« イル・ド・レに想いをはせる・・・ | トップページ | 危険なチャンネル、CUISINE.TV »

2006年8月13日 (日)

デュカス御用達のオリーブオイル

Oliveoil バカンスのおみやげ、第二弾。

 南仏を旅行し、ルイ・キャーンズやら、話題の一つ星、ケイズ・パッションやらに行かれた方(←うらやましい!)が、「全然、南仏のものではないけれど・・・」とくださったのは、オリーブオイル。

 見たことがある!
 アラン・デュカスルイ・キャーンズや数々の有名なレストランで使われているオリーブ・オイルだ。

 Terre Bormaneというイタリア、リグリア州TaggiaのCASA OLEARIA TAGGIASCA社が製造する、レストランなど業務用に開発されたラインのもの。

 Taggiaという所は、オリーブ・オイルの名産地なのだとか。
 オリーブオイルを作るオリーブには様々な品種があり、taggiasca種のオリーブはリグリア州でのみ見られる品種で、食用の黒オリーブとしても最高の品質を誇るという。(参考記事http://www5f.biglobe.ne.jp/~andiamo/olio/varieta.htm

 同社製品にはいろいろな種類があり、いただいたのはCOLOMBINOというエキストラ・ヴァージン・オイル。

 サラダにかけて食べてみた。さらっとして、あっさりしている。

 普段好きなのは、青リンゴや、ピリッとコショウの香りがするような緑色の個性の強いオリーブ・オイル。
 なので、最初は少し物足りなかったが、食べているうちに、香ばしいナッツの香りとともに、口の中で徐々に存在感が増していった。のどに少しだけピリッとくるぺパリーな面もある。

 いずれにしても、上品な感じだ。
 アラン・デュカスのお眼鏡にかなったのも、この奥ゆかしさなのかもしれない・・・などと思った。

 バルサミコ酢も。こちらも上品な甘さが際立ち、オリーブ・オイルと一緒にいただけば、ただのグリーン・サラダもぐっとグレードアップするような。
 
 かわいらしいパニエ付きでいただいた。シンプルなラベル・デザインと、ボトルのすっとした感じが美しく。
 テーブルで大活躍、間違いなしなのだ。

 

 ○Terre Bormane
  http://www.casaoleariataggiasca.it/

|

« イル・ド・レに想いをはせる・・・ | トップページ | 危険なチャンネル、CUISINE.TV »

イタリアン」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、いつも楽しく拝見させていただいております。ベルギーとは、違う都会の風を味を思いはせながら想像しております。こちらで紹介されている食材をベルギーで探すのも楽しみの一つです。
オリーブオイルひとつでもいろいろあるのですね。勉強になります!早速、イタリア食材店か、高級スーパーRobへ行ってみます。
黒オリーブ。レストランでいただくのはとってもおいしいのでついつい食べすぎちゃいます。何かひみつがあるのでしょうか?

投稿: コマダム | 2006年8月17日 (木) 07時31分

farafelさん、はじめまして^^
フランス語圏のおいしいもの好きなNY在住のコトリと申します。食材の検索をしていて辿り着きました。
アラン・デュカスのオリーブ・オイルがあるなんて知りませんでした。見るからに薫り高そうな・・

ニースのケイズ・パッションはずいぶん昔(3年ほど前)に行きましたが、あの当時ですでにさすがのおいしさでした。
過去ログも読み応えのある情報ばかりで、楽しませていただきました。また遊びにきますね。更新楽しみにしております。

投稿: コトリ | 2006年8月19日 (土) 05時52分

コマダムさん、こんにちは。
はじめまして。

ベルギーにお住まいなのですね。
高級スーパーRobとはどんな感じでしょう?
なんだかとっても高級そうです。

レストランで黒オリーブが出されるのですか?
アペリティフのことでしょうか?

投稿: farafel | 2006年8月23日 (水) 08時42分

コトリさん、こんにちは。
はじめまして。

NYにお住まいですか!
うらやましい。
この秋はNYに行きたい!と思っていますが、飛行機に乗るまでが大変そうなので、少し迷っています・・・。
悲しい世の中です。

ケイズ・パッション、おいしいのですね。
こちらもいつになったら行けるのか・・・。
行きたいところが多すぎます。

投稿: farafel | 2006年8月23日 (水) 08時45分

お帰りなさいませ。高級スーパーRobは、紀伊国屋か明治屋といった、輸入食材も扱っているお店です。パリのパンやフォションの商品も取り扱いがあります。アジアの食材までもいいものを取り扱っています。
フランスの外交官の方もよく利用されているようです。
プランタンブランドの板チョコについて、熱く語っていただきました。(笑)

黒オリーブは、よくアペリティフに出されます。
こちらで、食べられるようになりました。

ベルギーは、市場に野禽が出始めました。売っていたかごの中の孔雀は、食べちゃうのかしら??きれいな羽はなかったけど孔雀は、どうなのでしょうね?

投稿: コマダム | 2006年8月24日 (木) 10時25分

コマダムさん、こんにちは。

Robは良さそうですね。
アジアの良い食材が入手できるのですか!

孔雀を食べるのですか!
飼育用なのでは?

パリはやっと少しずつ人が戻ってきた感じです。
マルシェはまだ行っていませんが、近所の八百屋さんの品揃えも徐々に増えつつあります。ほっ。

投稿: farafel | 2006年8月24日 (木) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/11410045

この記事へのトラックバック一覧です: デュカス御用達のオリーブオイル:

« イル・ド・レに想いをはせる・・・ | トップページ | 危険なチャンネル、CUISINE.TV »