« 引っ越しました | トップページ | 切れない包丁のレゾン・デートル »

2006年7月19日 (水)

Chaud!(ショーッ!)な店。 -Chez l'ami Jean-

 レストランで働く誰もが覚える言葉。”Chaud!(ショーッ!)”。

Gaikan_2  もとは、「熱い、暑い」という意味だが、キッチンでは熱い鍋はもちろん、美しく盛り付けた皿、包丁、水が入ったバケツなどなど、危険なものを運ぶときや、通路を確保したいときに「Chaud!」と使う。

 普段は礼儀正しく"Pardon."、"Excusez-moi"と言うキュイジニエたちが、サービス中には熱い鍋を持ち、「ショーッ! ショー、デリエール!(後ろ、熱いの通るよ!)」と動き回る。慣れないと「どけっ!」と言われているようで、びっくりする。

 

  今のスタージュ先のキッチンは広く、肝心の時しか、このChaudを聞かないし、使わないが、人がひしめき合うような狭いキッチンではしょっちゅう、「Chaud! Chaud!」と叫ばねばならなかった。Lami4

 前置きが長くなった。

 Chez l'ami Jean(シェ・ラミ・ジャン)

 Malar通りにある大人気のバスク風ビストロだ。

 シェフ、Stephane Jegoは、同じく今をときめくレストランLe ComptoirYves Camdebordeと、これもまた有名なビストロ、La Regaladeで12年間、共に働いた人。2002年に古くからあったChez l'ami Jeanの内装を変えることなく、新たに店を始めたという。(参考:Regal no.11 P90)

 当日の予約だと遅い時間しか取れず、2回あきらめた。3日前に電話をかけると希望の時間が取れた。

Lami2  21時に店に入ると、店内は満席。人がひしめきあって座っている。その間をぬうように、サービスの女性たちが「ショーッ!」と叫びながら、STAUBのココット鍋を運んでいく。通路側に座った友人はそのたびにビクッとする。注意していないと確かに危険だ。

 案内されたのは、なぜか男性カップルの間の席。彼らも「『ショー!』だって・・・」と驚き、顔を見合わせている。やはり厨房用語なのだ・・・。

 オープン・キッチン(というか、キッチン丸見え)なので、シェフたちの手元が見え、臨場感がある。シェフがなにやら怒声をあげているのが聞こえ、周りのフランス人も驚いて厨房のほうを見ている。スタージュ先では、誤って大きな音をたてただけでも叱られるというのに・・・。

 料理の準備ができると、「パンパンッ」と手をたたき、サービスを呼ぶ・・・。Lami3

 アツイ・・・。

 料理はと言えば、これもかなりアツイ(いい意味で)。

 30ユーロのムニュ(アントレ、プラ、デセール)でもかなり迷う品揃え。しかも毎日変わるのだ。

 プレゼンテーションもさえている。例えば、友人が頼んだ「豚の鼻」(写真右)の料理は、ちまちまと別盛りで登場し、客が自分で組み合わせて食べるしかけ。

 イカ墨風味のソースで描かれた模様や、食器づかいもひとつひとつが可愛らしい。ワインも手頃なものが多い。未確認だが、チャコリもあるそうだ。Lami6

 バーカウンターや、店の外のテーブルで、タパスをつまみながら順番を待つ人も。

 人、人、人。2回転半くらいしているような超人気店。その厨房の中心を担うのは、なんと2人の日本人の方。Bravo!

 いろんな意味で”Chaud!”な店。で、感激して、ついつい通ってしまうのだ。

 ○Chez l'ami Jean
    27, rue Malar
    75007 Paris
    TEL:01 47 05 86 89
    休:日・月曜日
  metro:Alma-Marceau

 

|

« 引っ越しました | トップページ | 切れない包丁のレゾン・デートル »

スタージュ」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

コメント

ボクも、ショーッしたいっす(笑)
ココ、友達が行ったみたいで絶賛してました。

投稿: らんぶろ | 2006年7月20日 (木) 13時07分

らんぶろさん、こんにちは。

ショーッしたいって・・・。

結構前からあったようですが、全然知りませんでしたよ。

知人が働いていらっしゃるので、知ったくらいで。

星つきレストランとはまた違った楽しさのあるお店です。Chaud!も含めて。

投稿: farafel | 2006年7月20日 (木) 23時26分

職場が近いので、たまに(?)通ってます。farafelさん同様、その日に行きたい!と思ってもなかなか予約が取れないので。
私が忘れられないのは、冬に食べたラパンの煮込みです。
日本人の方が働いていらっしゃるとは知りませんでした。更に親しみをもって、もっと足しげく通うことにします!

投稿: akko | 2006年7月21日 (金) 20時34分

akkoさん、こんにちは。

ラパンですか。
おいしそうですね。

秋になれば、ジビエも期待できそうですね。
うーん、楽しみです。

投稿: farafel | 2006年7月23日 (日) 03時25分

こんばんは。はじめまして。
らんぶろさんのところからたどり着きました。
このお店、私たちも少し前に行きましたよ!
予約なしで行って、30分で食べるならいいよ、と言われ40分で完食してきました(笑)。
フランスであんなに急いでディナーを食べることはもう無いとでしょう・・。
でも美味しかった♪季節が変わったらまた行ってみたいです。
でも、ちょっとテーブルが狭くなかったですか?
ココットが落ちそうで恐かったです。

投稿: akane | 2006年8月15日 (火) 08時30分

akaneさん、こんにちは。
はじめまして。

30分で食べるとは!
サービスの人も驚きの速さだったのでは?
次回はもっとゆっくり召し上がれると良いですね。

テーブルは狭いですが、パリはあんな感じのところ、多くないですか?


投稿: farafel | 2006年8月23日 (水) 08時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/11004188

この記事へのトラックバック一覧です: Chaud!(ショーッ!)な店。 -Chez l'ami Jean- :

» Chez L'Ami Jean [Chez Madame K]
今日のディナーは、みゆきさんおススメの『Chez L'Ami Jean』に行きました。 ここはfarafelさんもブログで紹介されているお店。 バスク料理は人気があるし、期待が高まります。 着いてみると、すぐに店内はお客さんでいっぱいに・・・。 古きよき・・・という店内....... [続きを読む]

受信: 2006年10月23日 (月) 13時48分

« 引っ越しました | トップページ | 切れない包丁のレゾン・デートル »