« クスクス! | トップページ | カリスマ・ブロガーのレシピ »

2006年9月24日 (日)

僕らが旅に出る理由 ①コルシカのコッパ

Img_0720

 最近、個人的にオザケン・ブーム再来なので、こんなタイトルをつけてみた。
 深い意味はありません。

  「旅みやげ」シリーズを。

 コルシカ島のおみやげにいただいた、なんとも立派なコッパ(coppa)
 6、700gはあるだろうか。

 コルシカ島の名産品。腸詰にし、紐をかけたブタの肩ロースを燻製にかけ、最低でも8週間乾燥させたもの。

 包装紙を開くと、なんともワイルドな香りが漂う。動物の匂いがする。

 Img_0729紐を解き、boyauと呼ばれる外側の腸(と言っても、紙のようにカラカラに乾燥している)を取り去ると、黒胡椒がびっしりついた表面が現れた。
 最初の野性味溢れる香りは薄れ、気にならなくなった。

 包丁を砥ぎ、薄くスライスする。端のほうは乾燥した感じだが、中に行くにつれ、少し生っぽいような柔らかさになった。

Img_0735  塩味が効いているが、かみしめるほどに豚肉の旨みが口の中に広がる。ナッツを思わせるコクがある。コルシカのブタは栗を食べると聞いたことがあるが、そのせいだろうか。
 ほどよく入り込んだ脂身も美味。

 コルシカ島のロゼ・ワインもいただいた。コルシカの青い空、青い澄んだ海を眺めながら飲む、キンキンに冷えたロゼ。コッパにぴったりなのだろう・・・。

 未踏の地に思いをはせてみる。
 

 

|

« クスクス! | トップページ | カリスマ・ブロガーのレシピ »

旅行・地域」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/12015926

この記事へのトラックバック一覧です: 僕らが旅に出る理由 ①コルシカのコッパ:

« クスクス! | トップページ | カリスマ・ブロガーのレシピ »