« 相席の店。 -L'Auvergne Gourmande- | トップページ | 引っ越し中です »

2006年7月10日 (月)

L'Atelier de Joel Robuchon

 学生時代の同級生が来仏。

Table1

 「量は食べられないけれど、おいしいものを軽く食べたい」との”お年頃”なリクエスト。でもここは日本ではなくフランス。結構難しい注文なのだ。

 しばし悩んだ挙句、選んだのはロビュションの店、"L'Atelier de Joel Robuchon"。ここならドゥミ・ポーション(半分の量)で注文できるので、いろいろチョコチョコ食べられる。しかも1つ星に昇格したばかりの”波にノっている”店だ。

 予約は18時半からの回しか取らない。早すぎる。19時すぎにぶらりと行ってみると、当然満席。22時頃ならということで、久しぶりに会う友人とパリの街を散歩しながらおしゃべりすることにした。

 Rue du Bacのカフェでアペリティフを飲んでいると、携帯に「テーブルのご用意ができました」と連絡が入る。

2年ぶりだ。星を取ってからは、もちろん初めて。あいかわらず外国人客で賑わっているし、整然とした”洋風スシカウンター”は健在だ。オープン・キッチンでは黒いコックコートのキュイジニエたちがキビキビと働いている。

Table2 「フランスならではのものを!」と言う友人に、オゼイユ(スカンポ)のスープオマールを勧めた。ドゥミなら3~4皿頼んだほうがいいそうだが、友人は食欲がない。食べてまた考えることにする。

 私は隣の人の皿が気になり、同じものを。thon(マグロ)とカリッとした歯ごたえの野菜のサラダ

 ツナの油漬けがのっかったサラダなのだが、さすが、ロビュション。美しい。

 ガルド・マンジェ(前菜担当)が目の前だったので、つぶさに観察した。

 丸く円盤に切ったレタスの上に、セルクルを載せる。その中にトマト、アーティチョーク(薄切り)、ピーマン、ラディ、トマトなど様々な野菜を彩りよく、バランスよく盛っていく。アーティーチョークの先端にリング状の野菜(何か忘れました)を輪投げのように通すのも忘れずに。
 ソースとタプナードを塗ったトーストを添えて。

 星を取るサラダとは、こんな風に手がかけられているわけだ。

 プラにはピエ・ド・コションをドゥミ・ポーションで。このビストロ料理の定番をロビュションがいかに”星つきの味”に昇華させるのか、興味があったからだ。Table3

 バゲットの上に、細かいブリュノワーズ(賽の目切り)にした豚足を載せた繊細な皿に。

 このデリケートな美しさ。ポーションの軽さ。ロビュションぽいというか、日本ぽいというか。カウンターごしにカトラリーをセットしてくれる仕草もおすし屋さんっぽくて、すっかりくつろいでしまった。

 おすすめのロワールの赤とともに、おしゃべりも弾み、気が付くと12時半。バタバタとコーヒーを飲み、帰路に着いたのだった。

 
 ○L'Atelier de Joel Robuchon
  5,rue Montalembert
    75006 Paris
    TEL:01 42 22 56 56
    休:無
  metro:Rue du Bac

|

« 相席の店。 -L'Auvergne Gourmande- | トップページ | 引っ越し中です »

レストラン情報」カテゴリの記事

コメント

あーーー、ワールドカップはフランス負けちゃいましたねー。
仲良しの仏駐在の人が中継するので応援してたんですが・・・残念。決勝前日はなんだかみんなソワソワ、お祭り気分だったと聞いています。楽しそうでそういうの大好きです。
来月仏に遊びに行きます。ニース、エズ、モナコに行った帰りにパリによるつもり!リゾートってことであれこれ服に帽子にとお買い物・・・これって日本では着ないじゃない?っていうのが結構ある・・・かなりヤバイ。でも・・・今からとっても楽しみ~~。farafelさんの情報を参考にパリを歩きたいと思っております。もちろんおすすめfarafelも食べますよ!パリのお店はバカンスでしまってるところが多いって聞きましたが、ラ・デュレもお休みでしょうか??ここのマカロン大好きです。エルメよりおいしいと思うんだけど・・・。

投稿: yacchi | 2006年7月10日 (月) 17時33分

farafelさん、こんにちわ!
わたくしをおわかりでしょうか・・・
すみません、メールしたのですが、
もしかしたら気づいていないかな・・と思い
書き込んでみました!

7月24日~26日のどこかで、パリで
わたしときのっぴとお茶しませんかー??

詳しくはメールに書いてます!!
ぜひお会いしましょー!

投稿: hirayama | 2006年7月13日 (木) 14時01分

L'Atelier de Joel Robuchonに連れて行ってくれて
どうもありがとう!

もっともっと話していたかったです。

オマールも、オゼイユもすごくおいしかった。
ああ、どうしてこんなときに食欲も、ワイン欲も減退していたのか!

それにしても、あのずっとおしゃべりしていた間に、あなたはずいぶんいろんな観察をしていたのね。さすが!

あなたとのおいしかった時間をエネルギーに、
仕事がんばります。

どうもありがとう!

投稿: take1 | 2006年7月13日 (木) 19時49分

yacchiさん、こんにちは。

そうですね、8月のパリは休みのところが多く、かなり寂しいです。レストランで働く人たちも「あと2週間!」とカウント・ダウンしながら毎日過ごしているのでは?

ラデュレはどうでしょうか?
おそらく開いていると思いますが、もし閉まっていても、プランタンの中のお店は開いているのでは・・・?
はっきりお答えできず、すみません。

投稿: farafel | 2006年7月18日 (火) 07時22分

hirayamaさん、こんにちは。

ご返事が遅れ、申し訳ありません。

ぜひぜひ、お茶しましょう。
私はビールのほうがいいですが・・・。
予定が決まったらご連絡ください。

投稿: farafel | 2006年7月18日 (火) 07時24分

take1さん、こんにちは。

先日はひさびさにお会いできて楽しかったです。

お忙しい毎日。大変でしょうが、一層のご活躍を期待しています。

第二弾の発行、楽しみにしています。

投稿: farafel | 2006年7月18日 (火) 07時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/10864647

この記事へのトラックバック一覧です: L'Atelier de Joel Robuchon:

« 相席の店。 -L'Auvergne Gourmande- | トップページ | 引っ越し中です »