« マデイラ旅行 ⑤マデイラ・ワインのこと | トップページ | かなりマジな祭り  Foire aux Vins »

2006年9月15日 (金)

山下農園の夜

 

Yamashita  友人に誘われ、「山下農園」”収穫祭の夕べ”に飛び入り参加させていただいた。

 山下農園は、パリ郊外のChapetという村で日本の野菜を栽培している山下さん夫妻の農家。ペンションでもある。

 内輪の会、と聞いたのにも関わらず、厚かましく参加したのは、友人が農園の野菜を絶賛していたから。

 畑で引っこ抜いたばかりのみずみずしいカブ。スが入っていない大振りのダイコン。フルーツのように甘いプチ・トマト・・・。
 冷凍じゃない、収穫したてのエダマメ。もう何年も食べていない・・・。水菜まであるらしい。

 滞在中の家族は、山下農園を取材した『ぽかぽか家族』というテレビ番組を観たという。
 ちょっと趣向の変わった旅の思い出になるかもしれない、と行くことにした。
 

 A13を降りた後、細い道を通り、農園に到着。
 貴族の狩猟用の別荘だった敷地を農園とペンションにしている。

 大きなテーブルにはエダマメの山が準備されていた。感激していると、次々に料理が運ばれてきた。

 感激のおでん。直径10数㎝はありそうな大ぶりのダイコンは煮汁をいっぱい吸い、実にジューシーだ。
 こんなおいしいダイコンは何年ぶりだろう。いつも直径5センチくらいの貧弱で、スが入ったダイコン(しかも高い!)で我慢しているのだ。Yamashita2

 フランスサイズではなく、日本サイズのナスで作った焼きナスにはちゃんとおろしショウガまで添えてくださった。感激。

 カブとプチトマトのサラダ、シソの葉をふんだんに使える手巻き寿司、地鶏やラム、豚肉のバーベキュー、シシトウやナスなど野菜がいっぱいの天ぷら(山のようなダイコンおろし添え)、オクラ納豆、トウモロコシ水菜と春菊のサラダ・・・食べきれないほどの料理が振舞われた。
 しかもどれも収穫したての”新鮮な日本の野菜”ばかり。
 最後のとどめに、マスクメロン。透明感のある緑色の果肉からは甘い、甘い汁気がしたたっている。

 食べているのか、感激でうなっているのか、わからなくなった。

 フランスで、こんな、日本野菜三昧ができるとは! おいしいけれど、和食にするとちょっと違う・・・とフランスの野菜にストレスを感じるより、ここに来れば良かったのだ。

 

 農園の野菜は、パリの某星付きレストランにも卸されているとか。
 星付きシェフも認める、おいしい野菜なのだ。

 はちきれそうなお腹なのに、勧められるまま、残ったものを山のように持ち帰り、翌日も堪能させていただいた。かなり、満足!

 ひとつ残念だったのは、到着したのが日が暮れた後で、野菜が収穫できなかったこと。
 あのダイコンとカブは買いにいかなくては!

 野菜を買いに、リベンジのドライブはいつにしようか?

 ○山下農園
  Le Kolo Chemin des 3 Poiriers 78130 Chapet
  TEL/FAX : 01 30 91 98 75
  http://a.yamashita.free.fr

|

« マデイラ旅行 ⑤マデイラ・ワインのこと | トップページ | かなりマジな祭り  Foire aux Vins »

レストラン情報」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日本食」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

水菜食べたいです。生ハムを見るたびに「あぁぁ水菜がほしい」と思います。枝豆は冷凍しかないし、さっすが世界の食材が集まるParis素晴らしいです。山下さんここで野菜栽培してくれないだろうか?

投稿: めひつじ | 2006年9月18日 (月) 05時00分

めひつじさん、こんにちは。

水菜。
私もかなりグッと来ました。葉モノは見かけませんからね。

山下農園は宿泊もできるのですよ。
水菜を食べるツアーを企画されてはいかがでしょうか?

投稿: farafel | 2006年9月18日 (月) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/11906136

この記事へのトラックバック一覧です: 山下農園の夜:

« マデイラ旅行 ⑤マデイラ・ワインのこと | トップページ | かなりマジな祭り  Foire aux Vins »