« ジャガイモをつぶしながら・・・ | トップページ | 自分にご褒美@PETROSSIAN »

2006年10月17日 (火)

17区のジャム祭り

Img_1  週末、17区役所前の広場で開かれたジャム祭り、Confitures en folieを覗いた。

P1080603

 今年初めての試みらしい。
 フランスの地方のジャム職人が集結!とのことだったが、出店数も少なく、こじんまりしていた。

 
                                                            

 

 とはいえ、ずらりとジャムの瓶が並ぶ様は壮観。「味見してみて!」とプラスティックの棒を一握り渡さP10806071_1れ、思うままにジャムを舐めてみた。

 Pissenlit(タンポポ)Ortie(イラクサ)など、Saveurs Oubliees(忘れられた味)と名づけられた、個性派のジャムを販売する店も。

 
                                                            

 

Img_1580 結局、珍しくておいしかった緑のトマトガメイ・ワインぺッシュ・ド・ヴィーニュ(ブドウ畑の桃)を買った。

  添えられたパンフレットを読むと、ワインのジャムはチャツネの要領で肉料理に添えたり、肉を焼いた後のフライパンに加え、ソース作りに使ってもいいらしい。なるほど。パンに塗るだけでは、到底食べきれないと思っていたが、そういう方法もあるのだ。

Img_0614

 
                                                            

 

 皮を剥くと、真っ赤な果肉がでてくる桃、ぺッシュ・ド・ヴィーニュ(写真右)。アクが強くて、あまり好きではないが、ジャムになると、いい感じに変身するのを発見。どうやら、シロップ煮など、加熱するとおいしさを増す桃らしい。Img_0612

 リンゴやカリンの苗木も販売していたが、「育てて、収穫して、自前のジャムを!」ということなのだろうか。私には到底無理だ・・・。

|

« ジャガイモをつぶしながら・・・ | トップページ | 自分にご褒美@PETROSSIAN »

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

 こんにちは!
 ジャム祭りなんてあったのですね!
 いいな、いいなぁ~!
 私もパリ滞在が、もう少しあれば一緒に行きたかったです。
 でも、買い込んで帰りの荷物が多くなり大変なことになっていたかも・・・
 返って行かれなくてよかったのかもしれないです。 
 フェルベーヌさんのジャムを買ってきたので我慢します!

投稿: ゆかりん | 2006年10月18日 (水) 01時05分

ゆかりんさん、こんにちは。

いやいや、フェルベールさんのジャムは別格でしょう。
最近、食べていませんが。
妖精ですから。

投稿: farafel | 2006年10月18日 (水) 06時27分

私も行きましたよ~。15日午後。
小さなジャム市だったけど、
なんだか来てる人もお店の人ものーんびりしていて、
あれこれいっぱい試食もさせてもらって、
楽しい市場でしたね。
私は、オーソドックスに、
イチゴとアブリコとオレンジにしたのだけど、
迷って買わなかった「タマネギジャム」が
ちょっと心残りです。
次の機会はぜひ一緒に♪

投稿: はなもげら | 2006年10月18日 (水) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/12315114

この記事へのトラックバック一覧です: 17区のジャム祭り:

« ジャガイモをつぶしながら・・・ | トップページ | 自分にご褒美@PETROSSIAN »