« 甘くてすっぱい ミントティー | トップページ | タブレ -バージョン・麦- »

2006年7月 1日 (土)

Pain Surprise(パン・シュープリーズ)の作り方

Suprise1 ちょっとしたfete(フェット/パーティ)に登場するpain surprise

 大きなパンの入れ物に、スモーク・サーモンリエットなどが入ったサンドイッチが入っている。

 パン屋さんで働く友人によると、惣菜を置いているパン屋さんなら、大体、作ってくれるそうだ。2日前までには注文したほうがいいとか。

 そのまま丸ごとか、中をくりぬいたvide(空)の状態か、中のパンをスライスしてもらうか、サンドイッチまで作ってもらうか、選択肢がある。

 自宅でのフェットでお出ししようと、丸ごと買って来て、友人に作り方を指導してもらった。

 まず、パンは半日程度、冷凍庫で凍らせた後、1~2時間常温に出し、半解凍の状態にする。パンを切りやすくするためだそうだが、知らなかった。

 ②フタの部分との部分を切る。フランスでは普通、底の部分は切らないが、切ったほうがきれいに仕上がるから友人はあえて、切るのだとか。プロのコツだ。

 円柱になったところで、側面に沿って内側に刃を入れ、Suprise 中のパンをくりぬく。

 くりぬいたパンを同じ厚さにスライスする。

 ④にお好みのフィリングを塗り、サンドイッチを作る。

 ②で切った底と③のドラム状になった皮を元通りの形に戻し、中に⑤のサンドイッチをきっちりとつめていく。

 ②のフタをし、リボンなど、お好みのラッピングをすれば、出来上がり!

 
 ※肝心の出来上がり写真は、来客の応対で、いっぱいいっぱいになり、撮り忘れました・・・。フィリングは、プロシュートとマスカルポーネ、エッグ・サラダを。

|

« 甘くてすっぱい ミントティー | トップページ | タブレ -バージョン・麦- »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
最近あんまりパン・シュープリーズを作りませんが、パーティーのときはパサつく心配もないので、便利ですよね。
底を全部落としてしまうんですね。
私は包丁を1,2箇所だけ入れてスライドさせています。
緊張しますが・・・。
冷凍技は初めて知りました。ふわふわして切りにくいことが良くあるので、今度試して見たいです。

投稿: Madame K | 2006年7月 2日 (日) 16時41分

Madam Kさん、こんにちは。

なるほど。
その包丁の入れ方も、いいですね。
今度試してみますね。

投稿: farafel | 2006年7月 4日 (火) 06時28分

良いですねパリ 
私が住んでいたのはバリ

゜と゛の違いで全然違いますね

良いなぁ~~

投稿: 田中 | 2006年7月 4日 (火) 16時59分

田中さん、こんにちは。

いえいえ、私からすると、バリのほうが魅力的です。
いいなー。

投稿: farafel | 2006年7月 5日 (水) 05時52分

farafelさん、こんにちは。

プロフィールの写真気になっていたんです。こんな風におもてなししたら喜ばれるでしょうね!素敵!
日本にも売っているのかな?冷凍庫に入りそうもないですね~。「まいっしょー」聞いてみたいなぁ。笑っちゃいそうです♪

投稿: Sonia | 2006年7月 5日 (水) 20時58分

Soniaさん、こんにちは。

日本だと、パン・ド・カンパーニュで代用している方が多いみたいです。

要は、器になれば、どんなパンでも大丈夫かと。

投稿: farafel | 2006年7月 6日 (木) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/10742329

この記事へのトラックバック一覧です: Pain Surprise(パン・シュープリーズ)の作り方:

« 甘くてすっぱい ミントティー | トップページ | タブレ -バージョン・麦- »