« ピジョン三昧。 | トップページ | L'Atelier de Joel Robuchon »

2006年7月 9日 (日)

相席の店。 -L'Auvergne Gourmande-

Yarinaoshi   Table d'hote(ターブル・ドット)形式のレストラン、L'Auvergne Gourmandeでランチを。

 ターブル・ドットとは、フランス版B&Bとも言える"Chambre d'hote(シャンブル・ドット)"食事版と言えばいいのだろうか。写真で見ると、大抵、大テーブルに知らない宿泊者同士が一緒に座り、料理に舌鼓を打っている。つまり相席
 
 日本だと、蕎麦屋などで有無を言わせず「相席お願いできますか?」と頼まれていたが、パリにはこういった形式のレストランは少ない。
 私が知っているのはサン・ルイ島の”モン・ヴィエイユ・アミ”と、今は無きPassyの”ナタ・シェフ”くらい・・・。

 横幅がない店の真ん中に大きなテーブルが。席数、11人。奥に5人かけの丸テーブルが。貸切パーティができそうだ。

 黒板に書かれた日替わりメニューを眺める。メニューの種類こそ少ないが、きちんと丁寧に作られた料理、シンプルな食器類、インテリアは好感度、大。サービスの男性もとても感じが良い。Grandsalade

 頼んだのは牛肉のサラダ、温かいジャガイモ添え。ケッパーやパプリカが入ったヴィネグレがいい。ロゼと一緒に。

 デザートはシャンティを添えたフランボワーズ

Frambois 隣に座った老夫婦が、私のデザートをチラリと見て、同じものを注文した。「おいしいですよ」と、会話が始まった。

 元々、カフェやビストロのテーブルも隣と接近しているので、相席といえば、相席。おしゃべり好きなフランス人には合っていると思うが。

 帰り際にはすっかり知り合いの気分に。挨拶をして席を立つ。にぎわう夜なら、もっと知り合いは増えそう。

 ○L'Auvergne Gourmande
  127 rue St Dominique
    75007 Paris
    TEL:01 47 05 60 79
    休:日
  metro:Alma-Marceau/Ecole Militaire

Affi

※追記:隣接のLa Fontaine de Mars拡張のため、閉店しました。

※今夜はいよいよ決戦の日! シャンゼリゼ通りにはずらっとフランス国旗が。 街中、こんな感じで、国を挙げて応援している。Tous en FINALE!

An

|

« ピジョン三昧。 | トップページ | L'Atelier de Joel Robuchon »

ニュース」カテゴリの記事

レストラン情報」カテゴリの記事

コメント

farafelさん、こんにちは。
建物にトリコロールカラーなかなかいいですね。
牛肉のサラダの量すごい!デザートもシンプルだけど美味しそうです。相席でコミュニケーションがとれるなんて素敵。カタコトの私でもこんな店なら・・なんて思ってしまいました。質問なのですが、写真撮影される時はお店に断っているのでしょうか?
私のつたないHPで勝手にfarafelさんのブログ紹介してしまいました。早速友人が見て写真きれいだね!と言ってました。ポルト酒とメロンも試したらとても美味しかったです♪ありがとうございます。HPリニューアルしたらぜひリンクさせて下さい。

投稿: Sonia | 2006年7月13日 (木) 22時22分

Soniaさん、こんにちは。

写真は基本的に断って撮影していますが、お店の方が忙しそうなときは、ゲリラ的に撮り逃げすることもあります。この場を借りて、すみません。

拙ブログをご紹介いただき、ありがとうございます。光栄です。リンクもしていただけるのですか! 楽しみです。

投稿: farafel | 2006年7月18日 (火) 07時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146440/10858846

この記事へのトラックバック一覧です: 相席の店。 -L'Auvergne Gourmande-:

« ピジョン三昧。 | トップページ | L'Atelier de Joel Robuchon »