« ポティマロンのスープ。 | トップページ | 世界最高峰の生ハムを食す。 -Bellota-Bellota- »

2006年10月 7日 (土)

ケビンの勝負ディナー -マカロニ&チーズ-

 ひさびさに、『ホーム・アローン』(1990年・米)を観ていたら、マカロニ&チーズが無性に食べたくなった。

Img_1298  2人組の泥棒(J・ペシ、D・スターン)が家に押し入るのを知って、待ち受けるケビン(M・カルキン)が戦闘開始前の夕食に準備するのが、マカロニ&チーズ。

 茹でたマカロニにバター、牛乳、オレンジ色の粉末チーズソースを混ぜたインスタント食品。ジャンクっぷりがクセになり、日本でもたまに食べていたが、フランスでも食べたくなるとは!

 
 米国食材も販売するカフェ、McCOY CAFEへ。食材だけを扱う分店、Real Mc Coyも近くにある。

 小さなスペースだが、ポール・ニューマンのドレッシング、JELL-O、Bubblicious、オーシャン・スプレーのクランベリージュース、ポップコーンなど、いわゆる”アメリカン”な食材が売られている。(未確認だが、ストア・カードによると、フィラデルフィアのクリームチーズもあるそうだ)

 食べたことはないが、イート・インのスペースではハンバーガーホットドッグなども食べられる。

 店内は狭い。米国人らしき若者たちが雑談する中を通り過ぎ、食品の棚に目を走らせる。
 
 あった。

 マカロニ&チーズを一箱、カウンターに置く。雑談が止まったので、皆が見ている気がする。代金を払い、そそくさと外に出た。

 4.5ユーロ。高すぎる。日本だと200円しなかったような。しかもKRAFT社製でもないのに。

Img_1306 「あのアジア人、マカロニ&チーズだけ買いに来たなんて。きっと中毒よ!」と後ろ指を差されている気がしたのは、ジャンク・フード好きの罪悪感からか?

 ヘルシー志向の人が多い昨今、ジャンク・フード好きは愛煙家並みに肩身が狭い・・・。

 でも、ひさしぶりに食べると、やはり、おいしかった。

 
 ○McCOY CAFE
  
49,avenue Bosquet
    75007 Paris
    TEL:01 45 56 00 00
    metro:Ecole Militaire 
 (食材部門の分店、Real Mc COYはrue de Grenelle) 

 ※ケビンが作ったマカロニ&チーズはレンジで温める商品。これは食べたことがない。どちらがおいしいのだろうか? 最近はスポンジ・ボブのヴァージョンがあるのですね。欲しい・・・。

|

« ポティマロンのスープ。 | トップページ | 世界最高峰の生ハムを食す。 -Bellota-Bellota- »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私はハワイに住んでいるまゆみです。
いつも楽しくというかよだれもので見せていただいています。
私はその昔(20年近く前ですが・・・)コルドンブルーパリ校で学びました。
 その後日本で料理教室をしていたのですが、今年主人の仕事の都合でハワイに住むことになりました。しょうがな・・・。(何しろアメリカ系の食べ物が嫌いなので)
 で、パリに住んでいる人のブログを見て「食べたーい!!」とよだれをたらしています。トホホ
2006年1月より前のはどのように見るのですか?

投稿: ハワイのまゆみ | 2006年10月 7日 (土) 12時38分

ふぁらふぇるさん

ケビンと聞いて、
つい、私の大好きなケビン3兄弟
(ケビン・コスナー、ケビン・ベーコン、
ケビン・スペイシー)と思い込み、
「はて、ケビンたちはマカロニを食ってたか?」と
真剣に考えること3秒、でした。
ジャンク・フード、よいですね。
あの、脳髄をガツンと叩いちゃうような、
ウサンクサイ臭いと味が、
たまらんですね。
フランスでは、おもろいジャンクフード、
見つけましたか。

投稿: はなもげら | 2006年10月 7日 (土) 18時01分

美味しい香りに誘われてこちらまでやってきてしまいました♪
はじめまして!marmotteと申します。
夫がフランス人ということもあって、まずはその食文化から少しでも
いろんなことを吸収できたらいいなと思ってたところなんですよ。
今日、はじめて拝見させていただいたばかりなんですが、
私の好奇心と食欲をとっても刺激されてしまいました。
(わくわくしますね~☆)
次回の更新を楽しみにしています~!

投稿: marmotte | 2006年10月 7日 (土) 19時58分

マカロニ&チーズ、最近のアメリカの「古風な物がブームになる」風潮からか(ご存知のように今さらながらというかカップケーキ屋が全米で大ブームで・・)
なんとNYにはマカロニ&チーズの専門カフェも現れましたのですよ~。
(ご存知だったらゴメンナサイ)
http://www.smacnyc.com/home.html
普通のチェダーはもちろん、マンチェゴやら、ゴート、モツァレラなどを使ったマカロニ&チーズ、ちょっと興味ありで、今度いってみようかな?と思ってます(笑)

投稿: コトリ | 2006年10月 8日 (日) 03時33分

ハワイのまゆみさま、こんにちは。
はじめまして。

コルドンの先輩なのですね!
お料理教室をなさっていらっしゃるなんて、素晴らしいですね。
しかも、私の大好きなハワイにお住まいとは。
いやはや、こちらのほうがヨダレものです。

過去記事は、「バックナンバー」と書かれた文字をクリックしていただくと、お読みいただけると思います。

これからもよろしくお願いいたします。

投稿: farafel | 2006年10月 9日 (月) 06時58分

はなもげらさん、こんにちは。

そうなのですか。ケビン好きとは存じ上げませんでした。
コスナーは嫌いですが、あとの2人はかなりラブです。相当、入れ込んだクチです(何を?)。
そうとわかれば、次回はケビン2兄弟談義で盛り上がりそうですね。

フランスのジャンク・フード。考えておきます。

投稿: farafel | 2006年10月 9日 (月) 07時01分

marmotteさま、こんにちは。
はじめまして。

拙ブログ、お読みいただき、光栄です。

ご主人様がフランス人でらっしゃるのですね。
フランス社会に溶け込むわけでもなく、ただ、ダラダラと暮らしている身からすると、うらやましいです。
生きたフランスの食文化に触れられるわけですから。

こちらこそ、いろいろ教えていただきたいです。
よろしくお願いいたします。

投稿: farafel | 2006年10月 9日 (月) 07時04分

コトリさん、こんにちは。

すごい!
おもしろい情報をありがとうございます。

これはこれで、かなり胸に響きました。
鉄のフライパンに盛られているのが、いいですね。洋食っぽくて。

カップケーキもブームなのですか! 知りませんでした。

投稿: farafel | 2006年10月 9日 (月) 07時05分

読んでいるうちにマカロニ&チーズが食べたくなり、パリのアメリカ食材店を検索してみました。マレにはThanksgivingというお店もあるのですね。品揃えはどうなんでしょう。
Kraft社のSponge Bobバージョン、私もほしいです・・・探してみようっと。

投稿: hare | 2006年10月14日 (土) 02時28分

hareさん、こんにちは。

マレにもアメリカンな食材店があるのですね。
私の近所も多いですが、あのあたりも、米国人が多いですよね。

米国人と日本人、パリ好きの数はどっこいどっこいでしょうか。

投稿: farafel | 2006年10月15日 (日) 11時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/12181006

この記事へのトラックバック一覧です: ケビンの勝負ディナー -マカロニ&チーズ-:

« ポティマロンのスープ。 | トップページ | 世界最高峰の生ハムを食す。 -Bellota-Bellota- »