« 星付きシェフ御用達の野菜 -Joël Thiébault- | トップページ | シーザーサラダの作り方 »

2006年10月23日 (月)

これからも歩くのだ

 秋晴れの日曜日。
 運動会の日の朝を思わせる、澄んだ空気が気持ちいい。

P1080718_1  散歩がてら、英語の書店、WHSmithへ。ここは年中無休。

 セーヌ川沿いを歩く。封鎖され、歩行者天国になった道路は、散歩する人、自転車、ローラーブレードの人で賑やかだ。日曜日は必ず歩行者天国なのだろうか。いつも車で通りすぎていたから、今のアパートに引っ越すまで知らなかった。

 書店でお目当ての本を買い、料理本コーナーで立ち読みをした後、再び、散歩を続ける。ムーリスのレストランのメニュを眺め、リボリ通りを進む。

 
P1080763_1  行列が目に入る。リボリ通りの行列のできる店、と言えば、ANGELINA

 いつもその行列を眺めるだけで、一度も行ったことがない。知人のフランス人が、「すごい種類のケーキがあるのよ!」と強力に勧めてくれたので、興味はあるのだが。秋だ。モンブランがさぞ、おいしのだろう・・・が、行列は苦手。今日もパス!

 
                                                                
                                                               

 通りを渡り、チュイルリー公園へ。
 
 いつの間に出来たのだろう、ショッキングピンクのコンテナを支える相撲取りのオブジェ?が設置されている。P1080779

 笑いながら足を止める大人たち、つるつる滑りながらも、嬉しそうにお尻によじ登る子ども達。そして嬉々として写真を撮るのが私。パリはベタな観光客のふりをして、どこでも堂々と写真が撮れる、観光客&写真天国

 コンコルド広場からAssemblee Nationale(ブルボン宮殿/仏国民議会議事堂)の脇を抜ける。トリコロールカラーのグッズを販売するブティックがあり、意外にかわいく、心惹かれた。おフランス好きの方、必見かも。

 議事堂の裏のブルボン広場のブラッスリー兼カフェのP1080799 ブラッスリー・ブルボンで休憩。いかにも7区っぽい、シックでインテリな感じの客に混じり、道路にせり出したテラスでコーヒーを飲んだ。

 ブルゴーニュ通りに足を伸ばすと、雰囲気の良さそうなレストランをいくつか見つけた。今度、来よう、とメモ代わりにデジカメでパチリ。

 パリは、断然、歩く街。私の場合、スニーカーでガンガン歩くので、パンプスはほとんど出番がなくなってしまった。

 アンヴァリッドに差しかかると、ローラーブレードを背中に背負ったカップルが歩いていた。いつの間にか、日も暮れかけている。
 日曜日はもうオシマイ。

 今週もがんばりましょう。

 ○WHSmith
    248,rue de Rivoli
    75001 Paris
    TEL:01 44 77 88 99

  ○ANGELINAP1080793
    226, Rue de Rivoli
   75001 Paris  Plan d'accès
    TEL:01 42 60 82 00
    FAX:01 42 86 98 97

 ○Brasserie Bourbon
  1, place du Palais Bourbon
  75007 Paris
  TEL:01 45 51 06 25

 ※歩行者天国のせいだけではないのだろうが・・・。
    日曜日、レプブリック方面へのセーヌ川沿いの道路はかなり混んでいる。やっぱり歩きがいいですね。

|

« 星付きシェフ御用達の野菜 -Joël Thiébault- | トップページ | シーザーサラダの作り方 »

レストラン情報」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

 わぁ~、秋晴れの日に歩くのは気持ちいいですよねぇ。
 私もちょうど2週間前に行っていたかと思うと夢のようです。
 セーヌ川を越えてチュイルリー公園からコンコルド広場へと歩きました。
 お相撲さんのオブジェは、私が行った時にはなかったような気がします。日本人が手がけたのかな?最近、お相撲も人気がなくなってきたので村起こしではなく外国で日本起こしかな?!

投稿: ゆかりん | 2006年10月23日 (月) 15時56分

ふぁらふぇるさん
私もね、昨日はあまり気持ちよくて、
息子とアンヴァリッドまでマラソン(10年ぶりくらいじゃー)、
その後、la motte piquet grenelleまで歩き、
マックの昼ごはんを食べた後、
モトピケのマルシェをテクテク歩き、
いったんは電車で家の近くまで帰った後、
「公園に行きたいなー」という息子につきあい、
Vaugirard近くの公園まで再びテクテク。
帰りはさすがに疲れたよー。
でも息子は「全然疲れてない~♪」と、
家まで走ってました。
・・・もう体力では息子に、とうに追い越されてる、
厳しい現実でございます。
今日は曇り、
だんだん冬の天気に近づいてきましたね。

投稿: はなもげら | 2006年10月23日 (月) 16時24分

ふぁらふぇるさん

お久しぶりです。
最近さむくなってきたので、鴨せいろにつづいて、鴨鍋しました。なるほど・・・鴨の油でねぎをサッと炒めるとむっちゃおいしかったです。脂とねぎの甘みが合体ですね。
イベリコ店
詳しい住所はわかりませんが、
rue cl.marot ??
Hotel Franklin D.Roosevei(r?)tの向かい側あたりです
[JABUGO IBERICO&CO]
なくなっていたらごめんなさい。
p.s.ここミュンヘンでラデュレのマカロン発見しました。一個2,20euroです・・・

投稿: めひつじ | 2006年10月23日 (月) 19時54分

相撲取りのオブジェ、すごいですね、笑いをとるなんてユーモラスなお顔なのかしら・・

旅行が思い出されてうれしい記事でした。

セーヌの河岸にホームレスがいたのを思い出しました。
日本より寒かったので、大丈夫でしょうか。

投稿: syabi* | 2006年10月24日 (火) 07時53分

ゆかりんさん、こんにちは。

ちょうど、私と反対のコースをたどられたのですね。

あの頃からたった2週間ですが、今日なんて、雨はふるわ、肌寒いわで、冬がやってくる気配を感じましたよ。

投稿: farafel | 2006年10月25日 (水) 06時25分

はなもげらさん、こんにちは。

いけません、そんな軟弱なことをおっしゃられては。
なんて、言ってみましたが、マラソンなんて、できません、私。きっと貧血を起こして倒れてしまうでしょう。
すばらしいです。
帰国まで、パリを走り倒してください。
伴走します(?)

投稿: farafel | 2006年10月25日 (水) 06時27分

めひつじさん、こんにちは。

イベリコ情報をありがとうございました!
おそらく、支店のひとつではないかと。
シャンゼリゼの裏にひっそりとある、穴場アドレスです。

鴨、気に入っていただき、うれしいです。

マカロンは大ですか? 大だと、そんな感じの値段だったような。

投稿: farafel | 2006年10月25日 (水) 06時29分

syabi* さん、こんにちは。

なんとなく、違うんですよね。
髪型のせいなのかなー。日本人が作ったのじゃないような感じです。

川沿いのホームレスのテントが美観を損ねるとの苦情を受け、急遽、彼らの受け入れ施設を計画しているそうです。
あのテントは目立つけど、去年まではどうしていたのでしょう?

投稿: farafel | 2006年10月25日 (水) 06時31分

こんにちは。さっきネットで海外のニュースを読んでいたら出てましたよ、力士達が(笑)。なんでもスコットランド人のアーティストの作品だそうですよ。最近日本でも優勝したり強い力士はなぜか外国人、力士の作品も外国人によって作られる・・・。日本の国技はどうなっちゃうのでしょうかね。

投稿: kao | 2006年10月25日 (水) 19時52分

kaoさん、こんにちは。

スコットランドのアーティスト作なのですか。情報をいただき、ありがとうございます。
しかし、なぜ相撲? なぜチュイルリー?

投稿: farafel | 2006年10月26日 (木) 16時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/12387171

この記事へのトラックバック一覧です: これからも歩くのだ:

» 相撲とコンテナ [活字中毒者の小冒険2:気まぐれ書評で本の海を漂う]
パリに新しいオブジェができている。 結構話題のようだ。 それがなんと、「相撲取りがコンテナを持っている」オブジェだ。 [続きを読む]

受信: 2006年10月29日 (日) 01時26分

« 星付きシェフ御用達の野菜 -Joël Thiébault- | トップページ | シーザーサラダの作り方 »