大食漢になってしまうのも、リヨンならでは。

|

« ケ・ブランリーにお越しの際は  -Les Deux Abeilles- | トップページ | 僕らが旅に出る理由 ②フェルベールさんちのクリスマス »

リヨン」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
「ブション」という言葉を初めて聞きました。
こういう雰囲気のお店をいうのですね。
今すぐ旅に出たくなる、旅の醍醐味が詰まっていそうなお店でもあるのですね。

リンク許可ありがとうございます。
私のblogにも来て頂いたなんて。。お恥ずかしい限りです。
素敵な記事を楽しみにしています!これからも宜しくお願い致します♪

投稿: kitten_chocolat | 2006年11月21日 (火) 11時38分

出張でParisに行くことになりました。市内にもリヨン風の美味しい店あるんでしょうか?教えてください。リヨン以外でもかまいません。Parisに来たならここに行くべき、というところって・・・?

投稿: T | 2006年11月22日 (水) 01時46分

kitten_chocolatさん、こんにちは。

フランスにいると慣れてしまい、ありがたみが減りますが、確かに、ブションは日本にはない感じのフレンチのお店ですよね。

雰囲気は、おばちゃんのやっている定食屋さんって感じですが。日本のそれが焼き魚、煮魚中心だとすると、ブションは肉中心!

投稿: farafel | 2006年11月22日 (水) 08時39分

Tさん、こんにちは。
はじめまして。

出張でパリ。いいですね。

パリの地方料理レストランは、詳しくないのです。
一カ所行ったことがあるのは、A.デュカス系列のリヨン料理の店、Aux Lyonnaisです。

雰囲気はそれほど庶民的ではありませんが、デュカス系としては庶民的かもしれません。
過去記事を参考にしていただければ。
http://farafel.cocolog-nifty.com/escargot/2005/11/auxlyonnais_3fa5.html

投稿: farafel | 2006年11月22日 (水) 08時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/12765687

この記事へのトラックバック一覧です: リヨンとその周辺  ⑥ブション:

« ケ・ブランリーにお越しの際は  -Les Deux Abeilles- | トップページ | 僕らが旅に出る理由 ②フェルベールさんちのクリスマス »