« リヨンとその周辺  ⑤クペとカリューと、ジュニーニョと。 | トップページ | ケ・ブランリーにお越しの際は  -Les Deux Abeilles- »

2006年11月16日 (木)

キュビズム・コレクション -La Maison du Chocolat-

                                                                                      Img_2528_1            
  

 チョコレート屋さんは数あれど。
 王道はやはり、メゾン・デュ・ショコラだろう。 

 「ガナッシュの魔術師」と称されるロベール・ランクス氏のもと、厳選した素材を使い、職人によって丁寧に手作りされるチョコレートは、宝石のよう。

 店では、ジュエリーを試着するように、「お味見、いかがですか?」と勧めてくださる。小さなトングでつままれたチョコレートを大切に味わいながら、つかの間のリュクスな雰囲気を楽しむ。

                                                                                                 
 

 私の中ではメゾン・デュ・ショコラは、”エルメス”のイメージ。
 職人気質で、ロングセラーの定番商品があり、少しクラシックで、そして高価。

P10809161  先日開かれたサロン・デュ・ショコラのファッションショーでは女優、Christine Cittiがメゾン・デュ・ショコラのドレスを着用。傘をさし、犬を連れ、キュートな感じでランウエイを歩いていた。2006年冬のテーマ、キュビズムを表現したユニークなものだったが、色合いやちょっとしたディテールに、どことなく”エルメスちっく”な雰囲気が。

 捨てるには忍びない、あの立派な箱もエルメスっぽい・・・と思っていたら! 愛読しているTRIPPA通信によると、本当にエルメスと同じアトリエで作られているらしい。

 その2006年冬のキュビズム・コレクションImg_2530_1 のパッケージ。定番の茶色に、赤をあわせたパッケージが素敵だ。
 パタンと開ける蓋には磁石がついて、宝石箱のようだ。またまた、捨てられない!

 その前に、食べるのがもったいなくて、困る。
 解説の紙を眺めながら、チビチビいただくことにしよう。なにしろ、エルメス(と同じ箱)ですから!

 ○La Maison du Chocolat
    http://www.lamaisonduchocolat.com/fr/mdcs/

 ○TRIPPA通信
  http://trippa.cocolog-nifty.com/trippa/
  TRIPPA通信+1のPatisserie from Parisにメゾン・デュ・ショコラ特集が。
 

Img_1852 ※無理やり、他の有名ショコラティエのイメージをファッションブランドに当てはめてみると・・・。(個人的見解ですのでご了承ください)
 
 J.P.エヴァン=GUCCI 都会的で、チョイ悪(←死語?)な雰囲気で、なんとなく。
 P・マルコリーニ=PRADA シックななかに遊び心のあるチョコレートが、雰囲気。ガーリーな感じも。

 クリスチャン・コンスタンはなんだろう? 知る人ぞ知る、通好みの逸品ブランドというところ。

 

|

« リヨンとその周辺  ⑤クペとカリューと、ジュニーニョと。 | トップページ | ケ・ブランリーにお越しの際は  -Les Deux Abeilles- »

chocolat」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

ふぁらふぇるさん、ども♪
パリに来てショコラに目覚めたクチです。
おいちいね。
メドン・デュ・ショコラのものになると、
もう、「チョコ」というよりは、
「ショコラ様」という感じ。
とてもじゃないけど、呼び捨てできません。

友人のだんな様、
英語はできるけど仏語はからっきしダメな彼は、
このお店で
「あん ちょこら シルヴプレ」とやって、
友人に張りとばされてました。

投稿: はなもげら | 2006年11月17日 (金) 17時46分

La Maison du Chocolatのオレンジっぽい茶色がエルメスのイメージですよね。
お洒落で品のいい感じと、何よりもそのお値段が!

来週末にパリに遊びに行く予定なので、ふぁらふぇるさんのお薦めのレストラン/ビストロから吟味してディナーをしたいと思っています。
ブログを最初から読み直して、記事の質の高さ(写真の上手さ!)に改めて感動しています。
これからもセンスのいいパリ情報を楽しみにしてます☆

投稿: ななママ | 2006年11月17日 (金) 20時55分

はなもげらさん、こんにちは。

ショコラ様には、日本で苦い思い出が。

仕事先で、J.P.エヴァンをいただき、「溶けたらいけない」と会社の冷蔵庫に入れ、再び外出したところ・・・。もうおわかりですね。
「チョコレート」と「ショコラ」の違いもわからない、職場の”あん ちょこら”野郎たちに、バクバクと食べられてしまい、空き箱だけが転がっていました。

コーヒー片手に一息入れようとしていた矢先でした・・・。もう4年近く前の話ですが・・・。

投稿: farafel | 2006年11月21日 (火) 07時17分

ななママさん、こんにちは。

本当に高いですよね。
でも日本で買うより、安いのでしょうか? たぶん?

パリ行きが近づきましたね。
おいしい思い出ができますように。お役に立つといいのですが。

楽しいご旅行を。

投稿: farafel | 2006年11月21日 (火) 07時21分

 初めまして。 アムスに住んでもうすぐ丸3年になります。 フランスが大好きで(特に田舎町)、検索しているうちにたどり着きました。
 それ以来、お気に入りに登録して時々お邪魔させていただいています。
 ここは食生活には全くと言ってよいほど恵まれていないので、タリスでちょっと出かけたパリは天国です。
 メゾンドショコラのマカロンも色がシックで美味しいですよね。 虜になってます。 チョコレート色のグラデュエーションにやられました。 他のお店のも頂きましたが、こちらのが大好きです。

 いつも(と言っても二度ほど)買いに行くと、丁寧な日本語で応対していただけました。 私はフランス語は全くわかりませんが、そういう時は、こちらも丁寧な日本語でお願いした方が良いと思い、終始日本語で通しました。 三越の前と言う場所柄もあるのでしょうか。 

 

投稿: アムスッ子 | 2006年11月26日 (日) 01時16分

アムスッ子さん、こんにちは。
はじめまして。

アムステルダム、行ったことがないのです。
一度は行きたいと思っているのですが。

最近、オランダ人の友人から、クリスマス前に楽しいいたずらのプレゼント交換をすると聞きました。お金がかからず、楽しいイベントのようですね。ご存知ですか?


マドレーヌ近くのメゾン・ド・ショコラは、日本人スタッフの方もいらっしゃると思います。英語や仏語より、やはり日本語で説明していただくと、安心しませんか?

投稿: farafel | 2006年11月27日 (月) 07時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/12705611

この記事へのトラックバック一覧です: キュビズム・コレクション -La Maison du Chocolat-:

« リヨンとその周辺  ⑤クペとカリューと、ジュニーニョと。 | トップページ | ケ・ブランリーにお越しの際は  -Les Deux Abeilles- »