« 僕らが旅に出る理由 ①コルシカのコッパ | トップページ | なんじゃこりゃ?な食材 ⑨Chou-romanesco »

2006年9月25日 (月)

カリスマ・ブロガーのレシピ

Img_0836  発売中の雑誌『Regal』13号に”Ma recette de grand-mere”というコーナーが。
 食関係の仕事につく3人が、おばあさんから教わったレシピを披露している。

 有名レストランのシェフによるレシピは凝っているからか、作る気がなかなかおきないが、家庭料理は経済的でシンプルだからすぐにでも作りたくなる。

 目に留まったのは、Carbonade Flamande(フランドル風カルボナード) 

 「北のブフ・ブルギニョン」と呼ばれるこの伝統料理は、ワインの代わりにビールで牛肉とタマネギを煮る。vergeoiseというテンサイからできた砂糖を使うのも特徴だ(フランドル料理にはベトラブのスープなどテンサイを使ったものも)。

 レシピ提供者は、Clotilde Dusolierさん。
 ”Chocolate & Zucchini”という、月間12万の訪問者数を誇る料理ブログを運営するカリスマ・ブロガーだ。
 ちょっと覗いてみると、クロチルドさんはモンマルトルに住む27歳のパリジェンヌ。
 2003年9月から同ブログを開設。食べたもの、作ったもの、行ったレストラン(最近だとエル・ブリ)、買った食材・・・彼女からしょっちゅう食べ物の話を聞かされ、友人たちがいいかげんうんざりしているんじゃ・・・と、食への情熱の受け皿にブログを始めたらしい。なんとも、身につまされる話ではないか・・・。
P1080298_1
 ブログは全て英語で書かれ、ブログを通じて依頼されるようになった記事、出版物も米国など英語圏の媒体がほとんどだ。フランスの食にあこがれる、米国の食いしん坊たちのハートをがっちりつかんだといったところか。

 さて、さすが、カリスマのおばあちゃん。やることがニクイ。
 伝統料理のカルボナードの隠し味に、パン・デピスを一緒に煮込むのだ。普通、考えもしない。

 炒めた肉、タマネギに小麦粉、砂糖(カソナードでも可)、ビール、パン・デピス、ブーケガルニを加え、沸騰したら蓋をして弱火で2時間半程度煮込む。肉が柔らかくなったら、蓋を取り、半分の量まで汁気を飛ばして出来上がり。(私はSTAUBごとオーブンに入れた)

 トーストしたパン・デピスと蒸したジャガイモを添えて。砂糖とパン・デピスの甘みが、かすかに残るビールの苦味とのバランスを取る。

 個人的には、もうすこし甘みを押さえてもいいかも。パン・デピスのトーストの代わりに、マスタードを塗ったパンでもおいしいとか。次回はこちらだ!
 まろやかな味わい。この冬の定番になりそうな予感。

 飲み物はベルギー・ビールか、似た感じのもので始めたい。Img_0796_1

 
 ○Chocolate & Zucchini
  http://chocolateandzucchini.com

 ※『おいしいブロンドかアンバーのビールを』とあったが、さっぱりわからない。結局、雑誌に掲載されていたJENLAINを使用。同名の村に1922年創業、4代続く老舗メーカーだとか。http://www.duyck.com

 冒頭の写真は、雑誌の写真を真似して撮影してみました。自分で盛り付け、撮影していると、「パロディみたい・・」。結構、笑えました。

|

« 僕らが旅に出る理由 ①コルシカのコッパ | トップページ | なんじゃこりゃ?な食材 ⑨Chou-romanesco »

おすすめサイト」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
カルボナードに反応してしまいました。
なるほど、パンデピスを入れるのね。
私が王立料理学校で習ったのは、マスタードを塗ったパンを入れて煮込むレシピでしたよ☆

投稿: Madame K | 2006年9月29日 (金) 17時44分

Madame Kさん、こんにちは。

王立料理学校! かっこいいですね。
フランドル地方ということで、ベルギーにも同じ料理があるのですね。

マスタードのパンで、次回は絶対やります。

投稿: farafel | 2006年9月30日 (土) 07時51分

「フランドル風牛肉の黒ビール煮」にパンデピスを入れるというのは、Elle a tableの2006年5月号(”食いしん坊のツール・ド・フランス”)に載っていて気になっていました。
でも、パンデピスって何処に売ってるのー!!なのです、ロンドンでは。ハロッズのフードホールでも売ってなかったので、フレンチ系の食材専門店を探したらあるのかな。。。。
これから寒くなってくるとこういう煮込み料理がいいですよねー。

投稿: ななママ | 2006年10月10日 (火) 02時09分

ななママさん、こんにちは。

そうなのですか!
パンデピスを入れるものなのですね。
勉強が足りませんでした。すみません。

パンデピスのレシピ、よろしければお知らせしましょうか?

投稿: farafel | 2006年10月10日 (火) 16時03分

ありがとうございますー。
是非、作ってみたいと思います☆(←週末cookの私にもできますかね、、、??)

投稿: ななママ | 2006年10月10日 (火) 20時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/12030043

この記事へのトラックバック一覧です: カリスマ・ブロガーのレシピ:

« 僕らが旅に出る理由 ①コルシカのコッパ | トップページ | なんじゃこりゃ?な食材 ⑨Chou-romanesco »