« CARAMBARのチュイル | トップページ | London ♡ ラブ。 ① »

2006年8月31日 (木)

シューケットABC。

Chou1_1  ちょっとだけ甘いものが食べたいとき、買い食いしてしまう、シューケット(chouquette)

 小型のシュークリームのシュー。あられ糖がまぶされている様が、愛らしい。
 どこのパン屋さんでも、目に付く場所に置いていて、量り売りしてくれる人気のお菓子。100グラムで、10個くらいだろうか。ポンポンポンと紙袋に詰めてくれるのだ。
 
 中が空洞で軽いので、「あとひとつだけ・・・」とついつい食べ過ぎてしまう。

                                                        

                                                        

 パン屋さんで働く友人がシューケットを作ってくれるというので、作り方を”見学”した。お菓子作りは本当に苦手なのだ。

                                                        

Chou4 絞り袋に入れた生地を、油を塗って凍らせた天板にチャッチャッと絞り出す(写真右上)

 最前列にあられ糖を山盛りにし(同中央)、天板を傾けて残りの列にザザーッとまぶし、ドンドンドンと余分の砂糖を落とす(同下)
 
 絞り出しから砂糖をまぶした状態まで、あっというChou2間。1分かかっていない。とても真似できないハヤワザだ。

 「急がないと、あられ糖がつかないようにするために、せっかく凍らせた天板にあられ糖がくっつき、焼いたときに汚くなる。時間が経つと、生地の表面が乾き、あられ糖がつかなくなってしまう」とのこと。

Chou3 少し中がやわらかいほうが好きなので、あられ糖が表面に 残った焼き加減にしてもらった。

 ダイナミックな”あられ糖使い”を見て、「あられ糖、つけすぎなのでは・・・?」と心配したが、焼き上がり(写真右下)を見ると、ちょうどいい感じ。

                                                        

 焼きたてのシューケットは外側の皮がカリッ、あられ糖がジャリッとして、中がふんわり。ほんのり香ばしい湯気が漂い、この上なくおいしかった。ひとつ、またひとつ・・・と、またまた食べすぎてしまった。

Choushuugou 絞り出し、あられ糖をまぶした状態で冷凍保存できるので、お客様に焼きたてをお出しすることもできる。

 シュークリームと同様、途中でオーブンの扉を開けるのはご法度。せっかくあがった生地がしぼんでしまう。                                                        

 よく行くパン屋さん、Julienには、あられ糖のかわりにチョコチップを使ったシューケットがある。こちらもおいしくて、100グラムくらいは軽くぺロリ。

 フロマージュ・ラペをまぶせば、グジェールに。おお、これは便利!

※オーブンシートやシルパットを使う場合は、天板を事前に冷やす必要はありません。                                                        

 ○Boulangerie Julien
  85, rue Saint-Dominique
    75007
    TEL:01 45 51 88 77
    休:日
  metro:La Tour-Maubourg

 

|

« CARAMBARのチュイル | トップページ | London ♡ ラブ。 ① »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

farafelさん、お久しぶりです。
もう、このエントリを見て思わず、
 うわーぁ
と、声を上げてしまいました。
すっかり甘党の昨今、食べてみたい一品です。
このあたりではあられ糖を見かけないのですが、
探し出さなくては…。

投稿: Suzzy | 2006年8月31日 (木) 15時10分

こんにちは。シューケット私も大好きです。Boulangerie Julien今度行ってみます!

投稿: Lio | 2006年9月 1日 (金) 20時16分

お久しぶりです。

シューケットは、数年前パリで友人に教えられ、その時
初めて食べました。
帰国後、その友人に美味しいシューケットを食べさせた
くて、何度も練習したのを覚えています。

灰分(かいぶん)の割合で分類されている、フランスの
小麦粉の場合、タイプ45かタイプ55の粉で作るのが
通常だと思いますが、フランスで食べた食感を再現する
のに、日本の小麦粉(薄力粉・中力粉)の割合を変えて
何度も焼いてみました。

結局、あるメーカーの薄力粉7:中力粉3ぐらいが丁度
良い感じだったように思います。やっぱり、軽くて口溶
けの良いのが一番です。

フレッシュレモンの皮を軽く下ろしたものや、細かく刻
んだオレンジピールを少し混ぜても美味しいですよね。

それにしても写真のように、「素早く天板に均等に絞る」
「生地の間隔を一定に保つ」・・・簡単なようで結構難
しい。でもこの基本が美味しさにつながるんですよね。

上手にあがったシューケット、ほんと美味しそうです。

投稿: seigle | 2006年9月 1日 (金) 23時59分

初めまして、Eiffel と申します。今月パリ旅行をするので、
何か美味しい情報はないかと探していたところ、こちらのブログにたどりつきました。パリへは10年位前に、一度リッツエスコフィエのフランス菓子研修旅行で1週間滞在したきりです。その時は、ホテルとリッツの往復でほとんど観光できませんでした。今回は、定番観光と美味しいもの巡りで Rue Saint-Dominique のアパルトマンを借りて滞在予定です。そんなに調べずにこちらのアパルトマンを選びましたが、美味しいものが多い通りのようですね。farafelさんも近所にお住まいですよね?滞在中は、マルシェで買い物・料理を楽しんだり、アパルトマン近所の美味しいもの巡りをしようと思ってますので、これからもご近所のおいしい所をどんどん紹介して下さい!

投稿: Eiffel | 2006年9月 2日 (土) 15時11分

Hajimemashite
Chouquette wa daisuki desu. Yodare ga demashita.
Falafel san syashin umai desune.
Nihongo kakenakute suimasen. cocolog wa tokidoki nihongo kakenai desu.

投稿: junquo | 2006年9月 3日 (日) 02時10分

こんにちわ、NYのコトリです。
冬にフランスに行こうと思って今からfarafelさんのブログでおいしいもの調査を入念にしております・・(笑)
シューケットって実は食べたことがないのですが、
なんだか炭水化物で食べたらとまらなさそうで危険な雰囲気が漂ってますね・・・でもこういうのってついいっぱい食べちゃうんですよね~^^;

別記事ですが、マディラ旅行記も楽しく読ませていただきました。ポルトガル料理が食べたくなりました・・

投稿: コトリ | 2006年9月 3日 (日) 08時46分

ミュンヘンの記事でコメントしましためひつじです。
シューケットおいしそうですね。日本にいた頃カルフールで売っていたものを好んで食べていました。
ドイツの方はシュークリームの存在は知っているのですが、あまり食べません。ので、つくってもらったりつくったりです。
(以前の記事「レーヌクロード」トラックバックさせていただきます)

投稿: めひつじ | 2006年9月 4日 (月) 10時45分

Suzzyさん、こんにちは。

母子ともに、お元気でしょうか?

子育ての合間に余裕ができたら、シューケット、作ってみてくださいね。

あられ糖は英語でなんと言うのでしょうか?

投稿: farafel | 2006年9月 5日 (火) 08時03分

Lioさん、こんにちは。

シューケットって、無難なおやつですよね。

どこで買ってもあまり失敗がないような。

チョコ入りシューケット、なんてことないけれど、私は好きです。

投稿: farafel | 2006年9月 5日 (火) 08時06分

seigleさん、こんにちは。

レモン入りシューケット!
おいしそうです!
食べたこと、ありません。オリジナルですか?

お菓子やパンを作る方にとって、日仏の粉の違いは大変みたいですね。その部分から、研究しなくてはならないとは・・・。
努力に頭が下がります。

やっぱりお菓子作りは苦手です。

投稿: farafel | 2006年9月 5日 (火) 08時09分

Eiffelさん、こんにちは。
はじめまして。

滞在型のパリ旅行、楽しそうです。
サンドミニック周辺で、おいしい思い出ができるといいですね。

どこにでものっているような情報ですが、お役に立てたらうれしいです。

投稿: farafel | 2006年9月 5日 (火) 08時12分

junquoさん、こんにちは。
はじめまして。

というか、ご本人様ですね!
コメントをいただけるとは、大感激です。

勝手にいろいろご紹介させていただきました。
すみません。

これからもよろしくお願いします。

投稿: farafel | 2006年9月 5日 (火) 08時19分

コトリさん、こんにちは。

フランスに来られるのですね。
こんなブログですが、お役に立てればと。
がんばって、おいしいリスト、増やしますね。

それにしてもNYにお住まいとは、うらやましい。
私の中の「NY行きたい病」がうずき始めました。
ZABERS行きたいです。ドーナッツ、食べたいです。

投稿: farafel | 2006年9月 5日 (火) 08時30分

めひつじさん、こんにちは。

そういえば、ミュンヘンではシューケット、見かけませんでした。
ドイツのお菓子でおいしかったのは、プルーンが上に並んだたるとでしょうか。
バターを挟んだブレッツェルも好きでした。

投稿: farafel | 2006年9月 5日 (火) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/11697124

この記事へのトラックバック一覧です: シューケットABC。:

« CARAMBARのチュイル | トップページ | London ♡ ラブ。 ① »