« 仕事納め | トップページ | パッサールのタプナード »

2006年7月31日 (月)

さすが日本!なパッケージ

 お世話になった知人(仏人)に贈り物を選ぶ。

 「何か、日本的なものを・・・」と悩んだ挙句、選んだのはパリで活躍する日本人パティシエ、 Sadaharu AOKIマカロン

Macaron1 抹茶黒ゴマといった和風な食材を洋菓子に取り入れた独創性はもちろんだが、選んだ一番の理由は日本人の特性を体現したとも言える”パッケージ”づかいだ。

 マカロンひとつひとつを保護するようにプラスティックのカバーがついている!

 確かにマカロンは崩れやすい。外側のサクッ、カリッとしたはかなさが(これが良いのだが)、お土産としては仇となる。

 マカロンで知られるラデュレでは、白手袋をした店の人がそっと箱詰めしてくれるが、移動する間に端っこのほうが欠けたり、あるいはつぶれてしまったりすることがある。 
 日本にも店ができたとはいえ、サダハル・アオキのマカロンも、たぶん、パリみやげとして日本まで旅することも多いのだろう。

 いつからこのパッケージを使っているのか知らないが、日本人らしい心配りがうれしい。パリに住んでいるから感じるありがたみかもしれないが。

 過剰包装と感じる人もいるかもしれないが、丁寧に美しく作られたものを、そのままの状態で贈りたい。手土産の真髄ではないだろうか。
 
 しかもプラスティックケースに入った様は、宇宙っぽくもあり、モダンな日本も表現。"COOL JAPAN"に選ばれそう(!?)。

 さて、知人の感想は?

Macaron2
 ○Patisserie Sadaharu AOKI
  35, rue de Vaugirard 75006
  Tel:01 45 44 48 90
    metro:Rennes
    休:日曜日
  http://www.sadaharuaoki.com

 ※自宅用にも買ってみた。
  ミニミニサイズのマカロン! いろんな種類が入っていて、どれを食べようか迷う。
  欲を言えば、抹茶、黒ゴマ・・・など説明書付きだとさらに日本人っぽい、かな?

|

« 仕事納め | トップページ | パッサールのタプナード »

食材ショッピング情報」カテゴリの記事

コメント

ごぶさたしてます。現在、荻窪在住ですが、ルミネにダロワイユやチーズケーキファクトリーが出店したので、とても重宝しています。内祝いのひとつに私もマカロンを選びました。色合いもちょうどこんな感じ。プラスチックのケースではないのですが、やはり一つ一つ個別包装でクール便でないと配送受け付けてくれなかったです。

 自宅用にも欲しいのですが、このタイミングを逃してまだ食べてないのですー。

投稿: みっちゃん | 2006年7月31日 (月) 17時12分

みっちゃん、こんにちは。
おひさしぶりです。

ご結婚おめでとう!なのかな?
荻窪ですか。
懐かしい。

日本のパッケージ、すごいですよね。
離れてみて、その手厚さ、心遣い、身に沁みています。

贈り物って、自分では買わないけど、もらったらうれしい!的なものを選びませんか? 
私はそうなので、みっちゃんと同じく、食べ損なうことが多いです。
今回はちゃんと自宅用を確保しましたが。珍しく。

投稿: farafel | 2006年8月 1日 (火) 06時06分

本当にそう!自分がもらった時に嬉しいちょっとした贅沢な物。だから逆に好みにあったそういった物を頂いた時は本当に嬉しい。贈り物で通じ合う感じがします。日ごろはなるべく手提げ袋を断りますが、(意外にエコな性格です)プレゼントの時に趣味のよい包装をしてもらえると、これも嬉しい。

 実は昨日、ルミネに立ち寄り少々恥ずかしかったけれど、フランボアーズとショコラのマカロンをバラで1つずつ購入した自分です。予想を凌駕しておいしかった。みかけだけでも可愛いのに、間のクリームも香り高く、こんなに美味しいなんて!と感動したのでした。

投稿: みっちゃんみちみち | 2006年8月 1日 (火) 16時18分

包装が違いますわ~。

この方、雨宮 塔子さんのご主人ですよね?

投稿: leira-london | 2006年8月15日 (火) 19時44分

leira-londonさん、こんにちは。

そうです。

私、雨宮さん、アナウンサーの中では気さくな感じ(そう)で、結構好きだったので、実物をパリでちらっとでもいいので見てみたいです。ミーハーです。

投稿: farafel | 2006年8月23日 (水) 08時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/11162530

この記事へのトラックバック一覧です: さすが日本!なパッケージ:

« 仕事納め | トップページ | パッサールのタプナード »