« パリ歩きの新ガイドを2冊。 | トップページ | マデイラ旅行 ①既視感に包まれて・・・ »

2006年8月24日 (木)

フロマージュ、あれこれ。 ①ポン・レヴェック

 バカンスから戻ると、パリの肌寒さに驚く。
 この時期は集中暖房がまだつかないから、家の中が一番寒くなる時期。
 冬用のフトンをクリーニングに出したままだった。でもバカンスでまだ閉まっているだろう・・・。寒い・・・。

 こうなると、ひさしぶりにチーズを食べたくなる。

 待ってました。日本にも出店している有名フロマージュリー、Marie-Anne Cantin(マリー=アンヌ・カンタン)が家の近所なのだ。

 他のチーズ屋さんと比べると、値段は高めだが、地下で熟成された”きっかり食べごろ”のチーズがずらり。Fromage3_1

                                                            

                                                                                                                                              

 一番好きなボーフォール(写真手前)を小さく切り出してもらい、カマンベールを注文するが、この日はなかった。

 代わりにポン・レヴェック(Pont-l'Eveque)を半分。

 ポン・レヴェックとリヴァロノルマンディでもっとも古いチーズと言われ、12~13世紀に生まれたとか。外見こそ違うが、味わいはカマンベールに良く似ている。

 19世紀にノルマンディ-パリ間の鉄道が整備されると、一気にその名は広まり、パリのレ・アール市場で販売されるようになった。
 ”リュクスなフロマージュ”として、特にレストランが買っていくようになった。

Fromage2 以前はバター製造で残った脱脂乳(lait ecreme)で作っていたというから、乳製品で知られるノルマンディらしい(現在は全乳を使用)。

 
 30分ほど常温に置いておくと、中がとろり。もっと長く置いたほうが、さらにとろっとして良さそう。

 口に入れると弾力があり、滑らか。ミルクの風味が強いのはカマンベールと同様だが、こくというか、深みのある味わいはこちら。
 塩水で繰り返し洗い、じっくり、じっくり熟成させるからだとか。
 ギリギリまで熟成させたものは外側の色がもう少し濃い。レストランなどで見かけるのがこれだろうか。

 参考文献:Guide de l'Amateur de Fromages,Marine-Anne Cantin,SOLAR/チーズ図鑑、文藝春秋

 
 

Fromage_5                             ○Marie-Anne Cantin
  12, rue du Champ de Mars
  75007 Paris
  TEL : 01 45 50 43 94
  FAX : 01 44 18 09 56
  営業時間:月~土曜日、8h30 - 19h30
  http://www.cantin.fr

※マリー・アンヌ・カンタンの店内。フランスには365種類のチーズがある、とよく言われるが、ひとつひとつのバリエーション、熟成具合による違いを考えると、もっともっと多そうな気がする。制覇するのは到底無理そう・・・。

 

|

« パリ歩きの新ガイドを2冊。 | トップページ | マデイラ旅行 ①既視感に包まれて・・・ »

チーズ」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

食関連書籍」カテゴリの記事

コメント

farafelさん

お帰りなさいませ。フランスはもう秋ですね。
このフロマージュリーの陳列は圧巻ですね。買うまでにかなり迷いそう・・farafelさんのポン・レヴェックの説明が想像力をかきたてて喉がなります~。手間のかかるものは美味しいですものね。クリーニングからおふとん戻るといいですね。風邪などひかれませんように・・

投稿: Sonia | 2006年8月24日 (木) 21時57分

Soniaさん、こんにちは。

お昼間は大丈夫ですが、朝夜が冷えるのです。
お部屋の中もひんやり。
靴下を履いたら、だいぶいい感じです。
温かいお言葉、ありがとうございます。

投稿: farafel | 2006年8月25日 (金) 08時27分

初めまして、こんにちは。

パリの美味しいものを探して、
このブログにたどり着きました。
興味のある記事がたくさんあって、
これからゆっくり拝見します


両親が住んでいるアパルトマンが、
Rue de l'Universiteにあるのですが、
きっとfarafelさんとご近所かもしれませんね。
私はMarine-Anne Cantinのフロマージュ・ブランが大好物です

投稿: ami | 2006年8月26日 (土) 02時43分

amiさん、こんにちは。
はじめまして。

おお、それはご近所さんですね。
どこかでお会いしているかもしれませんね。

フロマージュ・ブラン、おいしいのですか。
今度チャレンジしてみますね!

これからもよろしくお願いします。

投稿: farafel | 2006年8月27日 (日) 07時50分

こちらこそどうぞよろしくお願いします☆

フロマージュ・ブランぜひお試しください。
はちみつをかけるだけで絶品です!

投稿: ami | 2006年8月31日 (木) 12時25分

ポン・レヴェック、このチーズいただきます!
週末はチーズ屋さんへGO!

投稿: はなもげら | 2006年9月 7日 (木) 16時57分

はなもげらさん、こんにちは。

チーズが珍しすぎて、毎日食べたい日々は終わり、時々、発作的に食べたくなります。

週末はチーズ祭りですか?

投稿: farafel | 2006年9月 8日 (金) 07時12分

farafelさん、こんにちは。

入荷したてのボフォール・エテを入手しました。
夜まで待てずにちょっと味見。おいふぃ~。

farafelさんのこのページを見て
夏のボフォールを待っていました。
ついでにカマンベール番付1位も入手。

ボフォールは100g約1000円と高価ですが
反転させたり保管にも手間をかけているので
この美味しさなら納得。。。
甘みとコクが充分にあります。
とっても満足です。

次回はポン・レヴェックを。

チーズ発作です(笑)
コンテを少しずつ食べ比べていました。
「ボーフォール・ダルパージュ」なるものも
食べてみたいです。

東京も少し寒くなってきました。
是非またお気に入りをご紹介ください。

投稿: まどれーぬ | 2006年11月 1日 (水) 11時28分

まどれーぬさん、こんにちは。

ボーフォール、おいしいですよね。

私のボーフォール・デビューは、なんと、10数年前に旅行で訪れたルーブル美術館のカフェで、でした。
赤ワインと一緒に頼んだフロマージュの盛り合わせのひとつだったのですが、そのおいしさにびっくり。それ以来、ボーフォール一筋(大げさ)です。

チーズねた、書いていないのがあるのです。
そのうちアップしますね。

投稿: farafel | 2006年11月 2日 (木) 07時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/11586275

この記事へのトラックバック一覧です: フロマージュ、あれこれ。 ①ポン・レヴェック:

« パリ歩きの新ガイドを2冊。 | トップページ | マデイラ旅行 ①既視感に包まれて・・・ »